« 2022年8月 | トップページ | 2022年10月 »

2022年9月

2022年9月30日 (金)

色のついた・・・

Img_4628

 衆人環視の中、自ら陸場に上がった「まりりん(実名)」さん。昨日の午後あたりから、彼女は異様に活動的になっており、常にガラスの外に向かって「足掻いて」おります。きっかけは来館した児童が、館長のこしらえたカメのペーパークラフトを水槽の前に突き出したこと。子どもの発想というのは実に突飛で豊かなもので、「ほら、まりりん、お母さんだよ!」と言いながら水槽のガラスにカメの模型を突きつけたのです。

 すると、「まりりん(実名)」さんは期待通り(?)の反応を示しました。間にガラスがあるけれども、それを突き抜けてカメの模型の方並行という動きを続けたのです。で、あとはお決まりで、カメの模型を置く位置や高さをあちこち変えて「まりりん(実名)」さんのようすを見る、ということになったわけですが、大方の期待通り、彼女は模型の置かれているところに行っては足掻くようになり、それが本日も続いている、というわけです。で、この陸場に上ると丁度同じ高さになるようなところにカメの模型を置いたところ、彼女もここへ上ってきたというわけです。そのことに懐疑的な館長は、カメの模型をよけてみたのですが、その後も彼女はことあるごとに陸場に上ってきました。対照実験としてみると、別にカメの模型を追いかけてきたわけではなさそう、という可能性が出てきたわけです。

Img_4631

 ほんのり桜色、いい匂いのするこのインクでラヴレターを書こう・・・ではないのですけれど、「まりりん(実名)」」さんの行動、ひょっとして求愛行動なのかも、ということも考えられます。硝子の向こうに行こうと足掻いている、と見えますけれど、前脚を左右に振っているようにも見えるのです。そう、それはカメの求愛行動なのです。

 だとすると、彼女(だと思っている)は「まりりん(実名)」さんではなく、「かめきち(仮定)」さんである可能性があります。もし本当にそうであるなら、目の前にいるこのカメは、今後、あまり大きくならないはずです。これがメスであれば、最終的には今の倍近いサイズにまで成長するでしょうし、無精卵を生んで食べてしまう、なんていう行動をとることでしょう。いずれにしても目が離せない状況です。

Img_4632

 可愛らしい色と香りのこのインク、お値段は可愛らしくありませんね。一度吸入したのみで、以後一切使っていません。で、そういう情報を見ると、欲しいという人も出てくるのが不思議なところです。ホコリを被って薄汚れた箱。一度は瓶の蓋を開けているということ。今も人気の高いインクなのだそうです。我が家には確か、これがもう一箱か二箱、どこかに潜んでいるはずです。

 10月は9月に引き続き、萬年筆関連のイヴェントも多数。手帳の市に萬年筆交流会、TIPSなどなど。そのいずれにおいても、以前のことを思うと考えられないほどの量と種類のインクを目にすることになるのだろうと思います。そしてそれは、11月12日(土)と13日(土)に神戸は北野工房のまちで開催される神戸ペンショウ2022でも同じことでしょう。

Img_4629

 高いだろ。(怖くて)もう使えないんだぜ。900円もするんだ・・・。さる文房具店で、コレクターズアイテムとして売られていたインク。いや、正しくはインキですね。コレクションですし、恐ろしいので萬年筆に吸わせたりはしていませんが、そういうときこそ、ガラスペンの出番でしょうか。神戸ペンショウでは、いまのインクブームを牽引するご両所によるワークショップも開催される予定です。

 秋は神戸で萬年筆、ってアホのひとつ覚えみたいに毎年言ってるように、神戸ペンショウは「萬年筆」とその周辺、ということを強く意識したイヴェントなのです。なので宇宙遊泳などのイヴェントと比べると、萬年筆度を意識的に高めるように企劃しております。遠方の皆さん、ホテルの予約などはお済みでしょうか。毎年この11月には、神戸とその周辺でいろんなイヴェントが開かれますので、ホテルがとりにくくなります。秋は神戸で萬年筆、です。皆さんと神戸でお会いできるのを楽しみにしております。

Img_4630

2022年9月29日 (木)

8ヶ月

Img_4621

 絶賛熟睡中の「ちち(仮名)」さん。飼い主は5日間取ることになっている夏季特別休暇をまだ消化できていないので、本日午後から強制的にお休みとなりました。とりあえず夕方から散髪にいくことにして、それまで一旦家に帰って・・・と戻ってみたらこんな感じです。お婆さんなので朝夕のご飯とお散歩の時以外はほとんどこうやって寝て過ごしているのだそうです。

 で、行きつけの散髪屋さんは予約制で、本日は午後5時から。時間調整をしておりましたら、神戸にある、現存する日本一古い文房具店から電話がありました。今年1月29日に預けたモンブランのボエムの修理完了の連絡です。

Img_4622

 右が調整師泣かせの変にクセのあるF字のボエム。左が本日修理から帰ってきたB字のボエムです。メーカーでパーツ欠品のため、遅くなりました、という説明をいただきました。ペン芯、ペンカヴァー、そして胴軸が交換されたとのことで、このメーカーはペン芯を消耗品と考えておりますので、という説明をいただきました。まぁ、それもそうかもね、と思えます。

Scannable-20220930-0_10_40

 今回修理に出したのは、この日の記事で紹介したもの。胴軸は割れたり欠けたりしていないのでを交換しなくてもよいのでは、と思いましたが、よくよく考えると、割れてしまったペンカヴァーの一部が胴軸の中に残ってしまっていたので、それを取り除くことができなければ交換するしかないということだったのでしょう。ピカピカの部品ではないので、再生パーツなのかもしれません。廃盤になって久しいペンですから、部品があっただけ幸運だったと言うべきでしょう。

 で、ペンカヴァーと胴軸、それぞれをゴム板で掴んでグイッと回そうとしたのですが、まるで一体の部品であるかのごとく、全く動きませんでした。っこで素人が無理に力を入れると、またペキッといくのでしょうから、両者を分離することは諦めました。こまめに洗浄することで、問題なく使用できるでしょう。それにしても、小さなカートリッヂでBニブ。どういう場面で使うのが良いのか、今ひとつ思い浮かびませんね。

Img_4624

2022年9月28日 (水)

空き箱

Img_4609

 クッションが定位置から大きくズレていること、ホットカーペットの上敷きがめくれていることから見て、「ちち(仮名)」さんは相当に激しく「ホリホリ」をしていたのでしょう。激しくホリホリしながら、誰に聞かせるでもなく、ただただキュンキュンと鳴いていたはずです。ある程度、ホリホリをしたところで、何の前触れもなくストンと体を落とし込んで、あとは快適そうに眠るのです。

 彼女の前脚がかかっているフローリングの継ぎ目、その2本ほど右の継ぎ目あたりに、今、彼女のお尻が乗っているクッションの端が来る、というのが定位置ですから、相当に移動していることがわかります。

Img_4610

 校長室に訪ねてこられたお客さんにいただいたお菓子の空き箱。大きさや作りなど、インクカートリッヂやコンヴァータなどを入れるのに丁度良さそうだ、ということでとっておいたのですが、何のアクションも起こさないまま退職の時を迎えてしまい、最後は大慌てで机の抽斗の中味を放り込んで車に積み込んだのでした。で、しばらく車と共に走っていたのですけれど、今乗っているクルマも8年目、9万キロに届こうかというところまで来たので、業者に車内洗浄を依頼したのです。そういうことでもなければ、今も毎日クルマとともに移動していたことでしょう。

Img_4612

 机の抽斗の中味を特に整理も吟味もせず、片っ端からポンポンと放り込んだので、3段ある抽斗の最上段に入っていたものがほぼそのままここに収まっています。ただ、PILOTの黒のインクカートリッヂだけは、毎日胸ポケットに挿しているキャップレスに使うために早々に取り出しました。逆に言うと、ここに入っているのはこの半年ほど全く使う機会のなかったもの、あるいは、手近にあったらつ買いたいなぁ、と思いつつ他のもので代用したり職場の同僚に借りて済ませたり、というようなモノばかりなのです。

Img_4614

 これまた、手元にきてから一度も着用することなく終わってしまった全連小(全国連合小学校長会)のバッヂ。普通なら校長というもの、週のうち3日や4日はどこかへ出張しているようなものですが、私の在職期間中はコロナのために人が集まるの禁止、ということばかりでしたので、このバッヂをつけて校長ばっかりの集会に参加して、あくびをかみ殺しながら偉い先生のお話を拝聴する、という機会はありませんでした。ちなみに、中学校の校長の場合は、全中(全国中学校長会)という組織になります。教頭の全国組織は小中合同なので、できればその違いなどを実際に見てみたかったのですが、こればっかりはどうしようもありません。

 個人的には、校長にしろ教頭にしろ、どんどん違う地域の同職の人と交流して、知見を深めるべきだと思っています。普通にやっていれば20年から30年、同じ地域でずっとやってきた人がその地域の教頭や校長になるわけで、自分のところの状況しか知らない、っていうことになりがちです。これからの時代の学校は、そんなことではダメなのです。すでに私は過去の人なので、もう何を言っても野次に過ぎないのですが。

Img_4616

 なんでこれが机の抽斗に入っていたのか、自分でもよくわかりませんし、これを使った記憶もありません。烏口やらエキスパンション、芯削り器など、そういったものとセットになっていたはずですけれど、そんなものはどこにもありません。どこかの時点で机の抽斗に入って、そのまま退職するまでずっと入れっぱなしになっていたものと思われます。

 よく見ると芯削り器も要らないタイプですし、グワッと脚を広げても不安定になりにくいネジ式ですし、けっこう良いものです。数学の教師をしていたときにも使った記憶はないので、今回発掘されたのを機に、一度は使ってみようと思います。

Img_4615

 PILOTは黒、青、そしてブルーブラックと3種類の萬年筆を常に使っていましたし、プラチナのデスクペンはカリカリとしていて細かな様式にびっしり書き込んでいくのに重宝しておりましたが、セイラーはレアロ系ばっかりで、結局、カートリッヂインクは買ったときに入っていたビニール袋すら切っていない状態です。こうして並べてみると、ブルーのインクカートリッヂの箱、それだけでも残しておくべきかも、と思ってしまいます。皆さんも手元に古いカートリッヂの箱があれば、裏返して観察すると面白いことがあるかもしれません。

2022年9月27日 (火)

あのとき・・・

Img_4603

 写真を撮られて逃げることができず、顔を下げて抵抗している「ちち(仮名)」さん。歳のせいか、反応が鈍くなってきています。彼女はまだ赤ちゃんだったとき、腸の中にややこしいウィルスだかなんだかがいて、食べたものから栄養を吸収することができず、このままでは衰弱死してしまう、という診断を下されたのですが、投薬の甲斐あって見事に持ち直し、豆柴が流行っているこのご時世に立派な巨柴に成長しました。

 もしもあのとき、ただお腹を壊しているだけだろう・・・なんて軽く考えていたら、彼女はここまで大きくなることはなかったはずです。そう考えると、あの日あのとき、の判断というものが、実に大きな意味を持っていたのだなぁ、としみじみ思います。

Img_4606

 デルタ社のドルチェビータ・スタウト。実はこれ、輸入代理店の最期の在庫を買わないか、と紹介されたことがあるのです。当時、伊太利亜製の萬年筆なんてものは、アウロラあたりならかろうじて実用できるけれど、その他のメーカーは綺麗な棒に過ぎない、と過激な考えを持っておりましたので、全く食指が動くことはなかったのです。特にデルタに関しては、例の映画の影響でものすごく流行っておりましたから、それへの反発もあって見向きもしなかったのです。

 でも、考えてみれば、矢継ぎ早に世に出されたこのオレンジと黒の萬年筆の中で、スタウトだけは他にはない個性を持っていました。ヘンタイなモデルだったのです。

Img_4607

 ですので、声をかけて貰ったときに買わなかったことをすぐに後悔したのでした。品質面でいっても、デルタの輸入代理店は検品が確りしていて、こりゃダメだ、と思われるモデルについては輸入そのものをストップしていたほどです。逆に言うと、国内で買えるモデルについては、並行ものでもない限り、まずまず安心して使えるものだったはずなのです。そういうところに思いが至らなかったのは、実にバカでありました。まぁ過去形ではなくて、現在進行形でしょう、と言われたら、それはその通りなのですが。

 とにかく、このスタウト、それも18Kのペン先を持つモデルを探し続けておりました。あのとき買っておけば、という後悔ばかり。結局、前のオウナーのネームが刻印されたモデルを相場より安く手に入れることができました。ファーストネームは「D」1文字だけで、ラストネームは奇しくも私と同じものが刻印されております。今使っている iPhone13Pro には Duke という名前をつけております。また、ずんぐりむっくりなスタイルから Dwarf とか、シンプルに Delta でも。携帯電話はいずれ買い換えるものですから、ここはやはり Dwarf が良さそうです。

Img_4608

 そして、このたびボールペンについても手に入れることができました。開催まであと1ヶ月半となった神戸ペンショウなど、イヴェントの際には信三郎帆布のエプロンを着けるのですが、その胸ポケットにぴったりのサイズなのです。昨年の神戸ペンショウが終わったとき、会場の誰に聞いても萬年筆しか持っておらず、各所に荷物を発送するための伝票を書くのに難儀した、という怖い話がありますので、やはりボールペンは必要なのです。それはそれで良いとして、エプロンをしていないときにはどうやって持ち運ぼうか、という問題が残ります。カヴェコの2本挿しペンケースなどがぴったりなのですけれど、右を向いても左を見てもカヴェコカヴェコなご時世ですので、敢えて避けたいところです。編吟革盤舎のガマ口ペンケース、それのショータイプ版を恵比寿から取り寄せるのが良いかもしれません。

 迷ったら手に入れておく。萬年筆趣味の世界では、やっぱりそれが鉄則ですね。

2022年9月26日 (月)

えんぴつ

Img_4591

 なかなか寝付けない様子の「ちち(仮名)」さん。実はこんな彼女のケージの前で、飼い主は3時間ほど意識を失っていたのです。あぁ疲れたなと「ちょっと一服」のつもりで横になると、意識が戻るのは3~4時間後、ということがよくあります。我ながら笑ってしまうのは、冬場には寒い寒いと思いながら寝続けていること。起きているのと寝ているのとの間ぐらいの意識レヴェルで、ず~っと横たわっているのです。そのうち、老いが進めば、この状態から二度と起きないまま、翌朝家族に発見される、っていう最期を迎えるというのも、あながち冗談ではなさそうです。

Img_4592

 机の引き出しを整理していて見つけた10B鉛筆。鉛筆の芯の硬度、一応は6Bから9H、ということになっています。ご存じのように、BはBlack、HはHardで、その両方を兼ね備えた、という感じなのがHB。ですので、3B、2B、B、HB、H、2H、3Hという並びになるのですけれど、どういうわけかFirmなんていう変な記号が存在します。具体的にはHBとHの間です。私自身、ヘンタイなので、一時期はFの鉛筆ばっかり探して使っていたりもしました。HBあたりとどう違うのだ、と聞かれても、さぁ、という感じですけれども。

 もっとも、6Bから9Hまで、なんてのはあくまでJIS規格のお話で、この三菱ハイユニシリーズは10Bから10Hまでのラインナップを誇りますし、ステッドラーは12Bなんて鉛筆を出しているようです。昨今は筆圧の低い子どもが増えていて、小学校入学時点で2Bの鉛筆でもなかなか筆跡がはっきりしない、なんてこともあるようです。筆圧低いんなら萬年筆いく? なんていう話ではなくて、これけっこう深刻な問題ではあります。

Img_4594

 もう一本出てきた変な鉛筆が、ドイツはLYRA謹製のこちら。長くて三角断面、しかも太い。こんなの削れる鉛筆削りなんてあるんでしょうか。いや、探せば多分あるはずです。浜の真砂は尽きるとも、世にヘンタイのタネは尽きまじ、と二右衛門マスターもおっしゃってます。

 自分は、世界でも五本の指に入るほどの不器用な人間であると自覚していますので、ナイフを使ってこの三角形断面の鉛筆を実用できるように削るなんてことは不可能だと思っています。不器用であるということは本当に哀しいことで、日常生活のあらゆるところで不便ですし、クルマの免許を取ろうと教習所に行けば入所を断られるし、とにかくこれまでの60年、いいことなんてひとつもありませんでした。

Img_4596

 今、もし学校にナイフを持ってきて鉛筆を削ろうとする子どもがいたら、教員としては全力で止めたいところです。ナイフは危ない、っていう意識がそもそもないので、自分や他人を傷つけることがわかりきっている、という状況でも悪気なく振り回したりします。で、そういうことは、小さい小さい頃から家庭で教え込んでおくべきことなんですけれど、そういうのを全く飛ばして、それでもナイフを持たせて、怪我をしたり刺せたりすると教員の管理監督責任を問う、っていうパターンですから、ナイフで手を切りながら成長するもんだ、ってわかっていても禁じるしかないのです。

 今いる職場、30代から50代の女性ばかりが同僚としているのですけれど、マニュアル車の運転のことでも話が通じないし、ナイフで鉛筆を削った経験のある人もいません。10歳か20歳違うだけやんか、と思っていますけれど、その辺のギャップ、相当に大きいようです。

 

2022年9月25日 (日)

放置

Img_4564

 寝てはいますがまだ意識がある、という「ちち(仮名)」さん。写真を撮る飼い主には、「起こさんといてねっ!」という家族の声。ここまでおやつを与えておとなしく寝させたのだから、それこそ寝た子を起こすな、ということなのです。彼女は飼い主が帰宅すると、律儀に起きてきて愛想を振りまいてくれますが、このような状況では、それが逆に「せっかく寝たのに・・・」となってしまう可能性が高いからなのです。

 三連休を満喫した飼い主は、最終日に大阪にある超大型ペットショップに行ってみたのです。目的はカメさんの飼育に関するグッズがどれだけあるか、ということでしたが、それについては特に目新しい発見はありませんでした。しかし、職場で飼っている「まりりん」と同じニホンイシガメの生体に6980円という値札が付いているのを見てびっくり。逆に言うと、そんなのが溝の中でウロウロしている、ってどんだけ田舎なのか、と改めて奈良県の良さを再発見したことでした。ちなみにそのペットショップでは、ブタさんとかクジャクの雄とか、とにかく目を引く生体が売られていましたけれど、小さな子どもにねだられてエキゾチックアニマルを買おうとしていた家族連れが何組かいたのですけれど、実に危なそうな感じでした。カワイイッ!、ってだけでペットなんぞ飼うと、放置、そして捨てるなんてことになる可能性大です。覚悟がないなら飼うなよ、お互いの幸せのためにも、と言いたいところですけれど、まぁ、見た目チャラいから世話をしない、って決めつけはよくありませんね。

Img_4568

 師匠のBlogを見て、あぁそうそう、ウチにもあるはず、と引っ張り出してみたら、こんな状態になっていました。わ、こいつら飼えるんかとよその人をバカにしてる当人が、萬年筆をほったらかしにしてこんなお姿にしてしまいました。ま、磨けば良いのですけれど、こういう模様のやつは綺麗に磨くのが実に難しいので、そもそも硫化させないってことが大切だというのに・・・。

 クラシックペンズのCP2、銀軸のシェーファー・タルガです。そしてこれはWAGNER2009SP2なので、Bニブつきです。東京まで出かけていって受け取り、その場でらすとるむさんに調整していただいたものです。当然、即インクカートリッヂを挿して、あぁ佳きかな、などと喜んで、その後はしまい込んであったので、そのまま干上がっているはずです。

Img_4573

 わぁ、と声が出るほど汚いペン先。これはいけません。萬年筆がかわいそう。さっそく綺麗に洗浄してあげることにしましょう。そして、軸も心を込めて磨き上げることにします。銀軸は黒くなったものほど尊いのだ、という日頃の主張はこの際忘れることにします。この萬年筆はやはり綺麗にピカピカしていないといけないはずです。

Img_4572

 干上がったカートリッヂの中に、小さな球が転がっています。これは、カートリッヂの「栓」だったものと思われます。シェーファーの場合、カートリッヂを挿すと実に小さな穴が空くのですが、その部分を塞いでいたパーツでしょう。この球がコロコロ転がることで、カートリッヂ内でインクが棚吊りを起こす可能性がグッと少なくなりますから、けっこうなことだと思います。

Img_4569

 ケースに収めて放置してあったので、上面、すなわち空気により触れていた部分がしっかりと硫化しています。上が汚くなった部分で、下がその反対側。こうして見ると、丁寧に磨けば何とか綺麗にできそうな気がします。何より、天冠と尾栓の部分が真っ黒になっているところに、本当に銀なのだなぁ、と変に感心したりしております。

Img_4571

 こうやって手元にある萬年筆を次々と棚卸しして、もう自分には必要ない、というか、手元に多いておく気がなくなったものはどんどんお嫁に出していかないといけませんが、怠け癖というものはなかなか治らないもので、そのための作業は遅々として進んでおりません。お盆の頃までに頑張って片付けをして空けたスペースに、また別のところからやってきた物品がドンと積み上がっている、という状況。季節はもう秋。だんだんと気候も良くなってきましたので、再度、頑張ってお片付けに励みたいと思います。

2022年9月24日 (土)

挿せない

Img_4555

 夜半に目を開けて何事かもの想う「ちち(仮名)」さん。こういうときは、飼い主が近くに寄っていっても、特に反応することもなく、やがて何事もなかったかのようにガクッと頭を落として再び眠りに堕ちるのです。

 健康のためには最低7時間は眠りましょう、なんて言われるのですが、飼い主の場合、ほぼ5時間で目が覚めてしまいます。草木も眠る丑三つ時といわれる時間帯までに床に入ることは滅多になく、下手をすると新聞配達のバイクの音を聞きながら眠りにつくこともあります。どのようにしたら7~8時間、ノンストップで眠ることができるのか、目下の飼い主の課題はその一点なのです。

Img_4557

 何の関係もなさそうなPILOTのRomanyと、LAMYのSAFARI。この2本には、意外にも初心者を惑わせる共通点があるのかもしれない、というのが本日の駄文のテーマです。

 いわゆる特殊合金ペン先を持つRomancy、この小ささでお値段5000円というのも凄いと思いますが、外装にはけっこう手がかかっています。お洒落な女性がバッグから取り出してちょこっとサインをする、というような用途にはぴったりなのかと思います。一方のSAFARIは、いわゆる「おとこニブ」です。くっきり「漢」と彫られた、それでいてハイレグカットなペン先をもつ1本。漢字を書くのに最適なペン先、といいますけれど、ホンマかいなと思います。もともとガッチガチのペン先、その穂先を少し細くしたぐらいで、そうそう変わるものではない、というのが私の出した結論。上手にペンを操ることのできる人ならば、綺麗な止め、はねを表現できるのでしょうが、そういう人はボールペンで書いても綺麗な文字になるはずです。

Img_4558

 Romancyで問題となるのがこの槍の部分。通常はこの部分がぐるりと取り囲む筒状のパーツがあるのですが、軸を細くするためにそれが省かれているのです。いかにも槍という感じで飛び出した部分にカートリッヂをあてて、ガイドなしでグイッと押し込む必要があります。初めての人にはやや難しいのではないかと思います。

 一方で、使う人に優しいというか、使う人を全く信用していないというか、そういう設計なのがSAFARI。萬年筆の同軸内にカートリッヂが収まった状態で手元に届くので、胴軸を一旦とり外して、Removeと書かれている段ボールの小さな輪っかを取り除き、しかる後に胴軸をねじ込んでいくと、何もしなくてもカートリッヂが槍に挿さるようになっています。

Img_4559

 先日の名古屋での宇宙遊泳、某ブースにて、5本用意されていたこの「おとこニブ」が、あっという間に売れてしまいました。そして、お買い上げになった方の中には、どうやったらカートリッヂを挿すことができるのかわかりません、というかたもいらっしゃいました。

 ここは難しいところで、そんなもん、失敗しながら自分で学んでいったらえぇねん、と突き放すこともできますし、そこで失敗して、何クソと再度萬年筆なりカートリッヂなりを購入して頑張る、となってくれたら、萬年筆を取り巻く業界が潤います。けれど、ほとんどの場合、そんなに面倒臭い、訳わからんもん、二度と使わん、となってしまう可能性の方が高いのではないかと思います。長いこと放置しておいた結果インクが干上がってしまった萬年筆を、ぬるま湯でゆすいでインクが通るようにしてあげると「凄い技を持ってる!」と騒がれてしまうのが現状です。まだまだ、萬年筆を取り巻く状況は、地道で丁寧な「布教」が必要であると思ったことでした。

Img_4560

2022年9月23日 (金)

萬年筆の日

Img_4550

 深夜とも言える時刻になっても、まだリヴィングの一角で眠り続けている「ちち(仮名)」さん。普段は夜8時を過ぎた頃から妻のあとをついて回って、ねぇ、もう寝たいの、とおねだりをするのですが、本日は一向に目覚める気配がありません。いつもなら、こんな風に熟睡していたとしても、お風呂の準備をする音を聞くとムクッと起き上がるのですが、本日は全くそのようなこともなく、思わず生存確認をしてしまったほどです。

 人間でもワンコでも、猛烈に眠たくて仕方のない日、というのがあるものです。台風が発生したぐらいですから、気圧が下がっていて眠たかったのかもしれません。飼い主も、朝早く起きてお墓参りに行くつもりでしたが、雨風が激しいことなどを理由に、なんやかんやと一日寝て過ごしてしまいました。

Img_4551

 写真に撮ってみて、あれ、こんなにホコリが・・・と気づいたハンス・オスター先生謹製のペンケース。世に言うでべそモデルというヤツですね。世の中には凄いペンケースがあるらしい。銀座の一等地にあるお店が造らせているらしいけれど、東京近辺に住んでいる人ですら買えない、っていう幻のモデルらしい・・・なんて話をしながら、妻と訪れた北欧の匠。駄洒落大魔王の成川さんは転倒にいらっしゃらず、この上なく上品な奥様が接客してくださったのですが、何と、ショウケースに現物が、それも2点も置かれていたのです。

 「えぇ、主人がつい先日戻って参りましたので。」ということでありました。ケースから出して見せていただくと、通常のモデルと、もう一つモンブランの149でも収まるという太めのスロットを持つモデル。そこにないはずの現物を前に、半ば呆然としている私に、妻は言いました。「どっちにするの?」と。そう、これは妻に買って貰ったものなのです。当時、ペリカンのM800の定価が5万5千円ぐらいでしたが、それを聞いて、まぁそんなもんやね、と平然と言った妻。私の妻であるのが不思議な、ちゃんと「値打ち」がわかっている人なのです。

Img_4552

 ずっと同じ場所に置かれていたので、内側までホコリが入り込んでおります。しかし、その堅牢さ、しっかりとした感じはかわらず、収納してあるペンをがっちり護ってくれています。ペンケースの材質というのは重要で、萬年筆の軸や金属部分などに影響を及ぼすような素材や接着剤、染料などが使われていると、ペンを護るどころか痛めつけてしまうことがあります。なので、大切なペンは適当なペンケースに入れてはいけないのです。下手をするとペンを買うより高い、というようなペンケースでも、大切なペンを護れるのなら安いものなのです。

 あとは、あのケースに入れておけば安心、とケースを放置してホコリまみれにしてしまう持ち主の問題。実は我が家には、中味が空っぽのままのペンケースがゴロゴロしているのです。それらの置き場所を確保して、中に入れる萬年筆を確定し、きっちり収めていく。そしてそこからはみ出したものについては、これからこの趣味に入っていく人などにお譲りしていく。それが、私の終活で一番大切なことなのでしょう。

Img_4553

2022年9月22日 (木)

見た目は立派

Img_4529

 お手々可愛いなぁ、と写真を撮りに行くと顔を背けた「ちち(仮名)」さん。たっぷりとしたクッションに乗っかって、両方の前脚をたら~んとさせた状態でこちらを見ているのが、実に可愛らしかったのですが、横を向かれてしまってはどうしようもありません。

 本日、飼い主は午後から健康診断でした。こんな老体を雇ってくれて、健康診断まで受けさせてくださるというのは実にありがたい話ではあるのですが、必ず胃の検診を行って結果を報告しなさい、なんていわれるのが辛いところです。昨年、一昨年と職場の健康診断をすっぽかしている私。現在の職場に雇い入れて貰う前に健康診断を受けましたが、歳と共に検査項目がどんどん増えてくるのを、あぁだこぅだと理由をつけては辞退しているので、野党側としては「そんなんじゃ困る」ということになるのでしょう。しかしながら、身内を見ても、健康のためには死んでもいいというような調子だった伯父も、世界が滅びても自分だけは元気でいるだろうと思えた父や母も、みんなあっけなくこの世を去りましたから、おそらく自分も、遠からずそうなるのだろうと思っています。なので、健康診断も、形どおりに終了。例によって、どこも悪くない、という結果が来ることでしょう。めでたし、めでたしです。

Img_4545

 いつ、どんな内容の雑誌に付いていた付録なのか、それすら思い出せない萬年筆。誌名はしっかりとクリップに刻まれていますけれど、比較的早い時期に雑誌の付録だったものであろうと思われます。ズバリこの萬年筆、見た目が立派です。ペリカンのM800と同じ長さで、それよりは細身ですが、金属軸なのでほどよい重さ。どこといって欠点のないペンです。この手の雑誌の付録であった萬年筆、あまりハズレというのを見た記憶がありません。本屋さんルートで売られているような萬年筆に匹敵するぐらいの、十分実用になる品質のもの、という印象があります。

Img_4547

 このペン先からも、わぁ、中華萬やなぁ、と。HEROとしっかり刻印が入っています。これが例のHEROなのかどうか、中華萬には全くといってよいほど興味がないのでさっぱりわかりませんが、段差を直し、自分の筆記角度に合わせてペン先を軽くさらって貰えば、どこといって不満のない、かといって気持ちよくてとろけそうというわけでもない、このペンが今手元からなくなっても何も困らないし残念でもない、という感じの1本です。

 ボールペンはあまり使わないのですが、ゼブラのSARASAシリーズの筆記感は大好きで、職場の机上のペン立てには何本も同じものを立ててあります。さぁ使おう、というときにないとテンションだだ下がりになるからなのですが、正直、この萬年筆が見当たらなければ、ボールペンで字を書きます。

Img_4546

 けれど、昨今の萬年筆の裾野の広がり具合を見ていますと、この手のペンがどんどん伸びてきている感じです。こういうガラクタみたいなペンを何本か持って、どこかのタイミングでそこそこ上等なペンを使ってしまうと、もう元には戻れない、という感じでここまで来ましたけれど、今の時代、萬年筆が趣味です、っていうひとはKAKUNOを20本揃えているとか、そういう人が多いように思います。

 一方で、某老舗萬年筆メーカーのように、ずんずん高級路線を走っているところも出てきました。こうやって二極分化が進んでいくと、お値段の割には出来が良くて穴場だよ、という、これまでの国産萬年筆のあり方も変わっていってしまうのかも、と思ったりします。まぁ心配しなくても、そんなことになる頃には字も書けないような体になっているか、そもそも彼岸にいるかですから、心配するだけ無駄というものです。

2022年9月21日 (水)

とろける

Img_4539

 日向でお散歩中の「まりりん(実名)」さん。甲長11センチの(ニホン)イシガメ、おそらく女の子です。2週間ほど前、職場に迷い込んできたのを保護したものです。カメを飼うのは初めてなので、あれやこれやと情報を収集して、ようやく彼女が落ち着いて過ごせる住環境を構築するところまでこぎ着けました。残る問題は、彼女がほとんど水中から出ないこと。陸場をこしらえて紫外線ランプを照射してあるのですけれど、そこで甲羅干しをする気配は全くありません。それでは心配なので、毎日30分ほど日向に出してお散歩をさせているのです。

 多分ニホンイシガメなんじゃないか、おそらく女の子なのでは、という程度のことで、職場にやってくる子どもたちからは亀吉とか亀太郎とか、いろんな名前で呼ばれています。よく食べて、その分大量に排泄をするので、飼育している水槽の水の管理が大変です。

Img_4543

 亀の飼育に必死になって、他のことに気が回らなくなったので、カップ麺の蓋をおさえるのにこんなものを使ってしまいました。見事に溶けてます。こうなるともう、ボケ老人です。

 昔からカップ麺の蓋をいかにしておさえるか、ということは一つの研究分野として確立されておりました。そのための製品も多数世に出されてきています。そしてついに、こんなものまで出てきた、というわけです。

Img_4541

 カップ麺の蓋をとめるビニールシールを廃止して、猫耳みたいな2カ所の突起を折り曲げておさえる方式に変更されたのはつい最近のことでしたが、今回はその折り曲げる部分にあるバーコードを読み込んでポイントを貯め、景品をあてよう、というキャンペーンなのです。軽佻浮薄な私がすぐに飛びつくのは当然のことなのです。

 ただし、カップヌードル各製品の中には、私が食べることのできない辛いものや隣国由来のものなどもありますので、それらは家族に頼ることになります。宝くじを買うときは、当たるはずなどないといいながら買います、っていうぐらいですから、これもオリンピック精神、参加することに意義がある、と割り切って楽しむことにいたしましょう。

Img_4544

2022年9月20日 (火)

古き佳き・・・

Img_4521

 お布団に突っ込んで熟睡されている「ちち(仮名)」さん・・・でしたが、写真を撮りに行ったところで彼女に見つかり、きゅんきゅんと鳴かれてしまいました。「お父さんはいません!」と宣言して、リヴィングルームから姿を消すと、諦めて鳴き止みました。お腹の調子が悪くてお散歩に連れて行って欲しい、というような鳴き方をするので、ついついケージから出してリードをつけ、深夜の街に出て行くのですけれど、結局何も梨で帰ってくる、ということが続いておりました。甘やかすというのはよくないことです。ワンコを甘やかしているようでいて、実は自分を甘やかしているだけなのです。他人に厳しく自分にはめちゃくちゃ甘い、という、元から腐り切っている自分を呪う毎日です。

Img_4526

 先日お邪魔した岡崎信用金庫資料館では、とっても「どヘンタイ」なグループに遭遇してしまいました。私より年上のご夫婦と、その弟さん。お仕事をリタイアされてから萬年筆沼にハマり、今では中華萬ばかり何本も持っているのだ、というお話でした。普通ならそこで、あぁそうですか、楽しんでください、で終わってしまうのですけれど、昨今の中華萬の品質の高さに話題が及んでしまい、そこから一緒に館内のパネル展示を見て回りつつ、僭越ながら簡単な解説をさせていただく、という流れになってしまいました。

 萬年筆って、ペン先の柔らかいものが偉い、っていう認識が強いのですけれど、それは必ずしも正しくありませんし、そもそも、物理的な固さと、書き手が感じる固さとは違います、というようなお話、14KのKって、「きん」ではなくて「カラット」ですよ、なんてお話も。ペリカンは有名ですけれど、夏目漱石はそれとは別のペリカン萬年筆に墨汁入れるなんて無茶もしたんですよ、などなど。話が停まりませんでした。

Img_4527

 あぁ、これなんだな、と。いわゆる「萬談」ですね。詳しい人と詳しくない人との間でも、一方的ではなく話が弾みますし、私のようなド素人でもある程度のお話はできます。で、一緒に来られていた弟さん、どうやら技術畑の方とお見受けしました。烏口使ってましたとか、第二原図のお話とかで盛り上がってしまいました。烏口を使っていた人になら、萬年筆のインクが出てくる仕組みを解説するのも簡単です。ミュージックのペン先には何で切り割りが2本?と聞かれて、それはですねぇ・・・と。切り割りが1本しかないメーカーもあるけれど、そこはペン芯の設計が優秀なんでしょう・・・と、話があっちこっちに発展していきます。

 で、結局どんなペンがいいんだろうね、という話の中で、やっぱりバランスでしょうね、ということに。バランスといったらM800です。中でもビッグトレド系のバランスが個人的に大好きです。

Img_4528

 手元のトレド系萬年筆には一通りインクを入れていますけれど、こちら、メタルストライプにはまだインクを入れていませんでした。軸の色を考えると、やっぱり黒インクを入れるべきなのかもしれませんが、Bニブですので、濃淡が綺麗に出るようなブルー系統のインクを入れてみたいという気持ちもあります。かつては、大好きなペンに好みのインクを入れたものを何本も持って会合に赴き、これどうよ、ってな感じで無理矢理人に試し書きさせる、っていうのをよくやってましたが、最近はそういうのも少なくなったなぁ、と感じます。

 そんな萬談ができる場所、として始まった神戸ペンショウ。今年もやります。あと2ヶ月です。TwitterやInstagramで告知されていますけれど、もうお爺さんになってしまっている私には、SNSというもの、使えてはいるけれど、今ひとつよくわかりません。とりあえず、今年の出展者が決定しましたので、サッと見られる場所、ということでこちらに置いておきます。

TAG STATIONERY STORE
SHINARI
HASE硝子工房
ショーン・デザイン
万年筆研究会/WAGNER
文具館コバヤシ
N御大
Pen and message.
The nib shaper
dünn(デュン)
Glass Studio Toos
里山の木工房
北晋商事
㈱プロファックスジャパン
590&Co.
ル・ボナー
ペンネジューク
Tono&Lims
ナガサワ文具センター
哲磋工房
ギフショナリーデルタ
綴り屋
笑暮屋
(株)四葉商会
DRILLOG
乙女座会
うさぎや
書斎館/STATIONERY STATION
Laurett's
石丸文行堂
Bundigo
ペレペンナ
NO DETAIL IS SMALL
・・・・・・・・・・・・・・・・
「ワークショップ」
Bechori
Shin calligraphy

 

 

2022年9月19日 (月)

あえて

Img_2109

 飼い主に背を向けて眠る「ちち(仮名)」さん。あれこれ工夫している内に、お布団(枕)の高さはちょうど良い具合になったのですが、それを維持するためにはこの向きで寝るしかないので、向こうを向いているのです。最も飼い主とその家族にとってはこの方が好都合でもあります。ネタと思って油断していると、ひょいっと目が合った際に鳴かれて、結局相手をせざるを得ない、ということがよくあるからです。ですので、飼い主も最近は彼女が寝るやいなや別室へ退避する、という日々を送っております。

 実は最近、とっても哀しい事件がありました。仕事用のワイシャツが傷んできたので、仕方なく閉店時間間近のスーパーへ行って、白いもので一番安いのを探して3枚も買ってきたました。私が着る物にお金を出すなんてよほどのことです。それはひとえに、着る物にお金を使っても費用対効果があまりに低いから。どんな良いものを買ってもおろしたその日にひっかけたり穴を空けたりするので、いつも売り場で一番安いものを選びます。そして今回も、その選択が間違っていなかったことを思い知らされたのです。

Img_4512

 局に留め置きの郵便物を受け取る用事があったので、ボールペンと浸透印が一体になったものを胸ポケットに挿して出かけたところ、帰宅したら胸ポケット周りに赤いシミが。そしてその翌日、萬年筆のカートリッヂを交換しようとしたときに、ポチッとインクを飛ばしてしまいました。何と、清水の舞台から飛び降りる覚悟で買ったシャツ、3枚の新しいシャツの内2枚が、着られないものになってしまったのです。

 私にとっては1枚3000円「も」する安物のシャツ。安物ではあっても、私にはふさわしいものだったのに、実に残念です。結局、古いものを再度洗濯屋に出して、古びているなぁと実感しつつ仕事のある日には着ていくということに。新しいシャツを買ったいきなりケチが付いたので、もうシャツなんか買わないぞ、と意地になってしまっております。

 で、そんなみすぼらしいお爺さんの手元に、こんなちょこっとお洒落な萬年筆があるというのも、実におかしな話です。このペンを買えるだけのお金があれば、もう1ランク上のシャツが買えたかもしれません。まぁそれでも、すぐに汚してしまうという宿命からは逃げられなかったのでしょうけれど。

Img_4513

 セイラーの古い萬年筆。14Kのペン先には、GOLD FROM THE SWISS BANKの刻印。先日の般若心経と同じですね。わざわざこんなことを刻印してあるのだろう、というのがずっと謎でしたし、今も謎は解けておりません。

 今回、あれこれ調べてみますと、いわゆる「金の延べ棒」インゴットには、ブランドの刻印がなければならないようで、SWISS BANKというのもそういったブランドの一つとして刻印されているのだそうです。ゴルゴ13に送金する先、としてのスイス銀行とは、また違うようです。

 けっこうヘンタイなペンを世に送り出してきたセイラー萬年筆ですが、ペン先にこういう刻印をするということは、ウチのペン先、いい加減な金は使ってないんですよ、というアピールなのでしょうか。かつては、けっこう妖しいルートで流れてきた金のインゴットも少なからずあったということですから、そういう時代ならでは、のペン先刻印だったのかもしれません。

 などといっている内に、休日用のシャツにも背中をかきむしったときについたと思われる血液のシミを見つけてしまいました。還暦過ぎたいいオッサンですが、オン、オフ関係なく、薄汚い姿でウロウロしてますので、危なくはないんですよ、って刻印が必要かもしれません。

Img_4514

2022年9月18日 (日)

大正ロマン

Img_1137

 お散歩から帰って玄関へ上がる階段で腰が抜けてしまった「ちち(仮名)」さん。よくあることなので、もう誰も騒ぎませんし、彼女自身も腰が抜けたからといって焦る様子もなく、ただただ前脚で掻いて前へ進もうとするだけです。

 マリリンを3日間職場に残しての愛知遠征、自身も爺になっているのでいろいろと心配なところもありましたが、何とか無事にいって帰ってくることができました。お休みの日とはいうものの、普段の日よりよく動いたような気もします。

Img_4508

 台風の接近に備えて、いつもはお店の入り口で迎えてくれているペンおじさんも屋内駐車場へ退避済み。東海地区の皆様には写真に写り込んでいるポスターもよくチェックしていただければ、と思いますが、日付を見ると平日というのが少し、ね。

 本日はここ、ペンズアレイタケウチさんにお邪魔して、お店でのイヴェントと、お店の真向かいにあります岡崎信用金庫資料館で開かれている企画展、「萬年筆の世界」を冷やかしてみる、というのが今回の目的でした。

20220808_info_000001

 本日はこちらの会場で、デルタボスによる「自分でインクを調合しよう」というワークショップが行われたほか、PILOTの貴重な萬年筆の展示、萬年筆の歴史を概観できる各種資料の展示が行われておりました。会場内で待機しておりますと、いろんな年代の方が来られて、ときには萬年筆談義に花が満開、というような状況もありました。

Img_4507

 大正時代の名建築として知られているこちらの建物、いつも目にしていながら、中まで入らせて貰ったのは今回が初めてでした。これでも保存されるにあたってしっかりと免震構造への対応がなされていて、館内ではその構造の一部を見ることができます。万年筆やインクが好きな方であれば、ペンズアレイタケウチさんにお邪魔するのに合わせて、ぜひ観覧していただければと思います。

Img_4504

 その他、おやかたによるTWSBI製萬年筆の分解・清掃・組み立て講座なども開かれましたが、自分たちが日頃何気なく、それこそ耳掃除をしたり鼻をかんだりするような感じでやっていることが、知識や経験のない人にはとんでもなく難しいものなのだなぁ、などと思いつつ、時折、親方の説明通りにうまくいかない方のサポートもさせていただいておりました。今後も、全国のどこかでゲリラ的に開催される可能性がありますので、興味のある方は関連しそうなイヴェントを要チェックです。

Img_4505

2022年9月17日 (土)

秋は、、、

5de6e93534454eb0bca94b4dbc252b6e

 名古屋駅前で見かけたわんこたち。こんな大きなワンコが3頭もいたら、家の中ワヤになるなぁ、と思いつつ、真面目に運転。本日はお休みの日ですが、お仕事のある日より1時間早く起きてクルマで名古屋へ。東京や大阪などから新幹線でやってきた人たちをピックアップして、ポートメッセなごやへ向かいます。

4aeb78057054497d987338b43fe4ab13

 色々と大変なことが多いと思いますが、こうしたイヴェントを年に何度も開催されているのは実にすごいことだと思います。

 私自身はガラスペンやインク、紙ものにほとんど萌えないので、今回もこのイヴェントのついでに人と会ってあれこれ相談、っていうのが目的。なので、会場内では食事と清涼飲料水以外にお金を使うことなく終わりました。

22bef9d9422b454d93aa926fde87a4ed

 さて、あと2ヶ月で神戸ペンショウです。萬年筆を中心に据えた、みんなが楽しく過ごせるイヴェントにしたいと思っております。宇宙遊泳とはまた違った、ユーザー側で企画運営をして販売店さんなどにご協力いただく、というものです。厳しい残暑も少しずつ和らいで参りました。合言葉、思い出してください。秋は神戸で萬年筆、です。

2022年9月16日 (金)

ゴシック体

Img_1140_20220917010301

 お散歩から帰ってきた「ちち(仮名)」さん。長女にはこのように自然な写真を撮らせます。お婆さんになった彼女ですが、アングルや撮り方では可愛らしくも写るのですね。

 職場でかわいがっているカメさんに、本日、下部が空洞になっている陸地をプレゼントしてあげたのですが、肝心の陸地に上るのではなくて、シェルターの部分に引きこもりっぱなしになってしまいました。それだけ、居心地が良い、落ち着く、ということなのでしょうけれど、この三連休は職場に出向きませんので、水を替えたり餌をやったりというお世話がありません。快適な環境で何とか乗り切ってもらえたらと思います。

Img_4494

 敬老の日もまだなのですけれど、そのあとすぐに秋のお彼岸も来ることですので、セイラーの般若心経萬年筆です。海外向けに胴軸もキャップも銀製でしっかりと行書体で経文が彫られたモデルがありますが、これは国内向け。蝕刻で刻まれている経文はゴシック体です。

Img_4493

 キャップの方、クリップのすぐそばから、経文が始まります。そのまま左の方へ、キャップの中だけで経文が続いていきます。萬年筆を縦にして持ち、顔の正面にクリップが来るようにしてから右へ右へと軸を回していくことで、お経を唱えられます。私の場合、母が亡くなった際に暗唱してしまいましたが、やはり日頃から唱えていないと、途中でど忘れしてしまうこともあります。そういう場合には便利かもしれません。

Img_4492

 ぐるりと一周回ってクリップの右側まで来ると、そのまま胴軸の方へと立て一直線に読み進めていきます。「無苦集滅道」の「滅」でキャップはおしまい、「道」から胴軸へと入るのです。なので、キャップを閉めるときにはここを揃えておくのが良いのです。

Img_4495

 このモデルには、スイス銀行からやってきた14Kのペン先が付いています。このほか、菱形のインレイドニブで18KWGというモデルもあるようです。ペン先だけではなく、クリップや天冠、尾栓などの意匠も違ってきます。そういういろんな違いのあるものを片っ端から集めたい、という気持ちが芽生えると、人は底なし沼に沈んでしまうのです。そんな危ないときには、般若心経を唱えて修行することをおすすめします。

2022年9月15日 (木)

みえる

Img_4462

 隙あらば甘えてやろうという構えの「ちち(仮名)」さん。飼い主には私以外に気になるペットができたみたいだ、というのを感じ取っているのかもしれません。実際、ここ2週間ほどは一生懸命に亀の飼育について研究を続けておりました。ワンコはそういうところをよく感じ取るものです。

 で、こういうときには彼女の視界から消えてしまうのが一番です。夜が更けてから彼女の目にとまると、お散歩に連れてってぇ、とギャン鳴きするので、ご近所に迷惑になってはいけないと要求に応える、そして彼女は味をしめて・・・というループに陥らないためです。

Img_4463

 何となく蒐集していたら、使いもしないのに手元に集まってきた萬年筆達。この中の1本は、意識して探しましたし、手に入ったときには相当喜んだものですけれど、その他のは何となく我が家にやってきた萬年筆です。最近ではクラシックシリーズということでばんばん新しい製品が世に出ておりますけれど、そんなにペリカンの鉄ペン付き萬年筆って良いものなんでしょうか。

Img_4464

 この天冠に何の模様もないもの、これが必死になって探した1本。けれど、せっかくの1本にしっかりとインクを入れて使い倒していたので、今ではあっちこっちにインクがこびりついて、強力な洗浄液を使っても落ちない状態になっております。やはり透明軸の萬年筆なんてものは見お手楽しむだけにしておくものなのでしょう。

Img_4466

 これでも、時間と手間をかけて洗浄したのです。以前にもこの萬年筆を取り上げて、しっかり洗浄しまっせ、という記事を書いた記憶があるのですが、いくら時間をかけようが、どれほど強力な洗浄液を使おうが、素人が分解できる範囲でやっている限りはここまででしょう。このまま、また青いインクを入れて使えば何の問題もない、というのもまた真実です。

Img_4467

 この週末の三連休は、台風に蹂躙されて雨続きという予測ですが、17日には名古屋での宇宙遊泳にお邪魔しようと思っております。その翌日18日には、岡崎信用金庫史料館で開催されている企画展「萬年筆の世界」に、Y.Y.Pen倶楽部の末席を汚すものとして参加いたします。そんなイヴェントの時には、こういう透明軸で吸入式、っていう萬年筆がけっこう活躍してくれるものなのです。

2022年9月14日 (水)

学習する

Img_4357

 大好物であるササミ肉にかぶりつく「マリリン(実名)」さん。おそらく、たぶん、女の子であろう、ということでこのお名前になっておりますが、とてもやんちゃなカメです。ほとんどの時間を水中で過ごしており、苦労してこしらえた陸場には滅多に上がってきません。そうなると、カメもワンコと同様、食べるもので釣ってしつける、という手を試してみたわけです。

 一般的なレンガ1.5個分の高さを苦もなく一気に上ってきます。一応階段も設けたのですが、彼女には不要なようです。毎日退勤時に水槽の水を全部新しくして、このレンガの上に餌鉢を置いておくのですが、翌朝見るときっちり餌が減っておりますから、ここへ行けば餌にありつける、と学習してくれたようです。

Img_4451

 セイラーが続きます。本日は鉄刀木のシルヴァートリム。このペンの普通っぽさ、質実剛健な感じが好きなので、オークションサイトなどで見かけるとつい手を出してしまいそうになるのですが、そういうことをしているとどんどん本数が増えていってしまいます。これは21Kのペン先を持つモデルなので、あとは18Kとか23Kとかのペン先が付いたものが出てくればパクッと行くかもしれませんが、このペンのファンはけっこう多いようで、いつも競り合いになると降りてしまう、ということが続いています。

Img_4452

 しかし、歳をとって終活を進めるべき時期に入っているわけですから、この先、どんどん萬年筆の本数を減らしていかなければなりません。コレは良いぞ、などと見つけたら食いつくということを繰り返していてはいけないのです。

 それに、自分はある程度のものは集めて楽しんできたわけですから、この先この道に入ってくる人たちに譲ってあげてもいいだろう、という、私にしてはなんとも珍しい広い心を持ったりしているわけです。カメのマリリンちゃんでも、満足するだけ食べたらその先は大好物を鼻先に押しつけられても見向きもしません。見習うべきでしょう。

Img_4453

 こちらの萬年筆、ペン先には「4」の文字。このモデルも、比較的新しいものは一般的なFとかMといった刻印になっていたので、このペンはそれ以前のものということになるのでしょう。4は、多分中字だったかと思いますが、教わっても忘れてしまったりすることはあるものです。

2022年9月13日 (火)

しかとみる

Img_4424

 この前、飼い主からのお土産を無視した「ちち(仮名)」さんですが、それはあまりに角のままだったから、ということでお母さんがのこぎりで小さく切り分けてくれました。小さくなった鹿の角を家族が手に持ってやると、嬉しそうに噛み噛みするのです。そんなことで歯の健康に寄与するのかどうか甚だ疑問ですが、まぁ噛まないよりはマシなのでしょう。

 本日も飼い主は退勤後にホームセンターやらペットショップやらを回ってカメさん飼育に役立ちそうなものを物色しておりました。今週末は三連休ですし、土曜日曜は地元におりませんから、私が職場に行かなくてもカメさんのおうちが快適な(水)環境を保てるように、何とか手を打っておく必要があるのです。

Img_4447

 本日も洗浄のためにペンケースを漁っておりました。引っ張り出してきたのはセイラーの75周年記念。こういうペンにもインクを入れて板というのに驚きます。今ではあまりやらなくなったのですが、かつては手持ちのペンのすべてにインクを入れ、何本も収められるペンケースに入れては同好の士が集まりそうな場所に持って行って見せびらかし、ほれ書いてみろと強制し・・・というような、罪深いことをしていたのです。

Img_4448

 錨の中心線と、クリップの線とがぴったり一致しております。かつて、ここにズレのあるペンを買ってしまったら天応工場へ持ち込むべきだ、と主張しているYouTuberさんがいて、大いに盛り上がったことを思い出します。で、実際に製造に携わっている人に内情を聞いてみたところ、天冠を締め付けるのはパートのおばさん達で、その力加減でズレることなんてザラにある、っていうことでした。まぁ、そうでしょうね。

 で、奥の方にボケて写っているのがペン先。件のYouTuber氏なら、「ニヤリ」なんて言うところです。

Img_4449

 比較のため、全日本マット軸協会からプロフィットの18K太字さんに来ていただきました。75周年は先端部が黒くなっています。18Kのペン先を見ると、1911の文字や錨のマークを取り囲むようなラインがくっきりと見えますが、75周年はこのラインより外側が黒くなっているのです。あんまり、意識したことがなかったので、久々にキャップを開けたときに「ありゃ、何と汚いペン先」と思ってしまいました。黒いのは何故なのか。75周年はカーボン軸なので黒いんでしょう、と思っておりますが、それで合っているでしょうか。たしかヨネックスあたりの協力も受けたとか、そういう話もあったように思いましたが・・・。

2022年9月12日 (月)

いぶし銀

Img_4435

 ぷいっと横を向いて、ただただカメラが去って行くのを待っている「ちち(仮名)」さん。飼い主にはとても愛想の良い彼女ですが、カメラに対してはとても冷たい態度を取ります。

 今週末からの三連休に備えて、職場で買っているイシガメのマリリンに綺麗な住環境(水)を提供できるよう、あれこれ考えてやっておりますけれど、適切なフィルターが見つからず、なおかつ、アンモニアを無毒化するための方法についても、今ひとつ対応が進んでおりません。現状、お休みの日でも一度は職場に行ってカメさんの水槽の水を取り替える、という作業を続けておりますが、カメというのは無情なもので、自分の周りの水が綺麗になると気持ちが良くなって大量に脱糞をする、という難儀なことになっております。

Img_4436

 PILOTエリートの銀軸。キャップだけ銀というものと、このように胴(尻?)軸まで銀というものがありますが、やはり中途半端は良くないので外装すべて銀で。これが大好物で、わがやにはまだ2~3本どこかにあるはずですが、現状、整理が付いているのはこの3本です。

 パッと見て、真ん中の1本があまり良い状態でない、ということがわかるかと思います。一番下は、私の好みに沿っていい感じに硫化が進んで黒くなっております。

Img_4437

 格子模様の「溝」の部分、ただ彫り込んであるだけではなかったのだ、ということがわかります。全体に黒くなるのにまかせているので、溝の中が元からきちんと黒くされていることは今ひとつ注目されませんが、状態の良くない個体の場合、黒い部分が黒くなくなってしまいます。蝕刻仕上げというもの、最新のモデルにもどんどん採用して貰いたいものですが、これだけ貴金属の価格が高騰してくると、銀で造るということ事態非現実的なものになってしまうのでしょう。

Img_4439

 偶然ではありますが、この3本、すべて中字です。私はもともと、細字系の萬年筆を中心にコレクションしてきましたので、これは珍しいことなのです。いつまで経ってもマシにならない、ひょろひょろとした筆跡を見ていますと、これは筆記線の太さだけでももう少し堂々とさせないとどうにもならん、ということで、最近ようやく太字のものが増えてきたのです。これらもまた、しっかり洗浄して、できればペン先や樹脂の部分なども綺麗に磨いてあげたいと思っておりますが、なかなか手がつけられないのが辛いところです。

2022年9月11日 (日)

ヘンタイ

Img_4427

 お布団を複雑な形に成形して眠る「ちち(仮名)」さん。傍で見ていると甘えてくるので、その場面は見ていないのですが、きっときゅんきゅん鳴きながら成形していたのでしょう。彼女にとっては、お布団の上に乗っかることよりも、顎や頭を載せることの方が重要であるようです。

 昨日のお昼に水槽の水を綺麗にしたので、まさかとは思いつつ、職場で飼っている亀の様子を見に行きましたら、濾過用フィルターの水流がずいぶんと弱くなっておりました。水槽の水はさほど汚れてはいなかったのですが、フィルターに亀さんの体から出てきたものが詰まっている状態なので、放置しておくと遠からずフィルターが機能しなくなり、水は濁り、フィルターも過負荷で壊れてしまう可能性があります。明日はお休みをいただいておりますので、とりあえず水を替え、フィルターを分解清掃してセットしたのですが、いつまでもつでしょうか。

Img_4434

 水の中で暮らす生き物について専攻していた次男を連れていき、いろいろと意見も聞いてみたのですが、結局のところ、かけた労力に見合わないことが多い世界、要するに愛好家なんてヘンタイなんだという言葉が出てきました。どんな分野でも、突き進むとヘンタイになるようです。

 写真はParafernariaの FALTER 2D というボールペン。これがこうしておいてあると、変わった形の爪切りやなぁ、とか、そもそも何に使うものなのかわからん、とか、そういう感想になるでしょう。2Dというぐらいなので、製品として手元にきた時点では2次元、すなわちぺったんこなのです。そいつを難儀して組み立てるとこの形になるそうですが、難儀した記憶はないので、おそらく組み立てたあと、飽きてしまった、或いは愛想を尽かした人から譲って貰ったのだろうと思います。

Img_4431

 こうやって、あぁこれがリフィルなのね、と思われるもののお尻の部分を押し込みます。といっても、ホンの少し出ているところを器用に押す必要があります。弧を描いているフレームの上部には2カ所の穴があって、そのうちの一つにリフィルのお尻が引っかかっています。それを押し込むことでリフィルのお尻はフリーになりますが、すぐにもう一つの穴に引っかかって固定されます。これで筆記可能な状態になります。

Img_4432

 芯を引っ込めるときは、弧を描いているフレームを押すように動かすのです。リフィルの後端が引っかかっていた穴から外れて、先端部に接しているスプリングの力で押し戻され、最初に収まっていた方の穴に引っかかって固定されます。面白いのですが、実用性についてはなんとも言えません。もちろん文字は書けますが、その形状ゆえに快適な書き心地とはいいがたいものがあります。それでも、こういうものを面白がって手元に置いておきたい、或いは実際に使っていきたい、というのがヘンタイなのでしょうね。

Img_4433

2022年9月10日 (土)

猛暑

Img_4325

 肉球を見せて熟睡中の「ちち(仮名)」さん。エアコンの効いた室内で暮らしている彼女は、換毛の時期もずれていて、真冬だというのにみすぼらしい姿をしていたり、真夏にモフモフだったりしています。これはワンコだけの問題ではなくて、飼い主にもその傾向があります。かつて真夏に炎天下で草刈りに励んでいた頃は、体力の消耗は激しかったものの、汗をかくべき時期には汗をかく、という普通の体でしたが、最近はそうでもないように感じられます。エアコンに頼りっぱなしの生活を考え直さなければと思いつつ、実行はできない、それが私です。

Img_4412

 朝からお仕事をして、そのあと電車に乗って京都へ向かうつもりでしたが、あまりの好天に断念して、エアコンの良く効いた自動車で向かいました。都市部は怖くて走れない、なんてことを平気で言うドライヴァーがおりますが、20歳の時に自動車教習所の入所検査で酷いスコアを叩き出して、「入学金返しますから、免許取るのは諦めてください」と言われた私でも、誰も殺さず電柱も倒すことなく無事に運転を続けてきているのですから、結局、精進するかどうか、ということでしょう。都市部の運転は怖いなんてことを平気で言うなら、田舎道であっても走らないで、できれば免許証を返納していただきたいものです。

Img_4411

 京都文化博物館は現代的な建物なのですが、その南側にある別館は、かつて日本銀行京都支店だった建物です。昨日から明日まで、この別館を会場として第2回の京都手書道具市が開かれています。ちなみに、本館と別館との間にある喫茶店は、かつての大金庫を活用しています。京都に行かれることがあれば、ぜひ、金庫室の中でお茶する、という体験をしてください。

Img_4414

 事前に入場する日時を選択してチケットを購入する、というのが基本スタイル。本日の受付でのやりとりから推察すると、当日券もあったようです。昨年はとにかくものすごい人で、チケットも早々に完売となっていましたので、今年は少し落ち着いたと言えるのかもしれません。しかし相変わらずの暑さ。古い建物に床置きの大きなクーラーを置いただけなので、とにかく暑い。昨年は真夏の開催だったので、それより少しマシになっているはずですが、それでも暑い。会場内は人、人、人なので、余計に暑いのです。皆さん熱心に品定めをされていましたので、その熱気に押されてほとんど何も見られませんでした・・・というか、こういう催しでちょっと良いなと思ったものを買っても結局使わない、という経験を繰り返してきているので、敢えて抑制していたということもあります。

Img_4413

 入場者にはノベルティとしてトンボ鉛筆謹製の赤青鉛筆と、このポストカードが渡されます。場内でのスタンプラリー、ポストカードの裏面は真っ白なのに、あえてこちらの面にスタンプを捺しているのは、ハガキなんて使うことはない、という自信の表れです。情けない話です。熱気に触れてみたい方は、明日、会場に行ってみてください。明日の第三部については、まだ入場券が残っているようです。

2022年9月 9日 (金)

附属品

Img_2107

 鼾をかいて熟睡する「ちち(仮名)」さん。マメな人は、その鼾と共に動画をアップするのでしょうけれど、私は具体的にどうやるのかもよくわかっておりませんので写真だけ。いろんな機器を使ってはいますし、他社から見たイメージでは「詳しそう」「使いこなしてる」という感じらしいのですが、実態は、テレビ番組の録画予約すら満足にできずに息子や娘に頼んでいる、というオッサンなのです。

Img_4372

 今や入手困難なウォーターマンCF仕様のコンヴァータを使う、金貼りのウォーターマン・グッテ(Goutte)という萬年筆。グッテというのは、雫という意味だそうです。いわゆる玉クリップ、これが雫。これに合わせるために、キャップの頂点や尾栓も丸い、ということのようです。キャップをとらなければ、そこそこ好みのタイプです。真鍮の軸に金張りで、そこそこ重みもあります。

Img_4373

 首軸の樹脂の質感が好きではありません。国産萬年筆の、それも鉄ペン先の普及価格のもので、こういう首軸をよく見かけました。金貼りで豪華な装いなのに、ここを見るとそういうのを思い出してテンションが下がります。筆記するには、この縦方向のリブが滑り止めになっているので理にかなっていると言えるのですが。

Img_4374

 面白みのなさそうなペン先。ぐるっと回り込んでいますから、実際に書いてみなくてもガチニブだろうなぁと思われます。早書きする人や筆圧の高い人、萬年筆を初めて使うというような人には、こういう堅そうなニブの付いたものでインクフローの良いものを勧めています。偉そうなことをいっても、私自身、コントロールがうまくできませんから、柔らかなペン先は使いこなせません。

Img_4375

 そしてこのペンを手に入れたのは、このコンヴァータが付いていたから。今から40~50年ほど前のペンのようですが、ウォーターマンCFと同じタイプの、今や絶滅危惧種となっているコンヴァータを使います。このコンヴァータ、槍にささる部分は非常に丈夫にできているそうで、経年劣化で腐ってしまったゴムの部分を取り除いて先端部のみを残し、それをセイラーのコンヴァータとガッチャマンすることで、普通に使えてしまうのです。不器用なので自分ではできないのですが、将来のために、一つ手に入れておくか、ということで。萬年筆がコンヴァータの附属品、という難儀なパターンです。

2022年9月 8日 (木)

見た目

Img_4363

 中途半端に「三輪さん」している「ちち(仮名)」さん。「三輪さん」スタイルといえば、今は亡き「くま(仮名)」さんが本家でしたが、それよりもヘソ天で爆睡、というスタイルの方が多くみられました。「ちち(仮名)」さんは、絶対といってよいほどヘソ天をやりません。とにかく気が小さいので、そんな大胆な寝方はできないのです。こういう「三輪さん」のスタイルですと、何かあった時にすぐ立ち上がって逃げることができるのですが、すでに彼女は後ろ脚が弱っているので、ここで何かに驚いても、ガサゴソともがくばかりでなかなか立ち上がることはできません。

Img_4359

 いつ頃我が家に来たものか忘れてしまいましたが、最近発掘されたうちの1本。シェーファー レガシー ヘリテイジ ルックオブレザーという何とも大時代なお名前のペンです。レガシーにヘリテイジって、めっちゃ重ねてきてますが、その割にはルックオブ、と、自らまがい門であることを名乗っております。革は一切使ってないけど、ほれ、まるで革みたいでしょ、という自信の表れでしょうか。

Img_4360

 握ってみた感じ、え? これ革巻いてるの? と一瞬思います。ラッカーを塗り、革のシボみたいな凹凸を付けてあるのでそのように感じるのですけれど、いや、これ、革巻いてるねん、と強弁したら案外そのまま受け入れられてしまうのかもしれません。

 そもそも萬年筆っていうだけでも変なのに、さらにシェーファーで、とどめにこの外装。ヘンタイここに極まれり、です。これも全オーナーが挿したと思われるカートリッヂがそのままになっていますので、コンヴァータを探してぬるま湯の出し入れをするところから始めて、きちんと洗浄してあげないといけません。

Img_4362

 萬年筆はペン先が柔らかいのが偉い、とかたくなに信じている人、周りの人まで巻き込んでいる人が結構いますけれど、そういう方々にはぜひ、シェーファーの固いペン先が紙に触れたときの柔らかなタッチ、というのをぜひ味わっていただきたいと思っています。

2022年9月 7日 (水)

消化試合

Img_4350

 例によって例の如く、お布団をまくり上げて枕にして眠る「ちち(仮名)」さん。せっかくのお布団なのですが、彼女にとっては床に寝て枕をあてる方が快適なようです。この先、だんだんと涼しくなってくれば、また状況は変わってくるでしょう。

 昨日は地域の皆さんとの合同会議が夕刻から開かれるために、勤務時間が4時間後ろにずれるということだったので、会議が終わったあと岡山まで新幹線で出て宿泊し、本日まるまるお休みを貰って予讃線の下灘駅へ向かう、という計画を立てておりました。下灘駅では夕暮れと日没後の様子を見て、松山に戻り、道後温泉で汗を流してから夜行バスで大阪へ戻って、明日の朝そのまま出勤、という見事な計画だったのですが、台風接近の影響を食らうと困りますので残念ながらキャンセルとなりました。

Img_4345

 この10日までに使わなければならない青春18きっぷ最後の1回分が残ってしまいましたので、無理くり鳥取へ。写真が下手なのでわかりにくいのですけれど、このTOTTORIというメニュメント、しっかり砂で造ったような感じに仕上げられています。相当前に鳥取へお邪魔した際には、この写真の左手、駅前から横断歩道を渡ったところにあったはずの「あれ」が見当たらないので、さてはなくなってしまったのかと思いましたが、駅で売られているお土産物にはしっかり名前が残っておりましたので、ちょっと探してみました。

Img_4344

 残念ながら、お邪魔したときには営業されてませんでした。駅前から鳥取大学の方へ向かう商店街のかかりのところにこのお店はあります。このままさらに進むと、そう、万年筆博士のお店がある通りです。きちんと計画を立てて家を出ていたならば、愛用の萬年筆を持って行って健康診断をお願いするところですが、何事にも無計画で行き当たりばったりな私にそんなことができるわけもありません。

Img_4356

 白檀、という名前にしては濃い色になってきました。もともと白木ではなく拭き漆が施されていますが、使い込んでいく内に熟成されてきたようです。当時はそれこそ清水の舞台から飛び降りるような気持ちで注文したものでしたけれど、最後に一本手元に残す萬年筆、の候補であることはたしかです。

Img_4351

 20世紀梨でもおみやげに、と思いましたが、あまりにも芸がないなぁ、などと思いつつ、結局はさらに芸がないお土産に。砂、砂、砂、鳥取というと何でもかんでも砂です。そう揶揄されそうなところを逆手にとって、あれこれ話題づくりをしてアピールする知事はヘンタイなのかもしれません。

Img_4352

 長い髪の女性か、それとも駱駝か。それだけの違いしかない、といったら叱られるでしょうか。見事にイメージを寄せていってます。この夏の最後を飾る18きっぷの旅でしたが、だんだんとしんどくなってきているのも事実。今後は、宿泊を組み合わせてゆったりとした旅にしないと、さすがの私も、乗り鉄オンリーでは体力的にキツくなってきました。

Img_4349

2022年9月 6日 (火)

しかと

Img_4339

 今宵もおとなしく寝ている「ちち(仮名)」さん。ある程度夜が深まった時点で飼い主の姿が見える、近くに存在を感じるという場合に鳴き叫ぶのだ、と長女が言いますので、最近は早めに寝室へ引き揚げて彼女との接点を絶つようにしております。その成果が出たのか、夜中に鳴くことがなくなりました。

 ある方から「ワンちゃんにお土産」といただいたものを彼女に渡そうとしたのですが、気味が悪いのか、逃げてしまいます。

Img_4340

 女人高野として知られる室生寺。そのあたりでは、獣害が多く発生しております。近鉄電車などは鹿が嫌がる周波数の音波を出す装置を線路沿いに設置するなどして、線路内に鹿が立ち入って列車と衝突する事故を減らそうとしておりますし、獣が出入りできないように林道に大きな扉が設けられていたりもします。そんな室生村に「落ちていた」のだそうです。

Img_4341

 鹿の角、袋角と呼ばれる状態の時には血液が通っているのですけれど、やがてこの石のようなものへと変化して、時期が来るとポロリと落ちてまた袋角が・・・ということを繰り返します。二本揃って落ちているのを拾われたそうで、これをワンコのおもちゃにして噛み噛みさせると歯に良いのだそうです。しかし、もともと我が家のワンコは骨を囓って喜ぶようなところがありません。生育歴にもよるようです。

Img_4342

 その昔、現代の名工、長原宣義さんが鹿の角を軸に使った萬年筆なんてものを造られてましたが、この堅い角を加工するのは実に大変だろうと思います。ちなみに、毎年秋に奈良公園で鹿の角切りという行事が行われますけれど、のこぎりで鹿の角を切る際に出る「屑」は、強精剤として珍重されている・・・という不確かな情報もありました。ポロリと落ちた断面は、こんな感じなのですね。初めて見ました。

 さて、この角、どうしましょう。欲しい方、いますか?

2022年9月 5日 (月)

いらんこと

Img_4324

 お散歩の成果が出なかったため、ハーネスをつけたまま眠っている「ちち(仮名)」さん。何よりの楽しみというか、生きていることの目的ですらあると思われるお食事も、最近は気が向かないと残すようになりました。その残ったフードを手のひらに載せて鼻先に出してやると嬉しそうに食べますので、たんに甘えているだけ、お手々から食べさせて欲しいというだけ、ということであろうとは思います。本人(犬)にとっては、これでいいのだ、ということのようです。

Img_4326

 先日の東京、浜松町での泉筆五宝展でお会いした方が、この萬年筆が気になる、という話をされていたので掲載。話題に上がっていたのは下の方、色くくり蒔絵という技法でキャップにバカボン、胴軸にパパが描かれています。 

 上の方は、同じ仕様と思われる萬年筆を別途入手したもの。どちらもカトウセイサクショカンパニーのものです。例によって、いつどこで手に入れたものなのかはすでに忘却の彼方です。

Img_4328

 肝心の蒔絵はこんな感じ。100本限定のシリアルナンバー入り、ということで、番号を選ぶことはできず、コレください、といったら積み上げてあるものから一つとってハイと渡される、という感じでした。

 要は、この絵がすべてですから、時折取り出して眺めたり、人に見せびらかしたり。実際筆記に使っている人は少ないのかもしれません。赤塚不二夫展なんてものが開かれる際に販売されていたもので、その展示を見に行く人が萬年筆にハマっているかどうかは別問題ですから。

Img_4330

 ネット上に残る様々な記事を見ると、シュミットのペン先が付いていたようです。当然鉄ペン。そういう予備知識を持ってこの写真をじっと見てもらうと、あぁ、またいらんことしてあるなぁ、と思われることでしょう。もちろん私にそんなことをする技術があるはずもなく、器用な方にやっていただいたわけです。

 上の方は、いらんことしないで買ったときのままと思われます。バカボンのペンよりも大ぶりな14金のペン先がはじめから付いていました。

Img_4333

 裏から見ると、これだけ大きさが違います。もし首軸の径が同じであるならば、私でもペン先を引っこ抜いて差し替えることはできそうですが、まぁこのままにしておくのが無難です。大きい方のペン先この写真で見るとあまり素性がよくなさそうですが、これは撮影者が下手くそなだけで、実際にはちゃんとしています。これで良いのです。

2022年9月 4日 (日)

使わないのに

Img_4307

 耳だけ外に出して眠る「ちち(仮名)」さん。飼い主が東京泊だった夜は静かに寝ていたのだそうで、長女によると、夜中に鳴くのは飼い主に甘えているだけ、ということです。そういうことであるならば、と本日は早めに寝室へと引き揚げて、彼女の近くではゴロゴロしないようにして様子を見てみましょう。

 本日は、東京駅でお土産物を見繕って、それから青春18きっぷで東海道を進みます。東京を9時過ぎに出ると、浜松までは実に接続よく進むことができるのですが、接続が良いということは、乗換駅に着いたらその先へ行く列車がすでにホームに入っているということ。着席できる可能性が下がるのです。本日は熱海から静岡行きに乗り、途中興津で同駅始発に乗り換える、というよくある技を使いましたが、豊橋駅でけっこう時間ロスが生じるので、そこからは名鉄から近鉄へとつないで予定より時間ほど早く帰宅しました。目的はもちろん、職場でお留守番をさせている亀さんのようすを見るためです。

Img_4308

 秋の泉筆五宝展での頂き物。正確にはお値段100円、ということだったのですけれど、どう考えても頂き物です。スケッチして、そこに少し陰影をつけたりして絵に仕上げるためのセット、とでもいうべきもの。字も満足に書けない私が、絵をうまく描けるはずもないので、これは完全に無用なものになります。それでも、ずっと気になって仕方がなかったのです。

Img_4311

 こういうものがセットになっています。多分一度も使わないまま、誰かにあげてしまうのだろうと思いますが、こういう文房具のセット、見ると欲しくなってしまうのが難儀なところですね。

 今回の泉筆五宝展、実にたくさんの方達とお話をさせてもらいました。今更、欲しいペンがあるわけでもなく、おっ、これはと思ったペンは次の瞬間に視界から消えておりましたから、今回の成果としては、いろいろとお話ができたこと、というのに尽きます。

Img_4309

 道具としてはアーティストクォリティ。そしてそれを持っている私は、まぁ前衛的な画風と言い張ればそうなのかと思われる・・・訳がありません。現役教員時代も、簡単なポンチ絵を描いて説明する・・・ということができませんでした。まず、描いた図を見て子どもたちに笑われてしまうところからスタート。そんな私なので、やはり、どう考えてもこれは無用の長物です。

 けれども、遠く浜松町まで脚を伸ばして、ただただだべって、そこから1日潰して電車で帰ってくる、っていうのが私の趣味なので、家族にも呆れられつつ、また機械があれば参加してしまうことでしょう。物欲だけではなく、出会いと語らいを求めて参加するのもおすすめです。

2022年9月 3日 (土)

知りません

2f9f633741204851b339b38b9bf47cc3

 ケージには入ったものの、寝付かれずにこちらを見つめる「ちち(仮名)」さん。結局この後、激しく鳴いて飼い主とお散歩に出て、さしたる成果もないままに戻ってきてからはケージに入りませんでした。

 そんな彼女と、リヴィングルームで共にごろ寝して朝を迎えた飼い主は、浜松町へとやってまいりました。

76a3f84f895d47ae98e928ba0f182f48

 開場から1時間後に到着して42番目。出展者も含めての数で、最後は60人を超えたぐらいだったのではなかったかと思います。

 今回、目玉の一つである若い人たち。会場内のテーブルに、高額な萬年筆が何本も、ただ転がしてある、というのは、たしかに、一時期のWAGNERを彷彿とさせるものでした。あの頃は、最後に参加者みんなで集合写真を撮って、「149落ちてないかな?」などと机の下を覗き込みつつ会場を後にする、という感じでしたが、若い人たちが「落とし物ないよな」などと言いながら帰っていく姿に懐かしさをおぼえました。こうなるともう、おじいさんですね。

579ed6c715284946a1a87fc9e4590d18

 厚手のアルミ板にマブチモータを「接着」するという荒技で仕上げられた研磨機。それを値切り倒してお買い上げになる親方です。神戸ペンショウもy.y.Pen倶楽部もよく知ってますけど、あなたが誰かは知りません、というのには周囲のおっさんたち爆笑でしたが、この若い人たちがこれから先の萬年筆文化を支え、後の世に繋げていってくれることでしょう。

2cfacccb9c46410faeb1520d7c33818a

2022年9月 2日 (金)

一堂

Img_4245

 寝てはいるけれど眠っていない「ちち(仮名)」さん。私がまだ子どもだった頃、私の周りの大人達は、こういう状態を「ぎぼぎぼしてる」と言っておりました。そういうもんだ、と思って大きくなりましたけれど、私の周囲で使われていた言葉はけっこう特殊なものもあったようで、今話すと、誰もが「そんなん知らん」という言葉が少なくありません。

 子どもの遊びで、向こうに見える壁まで走って行き、壁にタッチして帰ってくる速さを競う、なんてときに、「壁にデンついて帰ってくる。」という言い方をよくしたのですが、現在までのところ、「うん、したした」という人を見つけられておりません。一体私、どこでそんな人たちに囲まれて大きくなってきたのでしょうか。

Img_4272

 先日、他のペンを強制退去させた龍と勝虫のペンケース、「あるべき姿」にしてみました。手持ちのマイカルタの萬年筆をまとめただけです。そのときそのときで、そこら辺に転がっているペンをとりあえず空いているケースに入れる、っていうことを繰り返す内、同じシリーズや同型の字幅違いなどがバラバラになってしまうということが多発しておりました。今後は見つけたものからしっかりと仲間同士まとめていってやりたいと思っております。当然その過程で、もうこの子達はお嫁に出そう、というのも出てくるでしょう。終活の一環です。

Img_4274

 両端はいわゆる復刻版というのでしょうか。色々と考えられた結果なのでしょう、キャップを嵌合するねじの部分は一般的な樹脂製になっています。けれどもこの2本はギアタイプで、紡錘形のものよりたくましい見た目に思われます。で、実際並べてみたり握ってみたりすると、どちらも同じように、しっかりとした太さなのだな、と感じます。萬年筆の見た目は確かに重要です。しかし、実際に握ってみると、また違った感動や感想が得られます。だから、萬年筆、握ったら負け、です。萬年筆の本数を増やしたくない人は、握ったり書いたりしないことです。

Img_4273

 

2022年9月 1日 (木)

まんねん

Img_4271

 お布団をはねのけ、堅いプラスチックの上で眠る「ちち(仮名)」さん。ようやく夜泣きをせずに一人でおねんねができるところまで回復してきたようです。9月は土日のほとんどすべてお出かけ、博をとも泣くことすらあるという予定の飼い主にとっても、彼女が夜泣きせずに寝てくれるというのは心強い限りです。

Img_4269

 で、本日飼い主の職場にこんなのが仲間入りしました。名前はまだありません。おそらくニホンイシガメ、もしくはそれと他の亀との交雑種と思われます。体長約15センチですので、雄であれば立派な大人。メスであればまだまだ大きくなるでしょう。調べてみるとこの子達は付加する際に温度が高いと雌になってしまうようで、温暖化の進む昨今、雄が少なくなっていることから、準絶滅危惧種となっているそうです。山が間近に迫る環境ですから、天敵とも言えるアライグマなんかにやられてしまう個体も少なくないのかもしれません。

Img_4254

 で、とにかくこの子はシャイで、飼い主が手を伸ばすと引っ込んでしまいます。職場の外回りをお掃除してくれていた人が、何と大きな石ころだ、と持ち上げてみたら亀だった、ということで、これもご縁なので飼育してみることにしました。今のところ小さな水槽で一時保護中ですが、週明けにはもう少し余裕のある新居に移してあげたいと思っております。

Img_4263

 とにかくこの子は元気が良くて、一時もじっとしておりません。まぁいきなりつかまえられて狭いところへ閉じ込められたのですから、何とか脱出しようともがくのもわからないではないのですが、とにかく活発に動き回ります。とりあえず餌を与えつつ、飼い主が週末に浜松町へ行って帰ってくるまで、元気に過ごしていてもらえたらと思います。新居の準部が整ったところでご逝去、では哀しすぎますから。

« 2022年8月 | トップページ | 2022年10月 »