« 寒風 | トップページ | 飛び道具 »

2021年12月 5日 (日)

WAGNER名古屋

Img_0315

 日曜日らしく眠る「ちち(仮名)」さん。ワンコに平日も日曜日もないと思われるのですが、彼女の中ではきちんと区別ができているらしく、土曜日曜そして祝日となると、明らかに様子が違います。平日の朝は、どうせみんな出て行くんでしょ、という感じですが、あ、この人、今日はお休みだと感じ取ると、しっかりきっちり甘えてきます。

Img_0915

 お馬鹿なことに、飼い主は2日連続で名古屋行き。本日は名古屋駅から歩いて10分もかからないところにある会場まで、駅で7分待って地下鉄に乗るという暴挙に出たのですが、上には上がいるもので、名古屋駅からタクシーで乗り付けた人もいたようです。

 本日は実にまったりとした、そしてこぢんまりとした大会でした。会場内では萬年筆がらみの会話があちこちで続き、萬年筆研究会の会合としては実にそれらしいものと言えるのではないでしょうか。

Img_0916

 どーむ商店に並べられていたPILOT ショート。寸詰まりな萬年筆ですが、これの存在をご存じなかった参加者が手に取っておおいに感動されていました。こんな小さいの、書きにくいでしょ、とその方が言うのを待って、周りのものが「ほれほれ」とキャップをとって見せるというおなじみの展開です。

Img_0918

 展示されていた個体はしっかりしていたので、キャップをとっただけではこんな感じ。これでは、たとえキャップをポストしたとしても、男性の手には小さいと感じられます。

Img_0917

 写真の個体は私の手元にあるものですから、もう軸もゆるゆるで、キャップをとるだけでびよ~んと伸びます。ここでまず見る人を驚かせて、キャップをポストして握らせると、「おぉ、ちゃんとした長さ!」となるわけです。

Img_0917

 こんな風に、参加者は少なかったものの、在りし日の(?)萬年筆研究会の感じが戻ってきた、そんな会合でした。もちろんそのあとは有志でちょこっと呑んで、気分良く帰って参りました。これで元気を補充して、明日からまたお仕事です。

Img_0920

« 寒風 | トップページ | 飛び道具 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒風 | トップページ | 飛び道具 »