« もう一晩 | トップページ | さ同じ呼び名・2 »

2023年2月15日 (水)

同じ呼び名・1

9c64b84348bf4658998edbd1f2522ef7

 堂々と美輪さんしている「ちち(仮名)」さん。実際にそんな絵を見たことはないと思うのですが、少し斜めに座って、一方の肘に身体をもたせかけている、そんな美輪明宏さんの姿が思い起こされるので、このような状態を美輪さんと呼んでいるのです。

F80ba296183349ff937a76b88371dac5

 萬年筆に興味を持っている人が集まるような場で、机の上に置いておくと良い小道具です。これは滅多にない一本なんですよ、なんて言葉を添えますと、それはたいへん、と書いてみてよいですかということになりますが、未だ、これで文字を書けた人はおりません。

 とにかくキャップが外れないので、あら、経年で痩せてるのか、これは壊したら大変、となるわけですが、この形でキャップが痩せるような材質のものなんてありましたでしょうか。

8b35ab030f9f4dbf9bacfd192bb76207

 仕方がないので、同じ生産国のよしみでこちらをどうぞ、となります。インク入ってないのでつけペンで、などと言いますと、いやいや汚すのもなんですから、などと言いつつ、紙の上を滑らせて、おお、とか、う〜ん、とか言うわけですが、ま、鉄ペンですから、なんて言うとさらに感動されます。えっ、そんなのあったんだぁ、などと言う人もいてなかなか楽しめます。

2bf7e974da2548cca8d40b6414d76825

 この2本はいずれもディスプレイモデル、すなわちモックアップですので、吸入機構も動きませんし、キャップもこの状態のまま、外すことはできません。ペリカンの方など、無理に外してみたら中はどうなっているのか、興味はありますが、壊してしまったら中には何にもなかった、ということになるのでしょうから、このままで我慢します。

 中学英語のレヴェルでさえクリアできていない私には、ディスプレイモデル、と言ったらこういうもの、というぐらいの理解しかできないわけですが、同じ呼び方で実際に機能するペンを手に入れた、という経験もありますので、別の記事でことの経緯を記録しておこうかと思っています。

« もう一晩 | トップページ | さ同じ呼び名・2 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック