2022年7月 1日 (金)

おみやげ・2

Img_3374

 本日は好きなように過ごして、あまりの暑さゆえ、日がとっぷりと暮れてから3度目のお散歩にも連れて行ってもらうなど、わがまま放題な1日を過ごした「ちち(仮名)」さん。満足したのか、ゆったりとお休みになっていらっしゃいます。

 飼い主の職場では、水曜木曜と、学校帰りに遊びに来る子ども達に体育館の使用を禁じていたため、彼ら、彼女らの不満が頂点に達していたのですが、ついに本日、市の教育委員会から、本日と土曜日曜、部活動は屋内外を問わず禁止する、というありがたい指示が出ましたので、私の勤める施設でも同じように対応することにしました。屋内の冷房の効いているエリアでも運動は控えめに、というわけです。それを予測してか、来館者の数はぐっと少なく、比較的静かな1日でした。

Img_3375

 先日のペントレーディング in TOKYOでの戦利品、こちらはエイチワークスの総チタン製萬年筆です。よく存じ上げている方がお二人、目の前で堕ちていかれるのを見て、怖いもの見たさで近寄ったのが運の尽きでした。危ないよ、ハマるよ、といわれている池に近づくと高確率で溺れてしまうという、昔からいわれていることそのままの見事な堕ち方でした。

 このペンはそれを収納するケースにも特徴があるのですが、私がいただいたときにはすでにケースの在庫が切れていたので、その日は代用品のケースに収めてお渡しいただいたのでした。

Img_3377

 このペンをお買い上げになった人は、上のアルミダイキャスト製ケースに収めて手渡されるのです。このケースはネジ止めですので、ネジ回しを持っていない場合、基本的には自宅に帰るまで中身を見ることができません。目の前で堕ちたお二人のうち、お一人はお行儀良くこのケースのまま自宅まで持ち帰られたのですが、こらえ性のない方はあろうことか販売されている方からネジ回しを借用してその場で箱を開けるという暴挙に出てしまったのです。ま、そのおかげで、私も会場内で2本のペンにインクをつけて試し書きすることができたわけですが・・・。

Img_3378

 このペンについて、製作者の長谷川さんからいろいろとお話を伺ったのですが、そこに何度も出てきたのがモンブランの146。どうやらそれをベンチマークとして制作されているようです。違っているのはインクタンクの容量で、驚きの2.3cc。私のような者がこのペンにインクを呑ませたら、おそらく死ぬまで補給することがないのでは、と思うほどです。

 尾栓を外すと、造りつけの大容量コンヴァータのネジが顔を出しますが、キャップも尾栓も一条ネジです。特に尾栓は長いネジが切られていますのでつけ外しにけっこうな時間がかかりますが、キャップの方は実用的です。

Img_3379

 長谷川さんの総チタン製萬年筆、これまでにも何度か出展されているところに出くわしていたのですが、キャップも軸も多角形断面というのがちょっと引っかかって、購入したいとは思わなかったのです。けれども、「Sulcus」と名付けられたこの新作は、ラテン語で「溝」という意味の通り、胴軸に多数の溝が掘られています。この溝が指を削りそうな感じがして嫌だ、という人は、従来からのモデルを購入されていました。何と、従来のモデルを含めると、y.y.Pen倶楽部のメンバーが3人も同じ日にお買い上げ、というフィーバーぶり。何かに取り憑かれていたのかもしれません。でもしかし、持っていると心豊かになる1本。良い出会いでした。

Img_3376

2022年6月30日 (木)

おみやげ・1

Img_3095

 つまらなさそうな顔で飼い主を見ている「ちち(仮名)」さん。若くて元気だった頃、なかなかケージに入って寝ようとしないので、「ハウス」と声をかけたらケージに入るようにと「餌で釣った」のが間違いの元。今では、そろそろ寝たいのでおやつをください、と要求するようになってしまいました。典型的な躾の失敗例です。

 家の中ではおそらく一番怖い存在であろうお母さんに「頂戴」というのですから、なかなかの根性です。で、ケージに入ったは良いが、まだまだ眠たくない、というときに、何と飼い主が目の前でゴロンと横たわっている。あぁ、遊んでくれないかな、ついでにおやつくれたりしないかな、という思いで、こちらを見ているのだろうと思います。

Img_3366

 最近になく「ペントレ」らしさが出ていた今年のペントレーディング in TOKYOでしたが、こちらは会場に行かずとも手に入れることができた1本。気にはなっていたのですが、何も国産の仏壇萬年筆をわざわざ買わなくても、と思っているうちに廃番になってしまっていたというもの。ひょいっと出会えたのもご縁といただいてきたものです。エクストラスムーズ、って、そんなに滑らかに書けるのでしょうか。

Img_3369

 今の職場に移ってから、仕事で萬年筆を使う場面はありません。細かな様式に文字を書き入れたり、封筒の表書きをしたり、といったことは、すべて優秀な事務員さんがさっさと片付けてくれて、私のところへは決済の印鑑を、ぐらいしか書類が回ってこないのです。

 本日、職場でインクを吸わせて試し書きしておりましたら、それがなかなか珍しい場面だったようで、職場の皆さんが寄ってくるということがありました。気になるなら書いてみる? と沼に引きずり込もうとしたのですけれど、平均年齢40歳、職場の皆さんは皆、萬年筆で字を書いたことなどない、という人ばかりで、堂々たる体躯の仏壇萬年筆に気圧されたのか、誰も書いてみようとはしませんでした。

Img_3370

 で、肝心の使い心地ですが、文句なし、です。中字ですが、やや濃淡が出る部分もあり、あぁ、萬年筆やなぁ、と感じさせてくれます。尖ったモノばかり追いかけるのではなくて、身近にある使い心地の良い萬年筆をもっと使っていかなくては、とあらためて思ったことでした。

 かつて本数が少なかった頃は、手に入れた萬年筆には必ずインクを入れて使ってみたものですが、本数が増えるにつれ、ただのコレクションとなっていったように思います。残りの人生、少しでも多くのペンを実際に使っていきたいものです。

Img_3367

2022年6月29日 (水)

ウルトラマン

Img_3312

 お散歩から帰ってきて、暑いから早くエアコン入れて、と要求している「ちち(仮)」さん。お母さんに求めても知らん顔されるので、ここは優しい(甘い)お父さんに要求してみよう、と起き上がったところです。このところの全国的な猛暑もあって、私の勤め先でも子供たちの希望を「無視」して、施設内にある体育館の使用を中止しています。エアコンが設置されておらず、なおかつ建物の最上階に位置しているため、金属製の屋根、天井は熱を持ち、朝の8時から暑さ指数が28前後という状態。窓を開け、有圧換気扇をフル稼働しても、さほど空気が入れ替わる様子はなく、暑さ指数にも変化が見られないのです。

 熱中症になったら冷やして回復、という認識は誰もが持っていることと思いますが、熱中症だとはっきり疑われる状態の人を冷やしても元には戻らないことも少なからずあるのです。具体的に、内臓その他に深刻なダメージが残ります。そのあたりを十分理解できていない人が多いので、「熱中症対策のため施設の使用中止」なんてやると、保護者からお叱りの電話がかかってきたりもしますが、命が最優先です。

Img_3364

 発掘された萬年筆。正式な名前を忘れてしまって、パッと見の印象で「ウルトラマン」なんて呼んでましたが、もちろんちゃんとした名前がついています。写真左手前の銀色の部分がキャップで、ぷっくりと膨らんだやわらかい樹脂の部分を握って書くことになります。

Img_3363

 この萬年筆、何といっても分割ラインの面白さ(おかしさ)が一番の特徴ではないでしょうか。首軸の赤い部分、胴軸と接合する部分の銀色になっているところ、これが組み立ててしまうと見えなくなります。首軸が胴軸に潜るような形で接合するのです。

 そしてキャップも、一見、キャップ先端に大きな穴が開いてるのかと思ってしまいますが、ただのへこみです。実際、こんな大きさの穴が開いていたら、インクが乾いて筆記どころではないですね。

Img_3360

 XSっていうのは字幅なんでしょうか。とにかく、情報の少ない萬年筆です。我が家にはありませんが、製品としては同じく腰が括れた形のケースに入って売られていたようです。リーフなんかにも通じる、グラマラスな形状ですね。

 ちなみに、正式なお名前は、ロットリング スキン です。よく見れば軸の裏側にSKYNNと名前が刻印されているのです。

Img_3361

2022年6月28日 (火)

22番

Img_3352

 今夜はなかなか寝付けない様子の「ちち(仮名)」さん。ケージに入ってからけっこうな時間が経ったあとでも、ガサゴソと動き回っていて少しも静かになりませんでした。人間でもそういう夜はありますが、ワンコの場合は羊を数えることもできませんし、ナイトキャップをひっかけるということもできず、ただただゴソゴソしているうちに何となく眠りに堕ちる、という感じでしょうか。若いときならこうしてカメラを向けられると、わぁ~い、という感じで起き上がってきてお目々キラキラ、遊んでアピール必定でしたが、歳をとるとさすがにその元気はないようです。

Img_3353

 長いことペン立てに放り込まれたまま、最近になって萬年筆であると認知されて救出された1本。実際にインクを入れて使われていたペンだということです。ヨーロッパ標準のショートサイズ、青インクのカートリッヂが挿さったままになっておりました。

 クリップやキャップリング、銀色で何となく鈍い光沢ですが、さすがにここは普通の金属でしょう。この萬年筆に関しては、なかなか情報が少なくて素性がよくわかりません。

Img_3354

 スティピュラのフロレンティア、金ペン先の付いたものなど、比較的多く世に出ていたシリーズであるようです。それをベースに、とりあえずチタンのペン先をつけてみました、というようなペンでしょうか。同社の他のチタンペン先のモノとも多少違っているようです。

 入手経路も不明ですが、恐らくは某巨大オークション、もしくは全世界規模の巨大オークションかと思われます。21世紀の初め頃は、見つけたもの勝ちという雰囲気がまだまだ色濃く残っている世界でしたので、今ではとてもじゃないけれど手が出ないような萬年筆が案外すんなりと手に入ったものでした。

Img_3355

 記録によれば私、このペンを毎日携行して常用していた時期があるようです。そして、肝心のチタンのペン先の印象について、ギシギシいう、というような感想を持っていたようです。ペン先がギシギシいうなんて、相当筆圧が高かったのでしょうか。意識して筆圧をかけますと、簡単にペン先がパカッと左右に割れます。ですので、そういう使い方はしていなかったはずで、今、書いてみても、ギシギシいうなんて感じません。

 萬年筆というもの、いろんなのをたくさん使っていくうちに、良くも悪くも慣れてしまうものなのでしょう。このメーカーのペンはこうだ、と思い込んでしまうと、損をすることになるかもしれませんね。

Img_3357

2022年6月27日 (月)

思い出した

Img_3349

 玄関に誰かいるのでしょうか。それとも、開けっ放しにしないで、早くエアコン入れて、と訴えているのでしょうか。この時は比較的、後ろ脚の調子が良かったようで、「ハ」の字になっていません。筋力が衰えてきていて、普段は「お前、それ車検通らんぞ。切符切られるぞ。」と声をかけたくなるほど、後ろ脚が「鬼キャン」になっていることが多いのが、こうしてプラキャン方向へ調整されているのを見ると安心です。

Img_3342

 知らないで触っていると、昔の安物のショート軸、と思ってしまうプラチナ製の萬年筆。手に持つと非常に軽いのでそう思ってしまいますがこう見えてこのペン、銀軸なのです。

 もっと寄ってアップで撮ると非常に汚いのですが、あえて磨いておりませんのはそういうことなのです。

Img_3345

 950SILVER。一般的によく目にする925よりも柔らかめ、なのでしょうか。これ、キャップ全体がそうなのか、巻きなのか、その辺はわかりませんが、ボディが小さいから軽いのかと言われたら、同じくらいの大きさのPILOTエリート銀軸はもう少し重たく感じられますので、さて、どこか構造的に違うのか、そもそも板厚が薄いのか。

Img_3344

 でも、安物ではないのだろう、と思うポイントがここ。100周年で復刻された萬年筆、手が届きそうな方はペン先がこれではなかったので、むしろあきらめやすくて助かりました。これから先も、古いプラチナを見たらまずペン先確認、という習性は治りそうにありません。

