« ちょこん | トップページ | 参加? »

2022年8月11日 (木)

拗ねる

Img_4019

 ふてくされてお布団の下に潜ってしまった「ちち(仮名)」さん。まだ遊びたかったのに、おやつに釣られてケージに入ってしまい、そのまま扉を閉められたのが気に入らなかったようです。しばらく抗議のまなざしで家族を見ておりましたけれど、無駄であると悟ったのでしょう。sめて、ということで、このような寝姿でアピールしているようです。

 洗濯機の調子があまり良くないのでそろそろ買い替えかな、という話題。ある朝起きたら先代の洗濯槽が回り終わった独楽のように倒れていて、慌てて即日配達してもらえる機種を買いに走ったのが当代。これがこのところ調子が今ひとつで、外れてしまった部品も補修用の在庫がない、などという状況なのです。それを言うなら、洗濯機が壊れてもとりあえず数日はコインランドリーでしのげるけれど、冷蔵庫が壊れると厄介だ、という話になって、洗濯機と冷蔵庫、それぞれに次の1台はどれだ、とカタログを集めて検討している中、ふと、「拗ねる」ということを思い出したのです。長年にわたって活躍してくれている機械ものは、次のに買い換える、っていう話が出た途端に機嫌が悪くなります。もし冷蔵庫がそんなことになったら大変なので、急遽、次のものを発注したのですけれど、あぁ、このお値段ではビッグトレドなんかは買えないのだなぁ、と知って、何とも極道な趣味に走っていることであるよ(詠嘆)と思い至りました。趣味もほどほどにしないといけません。

Img_4020

 ディプロマの銀軸。こいつにインクを入れっぱなしにしてあって、それがなかなかにしつこい、というのがおとといのお話でした。洗浄液を呑ませて一昼夜、ようやく、手に取っても洗浄液の匂いがしないところまで来ましたので、洗浄液を排出して綺麗に洗って、コレクションボックスへ収納です。こういう作業が、現役時代にはなかなかできませんでした。仕事を終えて家に帰ってくると、とにかくヘロヘロなのです。

Img_4021

 その点、収入はガクンと落ちましたけれども、今のお仕事は実に快適です。8時半までに出勤して17時15分には退勤。お昼の休憩もきちんと1時間とることができます。休憩、すなわち仕事から解放される時間がとれるのです。

 教員だったときには、休憩時間という概念がそもそもありませんでした。お昼ご飯を食べることに専念していたら叱責され、責任を問われる可能性もある職業です。教員はやりがいのある仕事ですが、それでもなり手が不足している、というのは何の不思議もないことなのです。そこら辺を何とかしないと、日本の公教育の崩壊を止めることはできないでしょう。

Img_4022

 あまり面白みのないペン先。書き味もごく普通です。今となっては、どのような経緯で、何を考えてこのペンを手に入れたのか、全く記憶がありません。そういうペンが山のようにあるので、いつかどこかで、3本で2000円、とかそんな感じでペントレなどやってみたいものですが、どれが手元に置くべきものでどれが手放しても良いものなのか、その整理ができていない現状では、それも夢のまた夢です。

 しかし、よくよく考えてみれば、あの世まで何本もの萬年筆を持って行くことはできないわけですから、そろそろ本腰を入れて整理をしなければならないのです。要は、いつ腰が上がるか、だけなのです。

Img_4024

« ちょこん | トップページ | 参加? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょこん | トップページ | 参加? »