フォト

最近のトラックバック

2013年11月19日 (火)

つくりもの

 当Blogには、まともな中身や信頼するに足る内容などは一切ありません。きっと作成者が馬鹿なんだろうな、まぁしょうがないな、と諦めて、暇つぶしにお楽しみいただければ幸いです。

20131119_073137
 力の抜けた、寛いだ様子の「くま(仮名)」さん。ドテッと座り込んで、あちこち身繕いをしているときに撮りました。視線の先で家族が何かを手に持っているので、敏感に反応して顔を上げたところです。彼女の中では、ビニール袋を開けるような音は「おいしい・・・」に直結しているのです。

20131118_125051
 PTA主催の高校見学ツアーに添乗員として随行してきたのですが、工業高校と商業高校とが一体となっている学校の玄関に、こんなものが掲示されていました。会社に縛られるのは嫌、あるいは、思うような就職先が見つからないということで.「とりあえずフリーター」という選択をする、あるいはせざるを得ない若者が少なからずいるようですが、こうして現実を突きつけられるとドキッとしますし、実に切ない話です。そして、雇用する側から見れば、実においしい話でもあります。こういう現実があると、「将来に夢と希望を抱いて・・・」なんてことを青少年に話すことがためらわれてしまいます。

20131118_125055
 ただ文字と数字で示しただけでは訴求力がない、ということで、こういうディスプレイも。もちろんお金は作り物ですけれど、こういうのを見ていると、高校生たちも意識が高まっていくことでしょう。何といっても実業系の高校ですから、求人も多く、また、そのイメージからは意外に思われるほど、大学への進学率も高いのです。自分自身が中学生だったころは実業系の高校へ進学することなどまったく考えていませんでしたが、もし時計を戻せるなら・・・・・と思ったことも事実。昨今、競争が激しくなっていることもあって、どの高等学校も実に魅力的です。

20131118_205323
 小学2年生の担任が出張されるというので、ならば、と授業の穴埋めをかねて2年生にコンピュータの授業をしたのですけれど、出張された先生からお土産をいただいてしまいました。肝心な全体像を撮り忘れましたが、青果店などでよく見かける、桃がいくつか入った白い段ボールの箱、あれとそっくりに作られたパッケージが実に可愛らしいお菓子です。

20131118_205256
 開けてみたところも本物の桃そっくりにしつらえられています。以前にも愛媛ミカンの箱を模したものなどを紹介しましたが、おそらく全国各地にあるのでしょう。愛媛ミカンはチョコレートでしたが、こちらはおまんじゅうです。

20131118_205417
 私はおまんじゅうを食べませんので、胃袋に入れるのは妻と長女が担当します。箱に入っているリーフレットの写真ほどにはおいしそうに見えない、などと憎まれ口をいいながらも、おいしくいただいていたようです。桃ですから、ちゃんとお尻のような形になっています。

20131118_205435
 高校のディスプレイにしろ、桃をもしたお菓子にしろ、見た目をそっくりに作ると訴求力が高まりますね。授業でもこういうものを参考に、何か面白いことを・・・・・と思いつつ、アイディアが湧かなかったり、思いついたことを形にする力や時間が足りない、などと言っている間に日々が流れていきます。何だかんだ言っても、形にする力を持っていることが一番大切ですね。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30