« 豚まん | トップページ | 思い出 »

2022年1月11日 (火)

飾り

Img_1452

 ケージの中でふと目覚めた「ちち(仮名)」さん。食卓の方を見ていますが、そこに座っている人が何も食べていないので「大丈夫」というような顔をしております。このあと、すぐに寝てしまいました。

 冬場、それも最近のように冷え込みの厳しい日が続くと、飼い主が自然死する日が多くなります。ホットカーペットの上に置いたこたつに潜り込んで、あぁきもちえぇわぁ・・・とそのまま安らかな眠りに入ってしまうのです。そして、ホットカーペットが自動で切れて、布団を被っていても寒いほどに部屋の温度が下がりきったところで蘇るのです。そのとき時計を見て、中途半端な時間であると、実に残念です。

Img_1458

 ごそごそ整理をしていたのに見つけることができず、PCに向かいながら傍らの山の中に何か赤いものがある、と引っ張り出してみたらこれでした。プラチナ萬年筆謹製の、シャア専用萬年筆です。赤いからと言って三倍早く書けるわけでもありませんし、三倍きれいな字が書けるわけでもありません。

Img_1454

 赤いのです。キャップが黒いのは、そこに赤い紋章を入れるためでしょうか。「限定」などというものの、要するにセンチュリーなのですから、踊らされて買うのがアホなのですが、結局手元に来ているところを見ると、気絶してポチッとやってしまったのでしょう。

Img_1455

 ジーク ジオン なのです。他に書ける萬年筆がなくなったら、「私が出るしかなさそうだ」などと言いながらこのペンにインクを詰めてかくことになるのでしょうか。おそらくそんな日は来ないと思いますが・・・。

Img_1459

 肝心の天冠がブレてしまいましたが、「あんなの飾りです。偉い人にはわからんのです。」と言ってしまいましょう。撮り直すのが面倒だったからなどとは、口が裂けても言えません。

 でも、こういうのもいずれお嫁に出してやらないと、萬年筆たくさん持ってあの世にはいけませんからねぇ。

« 豚まん | トップページ | 思い出 »

コメント

なかなか限定モデルというのは、使う気にならないですよね。
使わなければどうということはない

すいどう さん

いろんなもんが出てくるので、そろそろ片付けも終わりですか、なんて聞かれます。
まだだ、まだ終わらんよ、てなところですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豚まん | トップページ | 思い出 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック