« 備え | トップページ | これでも普通 »

2023年8月11日 (金)

意外に、無い

 拙Blogは下記へ移転いたしました。

過去の記事などもすべて新Blogに移しました。

過去記事へコメントをくださる場合も、下記の

新Blogの方へ投稿いただけますと助かります。

https://panasy99.livedoor.blog/

Img_8769

 こたつ布団を剥ぎ取られて、仕方なくふて寝している「ちち(仮名)」さん。お天気が良かったことが災いして、お母さんはこたつ布団をとって洗濯機へ。通常の洗濯が終わった後の、まさかこんな時間に洗濯機を・・・という意表を突いた攻撃に、彼女も防衛しきれなかったようです。

 この先、こたつの下に敷かれたホットカーペットのカヴァーですとか、こたつのインナーとか、そういうものが次々と剥ぎ取られていきます。冬が来てもしばらくの間はこたつが復活しない(こたつむり防止のため)ので、これから4ヶ月ほどの間、彼女が体を預けられるのはクッションだけということになります。

Img_8770

 PILOTのエリート、ショート軸。普通の長さの樹脂製のエリートは軽くてバランスの良い名作ですが、ショート軸もなかなかのものです。このショートタイプのエリート、黒い軸のは発掘されないなぁ、と思っていましたら、思わぬ所からひょっこり出てきたのですが、何となく様子がおかしいので、カラー軸のエリートと並べてみました。

Img_8772

 この黒いのは、明らかに変です。短いし、径も細いのです。セイラーあたりのミニ萬年筆に対抗するために作ったのか、と思ってキャップをとりますと、あまりのことに脱力いたしました。

 この黒いのは、そう、そこを面白がって手に入れたもののはずです。私の性格を考えると、それしかあり得ないのです。でも、忘れてました。

Img_8773

 何のことはない、黒いのは萬年筆ではなくボールペンだったのです。でも、どうせ似せて作るなら、同じサイズで作っておけば、首軸というか胴軸というか、その部分だけ造り分ければ済む話で、より効率的、コストカットにつながるのにと思いますが、大きくする必要が無いから細く小さくした、というあたりが真面目なPILOTらしいところ、というべきでしょう。

 

 本当なら、萬年筆の方をボールペンのサイズに合わせて作ることができたら、もっと良かったのかもしれません。しかし、ショート軸の書きやすさという部分には、この軸の太さも大きくかかわっていることでしょうから、結局、見た目を揃えるのなら萬年筆の方に、となるのでしょう。

 ただ、さらにもう少し踏み込んで考えてみると、外見も触った感じも全く同じものを2本、胸ポケットに挿していたら、どちらがどちらなのか区別が付かないので、あえて長さと太さを変えている、と考えるのが自然でしょう。そう考えると、PILOT、さすがです。

Img_8771

« 備え | トップページ | これでも普通 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック