フォト

最近のトラックバック

2017年11月19日 (日)

ライトアップ

20171119_112755

 いつ見ても寝ている、という印象の「くま(仮名)」さん。寝ているように見えても、物音などにはけっこう敏感に反応するワンコが多数派だと思いますが、我が家の二頭に関していえばそんなことはなく、とにかくよく寝る、ということだけです。いったん眠りはじめたら、体を触られても起きないのが彼女たちの特徴です。

 ホットカーペットに通電してファンヒーターからも温風、というリヴィングルームで過ごす休日は、どこへ行こうというきも起こらず、ただただ寝転んでいれば満足、という感じになります。今年はまだボージョレイ・ヌーヴォーも呑んでないし、今夜あたりどうかな、とも思ったのですが、金曜日から持ち越してまだ片付けていない仕事が一件あって、これだけは石にしがみついてでも月曜の朝までに仕上げなければならない、ということから呑めません。

20171119_184750

 で、日が暮れる頃に目が覚めて、夕食をとるついでに平等院鳳凰堂のライトアップを見に行こうか、という話になりました。いつもは電車でお出かけするのが好きな私ですが、ここ数日の寒さはさすがにこたえますので、選択の余地なくクルマで。道が混んでいなければ、自宅から40分ほどでたどり着ける距離です。

 拝観券売り場の前には長い長い行列ができていましたが、その列をわざと折り曲げて紅葉した木のすぐそばを通るようにしてくれていたので、列の進みは余計に遅いものになっておりました。暗いレンズをのせたスマホで自撮りしようとする連中が特に難物で、露光時間が長いので前の人との感覚が大きく空いてしまいます。けれど、そこはお互い様、ということなのか、特に怒る人もなく、脈を打つように列が流れていきます。

20171119_185603

 鳳凰堂を照らすライトは周期的に明るくなったり暗くなったりを繰り返していたようで、これはたまたま、中途半端に明るくなったときに撮ったものです。阿字池に映る、ライトアップされた紅葉がそれらしく写るのはこういう条件の時で、鳳凰堂がギンギンに照らされていると飛んでしまいますし、暗いと何も写りません。

20171119_190630

 阿字池の前に陣取った人たちは満足のいく写真が撮れるまで動こうとしません。それなりの機材を用意してきている人たちですし、まぁ好きにしていただこう、と私は後方からカメラを持ち上げてパチリ。暗い境内で、携帯電話も車内に置き忘れてきたので、カメラの設定をいじることすらできません。とにかくモードダイヤルを回しながら何枚か撮って、比較的マシなのでこの程度です。ボツ写真の山を作ってしまいました。

20171119_190728

 そういうわけで、行ける人は23日から26日、そして12月最初の金、土、日とやっているそうなので、寒さの備えをしていってくださいませ。なお老婆心ながら、暗い中で遠くのものを撮るのにストロボを焚くと残念な結果になることが多い、ということを知るべきだと思います。周りにも迷惑ですし、自分のカメラ(スマホ)にもいい写真は残らないし、いいことは少ないはずです。もちろん、光りながらもいい写真を撮ってくれるカメラやスマホもないことはないので、まずは自分の得物をよく知ること、これ基本です。

 ちなみに、今度の週末は神戸ペンショウに行くのだ、と思ってらっしゃる皆様、日が暮れたら宇治へ行く、なんてことも十分に可能です。平等院のライトアップは18時から20時まで。そして24日からは、京都市内、五条佐井でロームのイルミネーションも始まります。神戸近辺で宿が取れないなら、京都で宿を取る、というのもひとつの手です。

20171119_190728_2

2017年11月18日 (土)

今月のちょこちょこ

20171119_103249

 いつものようにフテ寝している「ちち(仮名)」さん。ここのところ寒さが厳しくなってきたせいか、いつもは端の方に押しやっているクッションを引っ張ってきて寝床を整え、中に収まって寝ているところが目新しく感じられます。そのうちもっと寒くなってくると、こたつに入れてくれと騒ぎ出すことになるのでしょう。寒いから散歩に行くのを嫌がるワンコ、というのも珍しい存在です。

20171119_103347

 今月のちょこちょこ、目玉と思われるのはこちらのマグネット付きの缶。マグネットシートが缶の底全面に貼られているので、家庭なら冷蔵庫、職場ならデスクなどにくっつけられるというものです。くっつけたまま蓋を引っ張ると缶全体が外れてしまいますが、それは当然でしょうと妻や娘に笑われました。垂直な面にくっついている缶の蓋だけ外したら中身が出てしまうから、これは仕様として正解だ、と。なるほど、その通りです。

20171119_103531

 意味不明と感じられたのがこちら。ICカードステッカーとかいうもので、ICOCAやSuicaなどに貼り付けて使うものらしいです。これを貼れば、目つきの悪いカモノハシとか間抜けな表情のペンギンなんかを見なくて済むわけですが、定期券をくっつけてる人などは貼るわけにはいきませんね。良識あるヘンタイ倶楽部の面々も、会員証である記名式Suicaにこれを貼るのはやめておきましょう。

20171119_103634

 あとは、どこにでもあるようなファスナー付きのビニールケース。両面にちょこちょこのキャラクターたちがびっしりと描かれています。正直、どうでもよろしいのですけれど、ひとつだけ気になったキャラクターがおりました。ただそれだけです。

20171119_103622

2017年11月17日 (金)

明るい

20171118_085410

 今日は比較的おとなしく過ごしていた「ちち(仮名)」さん。しかし痒い痒いの方は相変わらずのようです。そもそも飼い主が冬場の乾燥で異様に痒くなるたちなので、似てしまったのかもしれません。

 本日は近畿公立学校教頭会研修大会和歌山大会という長い名前のお勉強会に参加してきました。朝家を出てほんまモンの教頭先生をピックアップし、それから一路和歌山へ。朝から来ないし、日が暮れても学校には来ないよ、と皆さんにお伝えしておいたので、それなりに留守番をしてくださることと信じて阪和道を疾走中、電話が鳴りました。私が今の職場に勤めて5年間、一度も落ちることのなかった給食調理室のブレーカーが落ちた、という連絡です。分電盤の鍵を探したけれどないので、ということでしたが、私がこういうところにおいてある、と伝えると以後連絡が来なかったので、無事になんとかなったのでしょう。

20171117_094742

 無事和歌山に到着して、全体会が開かれる和歌山県民文化会館の大ホールへ。舞台には素晴らしい緞帳がかかっておりました。どうやら、スポンサーなのか、あるいは注文を請け負ったのか、高島屋さんの名前も書かれておりました。

 私は裸婦像の美しさに目を奪われていたのですが、ほんまモンの教頭先生は私をつついて、下の文字に注目するように言います。

20171117_094754

 ナショナルも懐かしいですが、ナショナルステレオ、ってのもすごい。私が高校生だった頃にはすでにテクニクスブランドになっていて、梅田の阪神百貨店にはショウルームがあってしょっちゅう通っていたものでした。それなのにステレオ、とは。

 ご存じない方もいらっしゃるかもしれません。現在のパナソニックです。念のため。

20171117_162752

 で、なんやかんやと研修会も終わり、夕刻、奈良へ帰ろうかというときに、ほんまモンの教頭先生がなれ寿司を体験したいなどと言うものですから、本町四丁目の弥助寿司さんへ。

 手前が名物のなれ寿司。奥が普通の人でも食べられる早寿司。今日はいつもより多めに臭っているような気がしました。相当な破壊力です。結局、言い出した本人は一切れ食べてごちそうさまでした。皆様も和歌山へ行かれましたら、南海和歌山市駅から歩いても行ける本町四丁目の弥助寿司さんへ。ちなみにもう一つの名物、泡の出そうなお手ふきは、普通のお手ふきに変わっておりました。

20171117_163136

2017年11月12日 (日)

もみぢ

002909252208301712996

 なさそうでいて、けっこうよくある風景。あくまで飼い主の想像ですが、「ちち(仮名)」さんは「くま(仮名)」さんのケージが家族の集う食卓に近い位置にあるのがうらやましいと感じているのでしょう。あそこに住んでいたら、いつもすぐそばに家族がいるのに、とおもっているのかもしれません。なので、この場所にやってきて寝ることを好むのだろう、というのが飼い主の考えです。

 何となくネットサーフィン(死語)していると、貴船神社や鞍馬寺あたりでは紅葉が見頃になっているとあったので、お昼過ぎから始動。いつものことですが、休日はゆっくりと寝ていて半分つぶしてしまいます。

002911121429531493736

 叡山電鉄鞍馬線の車内にて。2両編成の電車はほぼ満員で出町柳駅を出発しますが、地元密着の路線ゆえ、途中駅で次々と人が減っていって、山あいの紅葉がきれいな駅でも人が降りていって、鞍馬駅まで乗り続ける人はさほど多くありません。

 鞍馬駅で久々にブルージェ洛北さんのフレンチトーストをいただいて、一駅手前の貴船口駅へ。ここから2キロほど登った先に貴船神社があります。歩いてもいいのですけれど話の種に、とバスを待ってみることにしました。時刻表では7分間隔の運行ですが、実際にはポンチョが2台とメルファが1台、計3台のバスがピストン運行をしておりました。

002911121514071992884

 狭い山道に車が殺到していて、路肩をたくさんの歩行者が歩いている、という状況で、バスも前に進めません。わずか2キロの道のりに相当な時間がかかるのはそういうわけかと納得しつつ、貴船神社に到着。ご覧のようにたいした紅葉ではありません。山あいのさほど日当たりの良くない地域ですから、真っ赤に紅葉するものでもないのでしょうけれど、緑の葉も相当多く残っている状態でした。

 私たちは日が暮れる前に貴船を後にしましたが、その際にもすれ違う人の多いこと。皆、ライトアップを目当てに山へ入ってこられるのです。ぎゅう詰めの叡山電車を出町柳駅で降りた時も、折り返す電車もまたぎゅう詰めになっておりました。

 紅葉を見るなら、人里離れた山奥を目指して車を走らせ、おぉここは綺麗だ、というところで車を止めてしばし鑑賞する、というのが一番だと、改めて思ったことでした。

002911121544592059223

2017年11月 9日 (木)

寒天

20171110_063620

 身繕いをしているところを写真に撮られそうになって、何もそこまで、と思うほどに体を折り曲げて深いところをケアしに行く「ちち(仮名)」さん。新しい携帯電話も見慣れてきたので、これまた写真を撮られる嫌なヤツだ、と認識して逃げるようになりました。

 飼い主は朝から市役所や県庁へ走ったり、いくつかの学校を回ったりとあたふたバタバタしておりました。我々の業界では10年に一度、教員免許の更新をする必要があります。大学などでお勉強をして所定の単位を修得し、その成績証明書を教育委員会に送って確かに免許更新した、というお墨付きをもらう必要があるのですが、ある先生がその書類をお持ちでないことがわかって大騒ぎ。これはもう、新聞に載るかもなぁ、と諦めかけておりましたが、最終的には手続きが問題なく行われていたことが判明して一安心、でした。人の記憶なんて実に当てにならないものです。

20171031_134707

 ホッとしたところでお腹が空いてきたのですが、どかんと食べるとあとで困りますので、空腹感だけを押さえ込んでおくことにしました。寒天で作られた麺が右側で、左の大きな袋には粉末スープとかやくが入っています。

 麺そのものは寒天とコンニャクからできているので糖質0。スープとかやくに5グラム程度の糖質が含まれるという商品です。

20171031_134730

 麺をカップに入れ、線までお湯を注ぐ,それは即席麺と変わりませんが、そのあとは蓋をしないでそのまま5分ほど放置しておきます。これが案外、自分には合っていると思いました。猫舌ですので、適度に冷めるのがよろしいのです。

20171031_135631

 けっこう膨らみます。誰が見てもコンニャクやら寒天やら、そういった類のモノだとわかる見た目です。この状態でかやくとスープの入った袋を開け、この上に振りかけます。麺の方が軽いのに対して、こちらの袋はずっしりと重たいです。

20171031_135646

 この状態からぐにゅぐにゅと混ぜていくとできあがり。おネギがたっぷり入っています。粉末スープとかやくがエネルギーや糖質の大部分です。実にヘルシーな感じですが、食べてみると濃い味です。

20171031_135737

 写真の撮り方が下手くそなのでおいしそうではありませんが、食べてみるとけっこういけます。こんなに味の濃いものを食べて大丈夫か、と思うほどに濃い味です。寒天が膨らんでいますから、けっこうお腹にも来て、おすすめです。

2017年11月 8日 (水)

不器用

20171109_064532_2

 大あくびの「くま(仮名)」さん。飼い主もそうなる可能性があったのですけれど、幸いにして前夜は早く寝る(自然死する)ことができたのでそうはなりませんでした。いつものことながらiPhoneを入れ替えるときは大騒動で、古い方のバックアップから始まって新しい方の設定に復元と、今回ほどスムーズにいったのは初めてです。

20171109_064240

 しかし、画面保護用のフィルムについては大失敗。いつもはフィルムを購入したお店で熟練の店員さんにお任せしているのですが、身の程もわきまえず自分で挑戦してエラいことになりました。

 画面左側の端などは、上から下までずぅっと、幅1センチほどホコリが入ったようになっております。ガラスフィルムの粘着(吸着)面にホコリが付いてしまったようです。

20171109_064226

 四隅もお約束で浮いております。しっかりホコリを取り込んでいるのも確認できます。風呂場で裸になって貼れ、と言われるのはこういうことなのでしょう。ワンコを飼っている室内で、たいした準備も技術もなく不器用なオッサンが貼るとこういうことになるという見本です。

 あと、このガラスフィルム、画面より一回り小さいものでした。これが何よりの大失敗。画面が点っているときに見ると、端の方が二重に、あるいは虹色になってしまいます。よくよくリサーチしてぴったりサイズのものを買い、上手なお店で貼ってもらう、というのが鉄則であると改めて認識したことでした。

20171109_070004

2017年11月 5日 (日)

月に2度

20171105_213833

 身繕いに励む「ちち(仮名)」さん。リラックスしている証拠です。家族みんなが家にいるのに、自分だけケージの中、という状況に耐えきれず、わいわい騒いでいたのですけれど、少しの間なでたりさすったりして相手をしてやったので落ち着いたようです。

 一方飼い主の方は、PCの再セットアップの最中にまさかの大事故発生で、いくつかの貴重なデータを失いました。貴重な、といってもそれは個人的に貴重なだけで、ほかのどなたにも迷惑はかかりませんので、それだけでもよかったというところです。それでもあまりいい気分ではないので、憂さ晴らしにお出かけをしました。

20171105_135744

 ご存じ、京都末廣の蒸し寿司。どんぶりと言うには小ぶりな、大きめのご飯茶碗ほどの器にしっかりと盛られたお寿司。これが蒸し上がるまでのつなぎに、お稲荷さんですとか磯巻き寿司ですとか、そういうものをいただくわけです。

 しかし、ここのところいっぺんに胃が弱った感じで、食欲は猛烈にあるのだけれど食べ始めるとすぐにおなかいっぱいという状態が続いています。これはこれで、やせたい私にとっては実に歓迎すべきことで、この上、食欲も減退してくれれば言うことなしなのですが、今日はとにかくしっかりと食べなくてはならないわけがあるのです。

20171105_142342

 職場の給食は校長不在の時を除いて一切食べていない私ですが、管理職だというだけでで、給食室にも立ち入らず、配膳にも関わらないにもかかわらず、月に2回の検便が必須となっているのです。便秘というわけではないけれども、毎日というわけでもない私。しかも食生活が極端に不規則ということで、いつも検便の提出が遅れてしまいがちです。

 朝、ちょっと手間をかけるだけじゃないか、と教育委員会の担当者はお怒りですけれど、いやいや、当の本人にとっては大ごとなのです。提出日の5日ほど前から準備に取りかかるのですが、とにかくお通じによさそうなもの、ということで、滅多に口にしない野菜まで食べるほどです。それでも期日だけが迫ってきた場合、最後は便秘薬のお世話になることもあります。

20171106_012146_2

 「お目覚めの頃、穏やかなお通じを」と宣伝しているピンクの小粒。それのジェネリック品とでも言うべきものなのでしょうか。笑点に出ている噺家さんみたいな名前のお薬はばっちり刺激系で、若い頃に服用して恐れ入った記憶があります。ならばそれそっくりなこのお薬もまた刺激系であろう、ということで試してみましたが、やはり相当なものでした。それに何よりこの系統のものは「習慣性」がありますから余計に危険です。週明け早々に迫った提出日にはこいつのお世話になりたくないものです。

 それにしても、このお薬の製造元を見ると、ちょっと親しみを感じてしまいます。やっぱり「良識あるヘンタイ」だからでしょうか。

20171106_012202_2

2017年11月 1日 (水)

お役所仕事

20171101_220435

 「美輪さん」をマスターした「ちち(仮名)」さん。我が家のワンコにとって、これはマスターすべき必須のポーズなのかもしれません。クッションに寄りかかってこちらを見る、美輪明宏さんがそうしているかのような(本当にそんなことしてるのか)ポーズでぼーっとしているところです。

20171101_150627

 台車を購入して組み立てている最中に、間違いに気づきました。どこが間違っているのか、おわかりになるでしょうか。

 この台車を購入するにあたっては、寸法が最も大切でした。なおかつ、お安いことも。そういう条件の下、某巨大オークションで探して見つけたのがこれ。中古だと思って購入したら新品でしたが、やはりご多分に漏れず中華でした。

20171101_143216

 梱包を解いた瞬間、雨あられと降り注ぐねじ、ねじ、ねじ。最後には車輪まで降ってきました。さすがは高級な台車、演出にも抜かりがありません。重さ150キログラムまで耐えられる、と書かれていますが、本当なのでしょうか。結構重たいものを載せる予定なので、そこは本当でなくては困ります。

20171101_152226

 そう、だから寸法が大切だったのです。つい最近、「放課後子ども教室」の備品として購入してもらったプリンターなのですが、こういう大きくて重たいものを置かれては邪魔、と関係者に撤去を求められてしまったので、安住の地として台車を探していたのです。

 関係者から「コピーも印刷もできるのがほしい」といわれたので、インクジェット複合機を購入してほしいと要望していたのですが、「同等機能のものの中から入札で決めますので機種の指定は不可。」と言われ、結果、やってきたのがこれなのです。

20171101_152208_2

 どこをどう見ても、これでコピーができるとは思えません。その点について抗議したら、役所の担当者は「コピーできるじゃないですかっ!」とキレ気味。その人の辞書には「印字」という言葉がなく、プリントアウトすること、イコール、コピー、だったのだそうです。複写する機能が欲しいのならきちんとそう要望してもらわないと、と逆に叱られました。

 まぁ、プリンターがぴったり載る寸法の台車が見つかったので、私は満足です。これからはこいつを秘蔵のカラープリンターとして確保して、ここぞという場面で活用します。

2017年10月30日 (月)

冬支度

20171031_005433

 なぜか拗ねている「ちち(仮名)」さん。飼い主が帰宅したタイミングで彼女は爆睡していたのですが、その後時間が経っても起きることはなく、深夜というべき時間になってようやく目を覚ましました。わ、みんな帰ってきてるやん、遊んでもらわれへんかった・・・・・というのが悔しかったのか、ひとしきり騒いでいて、それでも遊んでもらえなかったので拗ねてしまったというのが真相のようです。

20171030_222154_2

 飼い主は、夜中にごそごそとタイヤ交換。明朝は今シーズン一番の冷え込み、と聞いたので、普段この車で通勤している長女が寒いだろうな、と思ってのことです。1週間ほど前に、交差点で右折してくる車に突っ込まれたのをハンドルで避けようとして縁石に乗り上げ、左前のタイヤが綺麗にバースト。以来テンパータイヤで駐車場に放置されていたのですが、もうすぐ雪のシーズンだし、と少し早めのスタッドレスです。

20171030_221712

 タイヤはサイドウォールが一番弱い、というのは知識として知っておりましたけれど、こうも見事に破れているのを間近でみるのは初めてです。歩道の縁石に乗り上げた、ということですけれど、ホイールの中心近くにもけっこう傷が入っているので、かなり背の高いものにぶつかっているのでしょう。

 自動車教習所で習うことで、路上で役に立つことなんてほとんどない、と思っておりましたけれど、一番最初に車に乗ったときに習う「アクセルを踏めば加速、離すと減速」ということと、「危ないときにハンドルでよけるのはよくない」ということだけは、とりあえず役に立つことだと再認識したのでした。これを機に、長女がそのことを覚えてくれたら、と思います。

2017年10月29日 (日)

行列のできる店

20171015_214213

 2週続けて、週末が雨で潰れました。「くま(仮名)」さんも、餌鉢が空っぽですよとアピールしつつ眠り続けています。この週末は前週ほどの雨ではなかったものの、すでに地盤が緩みまくっているところへまとまった雨ということで、それなりの警戒態勢でした。土曜日から始まった正倉院展を目当てに奈良へ来られている人も多かったようですが、横殴りのひどい雨で、歩いているだけでもずぶ濡れになるような状態。観光どころではありません。

20171029_133715

 妻と長女は、お目当てのお店へランチに行く、と出かけたのですけれど、そうした評判のお店が奈良公園に集まってのイヴェントがあるために休業。そのイヴェントにしても、大雨と強い風の中、奈良公園に設置されたテントで、という大変な悪条件でした。

 で、お目当ての店にフラれた二人は、いつも行列の絶えない「女子に人気」のお店へ。奈良町にある古民家を活用したお店、カナカナさんです。私は月末の主治医受診を前に絶賛絶食中なので、助かりました。

 メインは鮭の南蛮。柿とほうれん草、とか、野菜何種かを和えたものとか、とにかく私には食べられないものばかりこれでもかと言うほど盛られています。このお店で食事など仕様ものなら、ご飯しか食べることができないでしょう。

20171029_141505

 で、しっかり甘いモンもたべてますね。

 このお店、とにかく人気店らしく、いつみても女の人が列をなしています。彼女に連れられてやって来たのか、あるいは彼女のために選んだのか、ちらほらと男性も居ますけれど、圧倒的に女性に人気のお店のようです。日頃はとてもじゃないけれど並ぶ気にもならないほどですが、バカみたいな大雨なのでスッと入れたようです。

 先の写真が、人気のカナカナごはんという「ヘルシーな」メニューですので、これから先も私には縁のないお店であり続けることでしょう。

より以前の記事一覧

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30