« 計算違い? | トップページ | 要るか? »

2022年5月15日 (日)

ため息

B493c353e8f54d3fbb4df5839f44ca99

 昼間に寝すぎたせいか、ケージの中でもなかなかお目目をつぶらない「ちち(仮名)」さん。こういうときはこまめに観察しておかないと、気が付くとケージの中で排泄していたりします。歳をとっても食欲旺盛、日に2度のお散歩もきっちりこなす彼女ですが、足腰の衰えと共に、そういうあたりも衰えてきています。とりあえずは、寝てばっかりいるけれど元気は元気なので、そのことを喜びたいと思っています。

69864ab2e37949bb81089f09312f95c7

 2階への階段を登りきったところに、その昔、60センチの水槽を置いていたラックが残っているのですが、そういう、物を置ける場所があるとついつい「一時的に」ものを置いてしまい、結果、何だかわからない感じにものが積みあがって、整理する気にもなれない、そんな状態で長いこと放置されていました。今は5月ですが、毎年8月のお盆にあわせて仏壇のあるお部屋をすっきりときれいにしますが、その際、何だかわからないけれど捨ててはいけないもの、というのがその場所に積みあがっていたわけです。

 覚悟を決めてそのラックに積みあがっているものを引っ張り出してみると、半分ぐらいは書籍と紙類。この際なので、万年筆関連の書籍たちを同じ書棚に集約することにしました。

Ebb444d1d3b74578b495a8088904b5d4

 先の写真には、自費出版バージョンのものが写っていましたが、こちらにはその後に出されたハードカヴァーのものが写っています。4本のヘミングウェイ、というのに憧れて、何かやれないかな、と考えた結果が、毎年お正月の「干支トレド」なわけです。

 幸いなことに、神戸のナガサワ文具センター「センター街店」ってものがあった頃に、第1号から買い集めていた趣味の文具箱とか、雑誌類なんかは別の書棚に。こうして万年筆関連の書籍が一か所に見やすく並んだことなんて、これまでの人生で一度もないのは情けない話です。それもこれも、並べようにも何だかよくわからない本やらCDなんかが詰まっていてどうしようもなかったからなのですが、今回は思い切ってあれこれ断捨離いたしましたので、寂しいくらいに書棚がスカスカになったのです。

4d8ba7817a594398af847d0694b3e278

 先日、大きな液晶モニタを設置するために机の周りを片付ける際、積みあがっているものをどけるとその隣の山が崩れてくる、ということが何度も繰り返されて、結果、積み上げられていたもののその裏側に封印されていたペン立てが日の目を見ました。ほとんどはボールペンですが中には変なモンも混じっていて、このようなものを、実に無造作にこんなところに挿しておいたことであるよ(詠嘆)とため息をつきました。

 ため息をつくと幸せが逃げる、といいますので、明日からも引き続き、不安定で崩れそうな萬年筆の箱の山を少しずつ削ってまいります。

« 計算違い? | トップページ | 要るか? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 計算違い? | トップページ | 要るか? »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック