« あるとき! | トップページ | カーヴ式会社 »

2022年12月 4日 (日)

ついばむ

2ae243ee15f14382a0e407d743378096

 桜文鳥の・・・どなた様でしょうか。名前はまだないようです。近鉄京都線の京都駅、ひとつしかない改札口を出ると、真正面に新幹線の改札口があって、その脇にJR東海ツアーズという旅行代理店の支店があったのですが、合理化のためでしょうか、閉鎖されてしまいました。シャッターの前には、ガチャの機械がずらり。ついつい、見てしまいます。

B89c7924a11248aabf6d2e36450c498e

 先週だったか先々週だったか、アップリンク京都という、一味違う映画を中心に上映する映画館で見た映画が何だったのか、全く思い出せなかったのです、さては痴呆が始まったか、と焦りましたが、妻との会話でショーンコネリー主演の、ということが判明して、あぁ、未来惑星ザルドスだったか、と思い出せて一安心、なのでした。

 あまりにヘンテコな映画だったので、上映前の予告編の方が印象深くて、本日はそちらを見るために、再度アップリンク京都へ行ったところで、このガチャに引っかかってしまったのです。

Abc20feec85044d6b71d143d4b49a541

 こんな感じに、嘴が開くのです。ついばむ、と言ってますけれど、ここにペンを挟んで写真撮影ができれば、ということで、ハシビロコウ狙いで行って案の定失敗。一応嘴は開くのですが、どう見てもこれでは萬年筆を挟むことなどできそうにありません。

04c47decdba549a2a41b0e1e63a7a178

 はい、鉛筆ならこんな感じについばむことができます。鉛筆ぐらいの太さの萬年筆というと、かなり限られます。今はなきセイラーのホスカルとか、PILOTのデラックス漆とか、いや、ひょっとしたらシャレーナとかでないと無理かもしれません。

2b7c005b4f1b4f49b0ea63df6f03cd05

 なんか細い萬年筆、手近に転がってないかなぁ、と。探しても見つかりませんでしたので、とりあえずこんな感じで。多面体キャップレスのノックボタンなら、何とかついばむことができました、というところで、週末もおしまいです。


« あるとき! | トップページ | カーヴ式会社 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あるとき! | トップページ | カーヴ式会社 »