« 古き佳き・・・ | トップページ | 見た目は立派 »

2022年9月21日 (水)

とろける

Img_4539

 日向でお散歩中の「まりりん(実名)」さん。甲長11センチの(ニホン)イシガメ、おそらく女の子です。2週間ほど前、職場に迷い込んできたのを保護したものです。カメを飼うのは初めてなので、あれやこれやと情報を収集して、ようやく彼女が落ち着いて過ごせる住環境を構築するところまでこぎ着けました。残る問題は、彼女がほとんど水中から出ないこと。陸場をこしらえて紫外線ランプを照射してあるのですけれど、そこで甲羅干しをする気配は全くありません。それでは心配なので、毎日30分ほど日向に出してお散歩をさせているのです。

 多分ニホンイシガメなんじゃないか、おそらく女の子なのでは、という程度のことで、職場にやってくる子どもたちからは亀吉とか亀太郎とか、いろんな名前で呼ばれています。よく食べて、その分大量に排泄をするので、飼育している水槽の水の管理が大変です。

Img_4543

 亀の飼育に必死になって、他のことに気が回らなくなったので、カップ麺の蓋をおさえるのにこんなものを使ってしまいました。見事に溶けてます。こうなるともう、ボケ老人です。

 昔からカップ麺の蓋をいかにしておさえるか、ということは一つの研究分野として確立されておりました。そのための製品も多数世に出されてきています。そしてついに、こんなものまで出てきた、というわけです。

Img_4541

 カップ麺の蓋をとめるビニールシールを廃止して、猫耳みたいな2カ所の突起を折り曲げておさえる方式に変更されたのはつい最近のことでしたが、今回はその折り曲げる部分にあるバーコードを読み込んでポイントを貯め、景品をあてよう、というキャンペーンなのです。軽佻浮薄な私がすぐに飛びつくのは当然のことなのです。

 ただし、カップヌードル各製品の中には、私が食べることのできない辛いものや隣国由来のものなどもありますので、それらは家族に頼ることになります。宝くじを買うときは、当たるはずなどないといいながら買います、っていうぐらいですから、これもオリンピック精神、参加することに意義がある、と割り切って楽しむことにいたしましょう。

Img_4544

« 古き佳き・・・ | トップページ | 見た目は立派 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古き佳き・・・ | トップページ | 見た目は立派 »