« ペントレ2022・1日目 | トップページ | 思い出した »

2022年6月26日 (日)

ペントレ2022・2日目

88a9e145d5ff41ec8fc7a2535b28e217

 長女にわしゃわしゃしてもらいながらうとうとしている「ちち(仮名)」さん。隙あらば家族のそばにやってきてドテッと座り込むのは、こういうことを期待してのことなのでしょう。

Fb9e4af511c04ad98bf6ef2a7f04da3e

 ペリカンM300で般若心経を写経するケロ御大。うっすらと印字されている文字をなぞっていくのですが、見ていると実に速い。普通の人が1行書く間に3行ほどは軽く進んでしまいます。

 ごく普通のコピー用紙でしたので、インクが裏抜けして少し机を染めてしまいましたが、それでも運筆が速いことが幸いしたのか、ほんの僅かな汚れで済んでおりました。

2fbb82181a9d41b7b52938439495cffc

 こちらは帰宅途中の電車の中でパチリ。昨日と本日の釣果ですが、このほかにも何本か。白くて長い箱は、拙BLOGを読んでくださっている方が「退職祝い」にとお持ちくださったもの。このMさん、テニスボールの入っている缶の蓋でインク瓶のスタンドを作られるなど、なかなかユニークなことをされている方なのですが、そのスタンドなども含め、私、申し訳ないことにいつもいただきっ放しです。

F76e104ac3a64f19964963f21bb8faae

 で、本日のお言葉は、

「チタンで写経」でございます。これの別バージョンとしましては、「置き忘れるな危険!」というものもございます。

 誰もが私のように暇な爺さんではないわけで、お忙しいことは重々存じ上げているのですが、それでもやはり、一度、こういうイヴェントに来られてはいかがですか、ということ。それこそ万難を排しておいでになれば、きっと新しい世界が開かれます。良いか悪いかは別として、ね。


« ペントレ2022・1日目 | トップページ | 思い出した »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ペントレ2022・1日目 | トップページ | 思い出した »