« かんたんな話 | トップページ | 古き佳き »

2022年12月21日 (水)

アドリブ全開

Img_5599 

 ん?なに? という感じの「ちち(仮名)」さん。寝ているところに突撃されて怒っているか、と思えばそうでもありません。長女に「見つかって」しまい、後始末をしてもらっているところなので、ここはとぼけているのが得策、と考えたのかもしれません。

 本日の午前中、日頃とはうって変わって「重要な任務」を遂行しておりました。勤務先のすぐ近くにあるこども園でサンタクロースの役をするというお仕事です。企画はすべて園の先生方がしてくださるので、衣装を着けて袋を担ぎ、ホォ~ホッホォ~、と言ってれば良いのですが、年齢が上の子どもたちになると、「サンタさんにしつもん」なんてのがありますので、ちょっと厄介です。

Img_5605

 サンタさんの小道具は、この大きな萬年筆。ゆったりとした赤いサンタ服のポケットからこれを取り出しておもむろにサインをする、なんて演出があるものですから、太いマジックか何かで・・・と言われたのですけれど、用意していきました。こども園の先生達もびっくりでした。

 サンタさんはどこから入ってくるのですか・・・っていう質問。必ず出ますね。トナカイ役の先生と顔を見合わせて、こども園は夜、やってないと聞いたので、今日は特別に明るい時間に来ました。なので、京は玄関から入ってきました。煙突から入っていたこともあるのですけれど、お腹が出っ張ってきてつっかえるようになってきたので、最近は壁を通り抜ける魔法を覚えて使ってます。・・・なんてね。

Img_5606

 何歳ですか・・・っていう質問もよく出ますね。これまたトナカイさんと顔を見合わせて、あれ、いつ頃まで数えてたかなぁ・・・と。たしか江戸時代の頃までは数えてたけど、それからは面倒臭くなって数えてないから、もうわからなくなってるんだよ、はっはっはぁ・・・ってね。

 「先生」の業界では、幼稚園、こども園の先生ってのが一番にくそ真面目だと思ってます。研究発表会なんかで発表する役に当たったりするとパワーポイントのスライドをHDDがすり切れるほど何度も再生しつつ、ストップウォッチで時間計ったり、表情を直したりと、お芝居やる人でもそこまで練習しないでしょう、というぐらいにやります。その点、中学校出身の私、研究発表会でも何度も発表はしましたけれど、事前の練習なんてやったことは一度もありません。いつでもぶっつけ本番。要するに、えぇ加減なんです。

Img_5607

 「公演」後に珈琲など淹れていただきながら園の先生達とお話。あれ、サンタさんの練習、いっぱいしてくださったんですねぇ、と言われたので、あっさり白状しましたら、驚かれました。いや、どうせ練習したってうまくはやれないので、練習なんてしないんです。なのであのレヴェルでどうかご勘弁を、とお詫びしまして、お菓子をいただいて帰ってきました。気楽なお仕事でしたけれど、コロナの影響で学年ごとに5回公演しましたので、結構疲れました。

 ちなみに、小道具に使った萬年筆、キャップを閉めて17センチ強、ポストしたら20センチ弱。比較用のお相手はペリスケさんです。

 

« かんたんな話 | トップページ | 古き佳き »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

最近のトラックバック