Img_3346

 こんな悪戯も。コンヴァータをがさっと放り込んである引出しで見つけて、あぁこれ、そうだったかも、と薄い記憶を頼りに突っ込んでみたらうまくはまりました。プラチナのコンヴァータ。でも、このペンには使えません。あえて使うならこの状態で。あるいはねじが合うほかの銅軸を持って来て組み合わせるなど。でも、それをやって人に見せびらかしたりすると、「半」に認定されてしまう危険性があります。

Img_3343

2022年6月26日 (日)

ペントレ2022・2日目

88a9e145d5ff41ec8fc7a2535b28e217

 長女にわしゃわしゃしてもらいながらうとうとしている「ちち(仮名)」さん。隙あらば家族のそばにやってきてドテッと座り込むのは、こういうことを期待してのことなのでしょう。

Fb9e4af511c04ad98bf6ef2a7f04da3e

 ペリカンM300で般若心経を写経するケロ御大。うっすらと印字されている文字をなぞっていくのですが、見ていると実に速い。普通の人が1行書く間に3行ほどは軽く進んでしまいます。

 ごく普通のコピー用紙でしたので、インクが裏抜けして少し机を染めてしまいましたが、それでも運筆が速いことが幸いしたのか、ほんの僅かな汚れで済んでおりました。

2fbb82181a9d41b7b52938439495cffc

 こちらは帰宅途中の電車の中でパチリ。昨日と本日の釣果ですが、このほかにも何本か。白くて長い箱は、拙BLOGを読んでくださっている方が「退職祝い」にとお持ちくださったもの。このMさん、テニスボールの入っている缶の蓋でインク瓶のスタンドを作られるなど、なかなかユニークなことをされている方なのですが、そのスタンドなども含め、私、申し訳ないことにいつもいただきっ放しです。

F76e104ac3a64f19964963f21bb8faae

 で、本日のお言葉は、

「チタンで写経」でございます。これの別バージョンとしましては、「置き忘れるな危険!」というものもございます。

 誰もが私のように暇な爺さんではないわけで、お忙しいことは重々存じ上げているのですが、それでもやはり、一度、こういうイヴェントに来られてはいかがですか、ということ。それこそ万難を排しておいでになれば、きっと新しい世界が開かれます。良いか悪いかは別として、ね。


2022年6月25日 (土)

ペントレ2022・1日目

1606f4a33d3746efa27972615815267f

 長男に弄ばれている「ちち(仮名)」さん。家族みんなが忙しいと、こうして遊んでもらえる機会が少なくなるのですが、この時は十分満足するまでわしゃわしゃやってもらって、満足そうにしておりました。やっぱりワンコは遊んでもらってナンボ、という生き物だと実感したことでした。

Def2d8d94bf942bfb9bd64a447a7eeaf

 コロナ禍になってからというもの、10分で部屋の空気が全て入れ替わる、という浜松町の会場でさまざまなイヴェントが開かれていますが、私の知る中では、今回が一番「それらしい」雰囲気であったかと思います。

4ccbe1279fac41f3a7d400df94f747f3

 今回は、とにかく賑やかでした。あっちこっちで、話し込んでいる声が聞こえています。いい悪いでは無く、昨今はインクやガラスペン、それに紙ものを中心としたイヴェントが多い印象なのですが、本日はしっかりと萬年筆していて、おまけにトレッキーまで炸裂という、退屈する暇のない半日でした。

9e2f55c8790d4051b342ff58a07ba75d

 連日、汚部屋のお掃除に明け暮れていて、もう萬年筆なんか金輪際買わないぞ、と決めていたはずなのに、なぜか胸ポケットに一本、家を出た時より多い本数のペンを挿して宿に帰って参りました。明日は見るだけに徹するべし、と、心に誓いながら、旅の宿で床につく私なのでした。

Image_20220625233801

2022年6月24日 (金)

生きてる!

Img_3313

 「ちち(仮名)」さん、お元気ですか? なんて良く聞かれるのですけれど、ご覧のように至ってお元気です。我が家の庭と接しているおうちに赤ちゃんがいて、これがまぁ、いくら泣くのが仕事といってもそこまで・・・というぐらいよく泣いているのですが、我が家のワンコもご飯を貰うときには負けず劣らず近所迷惑に鳴き散らかしております。実に申し訳ないと思っておるところです。

 お散歩から帰ってきて、お父たん、何してるの? と寄って来たところ。そのお父さんは、週末だ、明日は東京だ、と盛り上がっていたのですが、突然の低血糖状態でヘロヘロになって倒れ込んでいるところでした。こいつは予測できないときにやって来るので実に難儀です。

Img_3315

 PILOTのクォーツ時計つき萬年筆。この手の小さな液晶時計ユニット、世界中に蔓延しているはずです。最盛期にはどんなモノにでも時計が付いておりました。でも、今生きているモノは少ないでしょう。ユニットそれ自体がダメになっているモノが多いですし、そもそも合う電池が廃盤になってしまっています。

 この個体は、電池からの塩噴きもなく、ユニットも操作部分も生きているという珍しいモノ。萬年筆にすら電池を必要とするぐらい忙しい人たちに使われていたのですから、当然に「実用品」であり、ある程度の時間使われたらそのまま放置されたり捨てられたり、というものが多かったことだろうと思います。

Img_3318

 当然、特殊合金製のペン先。字幅はこれも当然というべきF。目的がはっきししない、贈り物に萬年筆を、なんてときは、売り場の人も無難なところでMをおすすめされるでしょうが、実用品としてガシガシ使うのならばF。これが現役だった時代には、まだまだ様式に文字を書き込むという場面が普通だったはずで、それならば当然に細字ということになるでしょう。

 私は毎年1月から2月になると萬年筆を新調していたのですが、それは担任している生徒たちの「指導要録」という難儀な書類を書くためのものでした。嫌で嫌で仕方のない作業を、少しでも快適に、いやマシにこなすための萬年筆。細かい字で書くと分量が増えてしまいますから、当然にMでした。今にして思えば、そのときにBを選んでいたら、もっと楽にヌラヌラと・・・なんてね。

Img_3317-1

 今でも、時刻の設定なんかもできます。こうして生きていると、恐ろしいので開けて電池を診て診ようという気にもなりません。それでも怖々天冠をひねってみると、液晶表示が消えました。焦りつつ反対にひねると、表示が復活。確り時刻がリセットされていたので、あぁ生きてるな、と実感するという状況でありました。

 悪戯ついでに、と近くに転がっていたデラックス漆に、この液晶の付いたキャップをかぶせてみようとしたのですが、無理でした。合わないどころか、初手から全く嵌まりません。

Img_3319

 そんなときに、あぁあ径が違うのだな、と納得するだけでなく、胴軸を外してみてしまうのがヘンタイというもの。そして、やっぱりな、などと頷いている、そこが普通の人には意味がわからないところでしょう。このペンのキャップが嵌まらないということは、胴軸の系が細いということですから、それは当然に槍が露出しているということになります。知らない人、一定のレヴェル以上に不器用な人にはカートリッヂを挿すことすらできないという構造。デキるビジネスマンには、それでもスリムでカッコいいほうが受けたのかもしれませんね。

2022年6月23日 (木)

専用

Img_3295

 お気に入りのお布団をまくり上げて満足げに笑う「ちち(仮名)」さん。本日はまだ元気が残っている時間帯にお母さんがおやつをくれたのでご機嫌が良いのかもしれません。このあと、ひとしきりお布団と戯れておりましたが、静かになったなぁと思ったら鼾が聞こえてきました。

 飼い主は昨日、炭水化物を取り過ぎて大変からだが重たく感じられる一日でした。やはり、脂~としては、炭水化物を控えて脂肪と蛋白質を中心とした食生活を送るのが良いように思います。いろいろと試行錯誤をした結果、少なめの炭水化物とたっぷりの蛋白質、というところである程度のバランス点を見いだしつつあるところです。

Img_3290

 なので、こういうものを食べてはいけないのです。蛋白質や脂質は十分にとれるのですが、バンズがいけませんし、ついでにポテトなんぞをつまむとアウトです。昨日より売り出されているシャア専用シリーズ。y.y.Pen倶楽部の規定により必要以上に辛いものを食べることは禁じられていますので、もうひとつの辛ダブチなんてものはパスしました。そちらは、当たり障りなくザクⅡの包み紙なのだそうです。と、いうことで、ここはやっぱり、ゲルググからジオングへと時系列で食べ進めるべきでしょう。

Img_3293

 バンズが赤いのだそうです。赤いから三倍おいしいのでしょうか。そうでもなかったように思います。照り焼きですから、日本人的にはOKですが、それ以上ではないように思いました。ま、ゲルググですから。

 還暦過ぎたおっさんとしては、これ一つ食べたらもう十分。これ以上食べたら翌日に持ち越してもたれます。

Img_3294

 ニュータイプを感じる・・・のかどうか。白いトリチ。これ、食べるのはしんどいだろうな、と思います。脚があろうがなかろうが、しんどいモノはしんどいのです。飾りがどうのこうのという話ではありません。もう、パティやチーズが山盛りですから、脚がなくてもこれで完成形、ということなのです。

 欲を出してこいつに脚をつけたからといって、戦闘力がアップするわけでもなく、むしろ、「足が出た」っていう感じになるのかも。オッサンにはもはや、マクドナルドを攻略すること自体、無理なのです。坊やだからこそ食べられるものがあるのです。爺には無理なのです。

 

 

2022年6月22日 (水)

ガッチャマン

Img_3259

 今宵は少し趣向を変えて、お布団の裏側を枕にして眠っている「ちち(仮名)」さん。新しく買って貰ったお布団がお気に入りであることは変わりませんが、慣れて来ていろんな「味変」を楽しみたい時期に入ったようです。この先、さらにいろいろとやって最後にはお布団を使えなくしてしまうところまで行くのだろうと思われます。

 お布団が使えなくなると一番困るのは自分なのですが、飽きっぽいということもあって、なかなか素直にそのままの状態で寝るということはできないようです。犬は飼い主に似るからでしょ、っていうのは勘弁してください。

Img_3282

 コンヴァータの部屋、です。いよいよ終活だっ、と家の中を片付けていて、何が困るかというと、細かなものが一杯出てくること。この箱は?と開けてみると中に萬年筆はなく、コンヴァータやカートリッヂだけが残されている、というケースが多いのです。それらをまとめて保管しておくために、とお菓子の空き箱やら大きめの缶などを用意してみたのですが、今度はそれらの容器をどこに置くんだ、ということになってきます。

 そこで、某巨大オークションでそれっぽい「小さなタンス」を物色して、安かったという理由で買ったのがこれ。こんな抽斗が三杯あって、上の方からコンヴァータ、インクカートリッヂ、そして箱入りのカートリッヂと大まかに分類して入れてみたのですが、すでに飽和状態です。そうとわかっていたのに、なんでもう少し大きめのチェストを買わなかったのか、とも思いますが、大きめのモノは置き場所にも困りますから、結局箱の程度のモノにしておいて中身を減らす算段をした方が良い、ということなのでしょう。

Img_3285

 さてこの3つ、どの会社の萬年筆に合うものでしょうか。一番下のは、みんな探してますよというウォーターマンのCF用コンヴァータ。もう少し詳しく言うとCFあたりまでの萬年筆に合うコンヴァータ、でしょうか。CFの後、現行のモノに切り替えられてしまったので、本体吸入式なんて作らないぞと決めてからしばらくの、中途半端に古いウォーターマンを持っているとけっこう難儀するわけです。

 しかもこのコンヴァータ、ゴムをペコペコ押して吸入するタイプであり、なおかつそのゴムがすぐにダメになるという愛情あふれる品物なのでヘンタイさんはますます苦労させられるわけです。上の2つは、我らがセイラー萬年筆のモノですが、ノブが紫色の方は妙な感じです。

Img_3286

 一番右の、いわゆるCF用コンヴァータの槍にささる部分を取り出して、セイラーのコンヴァータの先端に押し込むと、CFなどにも使うことができるコンヴァータの完成です。ペコペコ押す部分のゴムは簡単にダメになるくせに、この先端部、槍にささる分はけっこう丈夫にできているので、こういう芸当が可能になります。知っている人は、「コンヴァータはゴムが寿命です」なんて書かれているCFを敢えて買い、セイラーのコンヴァータとニコイチして復活させるわけです。y.y.Pen倶楽部界隈では、このような作業やその成果物を「ガッチャマン」と呼びます。これをニコイチと呼ぶのは全く問題ありませんが、洒落たつもりでハイブリッドなどと呼ぶとシバかれますのでご注意ください。

Img_3289

 

 

 

より以前の記事一覧

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック