2019年1月21日 (月)

大活躍

20190122_060218

 いつものように熟睡中の「くま(仮名)」さん。帰宅時間が遅いと彼女は絶賛爆睡中で飼い主に挨拶などしてくれません。本日はもう一頭の「ちち(仮名)」さんでさえ、眠たすぎて、ベッドに横たわったまま尻尾を振るだけ、というお迎えでした。

 この季節、出勤するとすぐに電話の嵐です。2回線しかない電話がひっきりなしに鳴り続けますが、そのほとんどは欠席の連絡。中学生の保護者は電話に出た者に欠席する旨を伝えて終わりですが、小学生の保護者はとにかく担任に代わって欲しいと希望することが多いのです。朝の7時半にもなっていないような時刻に「担任の先生に代わって欲しい」と言い、出勤前だと伝えると大げさに驚く、というのが小学生の保護者に多いパターンです。

 私の勤務先の場合、先生方の勤務時間は8時25分から16時55分まで。45分以上連続した休憩、なんてものは法律には定められていても実際には誰一人取れないので、ノンストップで日が暮れるまで行きますが、保護者としてはせめて朝7時には先生が出勤していて欲しいし、夜も9時か10時まではいて欲しい、というのが実際のところです。仕事を持っている保護者にしてみれば、そうでもなければ先生とお話しする時間が取れないからですが、そういう事情はわかりつつも、まだ来ていません、もう帰りましたとはっきり言うようにしています。何事も啓発ですので、先生だってご飯を食べたり家で眠ったりするのだ、という事実をわかってもらわないといけません。

20190121_083725

 で、本日はその先生たちから相次いで欠勤の連絡。熱が下がらずに動けない人、元気でピンピンしているのだけれどインフルエンザという診断が出たので出勤できない人。授業をする中学部の先生は15人ですが、そのうち3人が欠勤。3学年で6クラスなので12人もいれば十分ではないか、と思われるでしょうが、生徒から見た場合、同じ先生、同じ教科の授業が1日に2回以上繰り返されるのは大変ですし、実際、中学部の先生は小学部の方へも授業に出ていきますので、3人も欠勤となると人手が足りません。

 数学と保健体育の授業に穴が空くことが判明したので、作業が遅れている技術・家庭科の実習時間として保健体育の授業枠を取ってもらい、数学の方は私が2時間お守りをすることになりました。写真は図書室の一角にある「ピックアップコーナー」ですが、ここを片付けて例のカルタをまきます。

20190121_093739

 生徒に百人一首をやらせるときは、こういう机ごとに5~6人のグループで「お散らし」をします。本日はその6グループの中から、最もたくさん札を取る可能性が高い人を一人ずつ選出して、写真の北海道式百人一首に挑戦してもらおう、という趣向です。

 各チームから選抜された人には、嫌気がさしたら交代を要求できる権利を与えて競技をスタート。こんなもん読めるかいっ!と言いつつやり始めた子どもたちでしたが、3枚ほど読み上げる内に早くも没入。そのあまりの盛り上がりぶりに、通常の百人一首をしている連中から代わってくれという声が出ますが、誰も交代しようとはしませんでした。何より、ほとんど読めないはずの取り札ながらも、結構正確におさえていたのには感心しました。

20190121_023414

 いっぽう、こちらは私にとっては禁忌なダンゴムシフィギュア。理科の教員に見せましたところ大好評で、早速授業で活用すると言っておりました。ちょうど今、生き物の体のつくりについて学習しているところなのだそうです。

 頂き物だけれど自分にはちょっと・・・・・というものや、迷惑じゃんけん大会の景品でも、学校という場所では大活躍することがあるのです。だからといって、迷惑な品ををどんどんください、などとはけっして言いませんが・・・・・。

2019年1月20日 (日)

とにかく早く

20190120_202351

 クッションを被って、というかクッションに潜り込んで眠る「ちち(仮名)」さん。この後、さすがに息苦しくなったのか、ふはっ、という感じで飛び起きておりました。

 今日は朝から雨だったこともあり、1日寝て過ごしました。明日からの1週間は結構忙しくなりそうなので、それに備えて体力も温存しておかなくてはなりません。月曜から金曜までとにかくしっかりと体を動かし、食事を絞ります。月末に向けていつもやっていることで、ボクサーが計量をパスすべく減量するのと同じです。けれど、水は飲めますし、食べたくなったら糖質の少なそうなものを少しだけ口に入れる。それでも1週間で3~4キロは落ちます。その状態で散髪に行くと、散髪屋の大将に「調子よさそうやね。」と言われます。普段食べ過ぎているので、食べないことが健康につながるのかもしれません。

20190121_022452

 神戸や岡山のWAGNERに参加すると、たいていF氏からこういう球をもらいます。今回は左の球が個人的に忌避でしたので、フィルムを剥がして中を確認することにしました。

 これの存在は知っておりましたし、カラーバリエーション追加のニュースも聞いていたので、いずれ手元に来るのかもしれないなぁ、とは思っていました。

20190121_022911

 個人的にはダンゴムシと言うよりまるむしという方がしっくり来ます。庭の石なんかをめくると下にうじゃうじゃいて、わぁ気持ち悪ぅ、という感じ。まぁその大きさ故に怖さは感じませんが、時折デカいのもいるので油断は禁物です。

 で、そういうもほどの大きさで再現するのはやめなさいのを、っていう話なんですが、喜ぶ人もいるのでしょう。我が家には置いておけないので、早速職場に持ち込んで理科の先生にでも進呈しようと思います。

20190121_022940

 生理的にダメです。これとゴキブリ、どっちを選ぶと言われたら、まだこっちですけれど、虫たちが重要な役割を担っていることは理解しつつも、虫のいない世界に行きたいです。

 よく、埋葬後に生き返った、なんて話がありますけれど、そういう話を聞いたときも、わ、周りに一杯虫おるやんか、とまずそっちを心配してしまうような私です。紹介しかけた以上仕方が無いので、最後まで行きますけれど、私と同じような人は見ない方が良いと思います。なので、安全のため少し間を開けておきます。

20190121_023414

2019年1月15日 (火)

バブルソート

20190114_224157

 自分のものではなくても、餌鉢である以上大切にする「くま(仮名)」さん。お母さんが白いのと間違えてこの餌鉢でご飯をくれたので、文句も言わずにペロリ。空っぽになった後も愛おしそうに自分のすぐそばに置いて盗られないようにしているのです。

 今日は早く帰れるはずだったのですが、あちこちの学校から問い合わせを受けたり、学校内でも予定にない仕事を仰せつかったりして、結局は日付が変わって相当経ってからの帰宅になってしまいました。別にしんどい仕事でもなかったので、のんびりとこなしてはいたのですが、その中で、遠い昔の記憶がフラッシュバックしました。

Hard15

 SHARPの名機、MZ-2000です。大学生の時、なぜかポケットコンピュータを買おうと思い立ち、アルバイト先の百貨店での休憩時間、事務機売り場へ行ってはPC-1250がいいか、それともPC-1500にするか、などとためつすがめつしておりました。PC-1500をフルオプションで購入するとかなりいいお値段になり、それならMZ-700かなぁ、などと優柔不断にも悩んでいるうち、MZ-2000が処分価格で売られているのを見て、これしかないと飛びついたのでした。

 BASICでポチポチ。市販のソフトウェアはカセットテープでの提供でした。外付けカセットレコーダーを「勘」で操作してプログラムのロード、データのセーブを行うのが当たり前だった時代、こいつはカセットを入れてボタンを押すだけ。ロードが終わればReadyですので、あとはRunとやるだけ。プログラムのロードをミスるなんてことはなかったのです。晩年にはカセットデッキ部分が劣化し、筐体を外してキャプスタン部分を手で回して勢いをつけてやらないとロードできない、なんて状態になり、その際に誤ってブラウン管のお尻の方に手を触れて感電、なんて経験もしました。懐かしい相棒です。

140917a1

 で、教員になってからは趣味というよりお仕事で使うことを考えました。生徒の点数を打ち込んで、得点順に並べ替える、なんてことをやらせていたのですが、BASICで組んだプログラムのアルゴリズムは当然のことながらバブルソート。夕方、退勤前に200人分のデータを入れてソートプログラムをRun。夜通し処理を続けさせて、翌朝には半分ほど終わっている、という、今では信じられないお話です。しかもこのMZ-2000、連続して稼働させると熱がこもって処理速度が目に見えて遅くなるのが特徴でしたので、それも処理速度を落とす要因の一つでした。

 今日は退勤前に、70人分のテスト結果票を出力してほしい、と頼まれてきやすく引き受けたのですが、1人分がA4用紙2枚、両面印刷というPDFの資料。いざ印刷にかかると、異様に時間がかかります。PCからプリンタにデータを送るのは早いのですが、ページプリンタのくせにメモリが少ないのか、展開に異様に時間がかかるデータのようで、1人分出力するのに5~6分かかります。夜の10時からスタートして、半分ほど終わったところで午前2時。紙を吐き出しては5分間沈黙するプリンタを見て、思わずバブルソートを思い出してしまったのでした。

2019年1月14日 (月)

祝・成人

20190114_114445

 暖かい部屋で気持ちよく眠る「ちち(仮名)」さん。彼女は長女が高校生になった年に我が家に来たのではなかったかと記憶しています。ペットショップにいた頃の彼女はとにかく可愛らしくて、真っ白な体毛にまん丸なお顔、少々やんちゃなのも元気が良いと受け止めておりましたけれど、育ってみれば大きくて獰猛なお姿。甘えん坊でやきもち焼き、一緒に暮らしている「くま(仮名)」さんをいじめまくる、という難儀なワンコになりました。飼い主の育て方がまずかったのでしょう。それでも、やっぱり可愛い奴です。

20190113_232823

 三連休の最終日、今日も乗り鉄していた私ですが、早めに切り上げて地元の某ホテルへ。6年前、今の職場の第1期生として卒業していった子どもたちが今年成人式を迎えるので、そのお祝いを兼ねて同窓会をやろう、ということになり、呼んでもらったのです。

 そういう日にも乗り鉄してる自分って、ホンマにのんきなオッサンやなぁ、と思って、6年前の同日のBlogを見ましたら、やっぱり三連休で乗り鉄しておりました。進化がありません。

 とりあえず、名古屋駅で甘いものをお土産に買って帰ってきたよ、という記録を残しておくことにします。

20190113_231842

 卒業生を送り出すと、さまざまな意味でその後が気にかかります。実際、苦労して入った高校をやめてしまい、そのまま引きこもるようになってしまった子、生活上の問題で指導を受けて高校をやめ、肉体労働で家族(!)を養っている子。逆に、この子は高校生活大丈夫だろうか、と心配でたまらなかった子たちが、何の問題も無く高校3年間を過ごし、立派な新成人として目の前に立っている。この仕事をしていていちばん嬉しいのはこういうときです。

 名物、大あん巻きに衣をつけて揚げた「天ぷら」は、もともとの大あん巻きにも増して濃いお味。そして本日の同窓会で出会った教え子たちは、女性陣はほぼ誰だかわからないほどに濃いお化粧で化けており、男性陣も顔を見れば誰とわかるものの遙かにたくましくなっていました。皆それぞれに充実した日々を過ごして今日に至っているのだな、という思いを持ちました。

 対して、しぼんでいくばかりの私。この子たちが30歳になった頃にはあちらの世界にいるのかもしれません。

2019年1月13日 (日)

かみめ

20190113_211907

 気持ちよさそうな「くま(仮名)」さんの寝顔を見ていて、あぁ、自分もこんな顔して電車の中で「倒れて」いたんだろうなぁと思います。とにかく名古屋に行かなくっちゃ、と思ったのは昨夜のこと。自宅へ戻る電車の中でSNSをチェックしていたら、名古屋高島屋で紙関連のイヴェントだか何だかがある、というのを読んでしまったのです。で、SNSなので流れてしまったらハイそれまで。そういう方面の操作はさっぱりできないオッサンなので、とにかく名古屋の高島屋へ行けば何とかなるだろう、ということになりました。

 こたつで自然死して、未明に目覚め、入浴して家を出たのが7時頃。えっちらおっちら普通電車や急行電車を乗り継いで名古屋へ到着したのはお昼前でした。伊勢中川から先、名古屋までの列車の中では、意識が飛んでおりました。

20190113_124836

 ラーメンは好きですが、あの国の漬物は絶対にNGです。このお店、旗というか、入り口が狭くて中が広いのですが、その入り口を狭めているのが漬物屋さん。そして何より恐ろしいのが、カウンター席で隣に座った人がそれを食することです。

 今日も、せっかくのお昼ご飯でしたけれど、タイガーバームの缶が破裂したような、とても食べ物のそれとは思えない凶悪な臭いに悩まされつつ、まぁそれでも、ラーメンはおいしくいただきました。あの凶悪な漬物さえなければ、良いお店なのですけれども。

20190113_123530

 名古屋駅ではこれ。いつの間にか味のバリエーションが増えていました。別のお店にはカフェオレ味なんてのもおりました初代シャチボンはその見た目のエグさと持ち帰り中に崩れてしまうことが多かったためか短命でしたが、ぴよりんは安定していますね。それも、家に帰って箱を開けると目玉やくちばしが取れていたりするのは仕方の無いところです。

20190113_121645_0000

 JR.名古屋高島屋の方では、日本の伝統展、なんてものをやっていて、ペン先にJSUと刻印のある萬年筆屋さんなんかも出ていたのですが、危なくて仕方が無いのでスルー。あちこち見て回ったのですけれど、そういう「紙もの」関係のイヴェントなんてやっていません。諦めて帰ろうかと思ったそのとき、ゲートタワーモールへの連絡通路、という表示を見て、そちらものぞいてみようと思ったのが幸いというか、運の尽きというか。

 で、肝心の「紙関係のイヴェント」なんですが、これでした。神保町いちのいちさんが出展されていたのですけれど、その一部というか大半というか、いろんな紙ものが出てました。ほとんどはすでに目にしたり買ったりしたものばかりでしたが、千代切り紙 というのは実に危険な代物でした。3枚入り900円、というお値段と、どの模様も気に入ってしまって決められない、というのが幸いして出費に至りませんでしたが、器用に折り紙が出来る人なら、是非お試しいただきたいものです。

20190113_190244

 この時点で13時過ぎ。まっすぐ家に帰ろうかとも思ったのですが、お天気が良かったのでそのまま電車に乗って賢島までうつらうつら。途中、五十鈴川駅では普段見たこともないほどの人出に圧倒されつつ、賢島に着いた頃には陽は西に傾きかけておりましたので、結局そのままUターン。と、その途中でお誕生日のケーキ買って帰ってきてねのメッセージが入るという緊急事態です。その時点で一番近い「街」であった津まで行き、行ったこともないケーキ屋さんで誕生日ケーキを買って、仕方なく特急を使って帰宅したのですが、そのケーキ屋さんで「おしりたんてい」の模様を入れたお誕生日ケーキを見てしまいました。祝ってもらう男の子の名前も入ってましたから、特注なのでしょうけれど、権利的にはアレですよね。なので、ケーキ屋さんの名前は非公開です。

2019年1月12日 (土)

降り放題

20190112_203517

 とにかく外に出たい「ちち(仮名)」さん。耳の治療でお医者様へ行き、震えたりか細い声で鳴いたりと萎縮しまくっていたのですが、家に帰ると一転、いつもの元気なワンコに戻りました。どうやら家族はお休みらしい、これは遊んでもらわねば、ということなのでしょう。

 飼い主は例によってずっぽりと三連休。よく出来た教頭先生であれば、こういう学校が動いていないときを狙っていろいろな仕事を片付けておくものなのでしょうけれど、私のような人間にそういう考えはありません。ひたすら休むのみです。

20190113_063704

 近鉄全線3日間乗り放題、という切符を買って、この三連休は電車に乗りまくるぞ、と決めました。ただ単に長時間「乗り鉄」するだけならば、JR.の大都市区間特例を利用しての大回り乗車で良いのですが、それだと途中の駅で改札外に出ることが出来ません。

 つまり、どこへ行こうが、車窓や駅のホームなどから外をうかがうことしか出来ないわけです。身柄はその場所へ行ったとしても、それは「行った」とは言いがたいものです。

20190112_203013

 本日は土曜日。よって、大阪は堺筋本町にある「ビジネス品のイケマン」が営業しておりますから、頼まれたややこしい文具を買いにまずは大阪へ。以前はビル一つまるごと文房具屋さんだった同店ですが、今はぐっとコンパクトになって昔日の面影はありません。それでも、カタログから中温して届けられるのを待つしかないような、普段は見たこともないような文具を手に取って確かめつつ買うことが出来るところは変わりません。「変なモン」はありませんけれども、仕事で使う、そこら辺のお店には置いてないようなものが置いてある確率が高いのです。

 無事、目的を果たして、上本町から「宇治急」に乗り込みます。現状、多くの列車は宇治山田の一つ先、五十鈴川までの運転となってますし、桜井を過ぎると榊原温泉口まで各駅に止まるという残念な姿ではありますが、5200系が使われていたりすると旅行気分が盛り上がります。はたして、運の良いことに大阪線では希少な5200系充当列車に乗ることが出来ました。

20190112_180029_2

 あとは宇治山田まで、うつらうつらと寝ながら2時間半。宇治山田駅は何度も利用しておりますが、いつも伊勢参りや鳥羽港祭見学など、ほかの目的で通過するだけでしたので、駅の周辺はどうなっているのか、なんてことがさっぱりわかりませんでした。そこで、じっくりと駅周辺を歩き回ってみようと思い立ったわけです。

 十分に目的を果たして、帰りもまた5200系。満足の1日でした。

20190112_203441

2019年1月10日 (木)

完全食

20190111_014744

 耳が痛いのでおとなしく眠る「ちち(仮名)」さん。治りかけてくると痒くて掻いてしまい、また傷になって、ということを繰り返しています。この調子ですと、彼女の嫌がるカラーをつけることになるのかもしれません。

20190111_014100

 年末大バーゲンの際に「ネタとしてどうぞ」と頂戴した「完全食」です。食と言って良いものかどうか、食べた感じは食事と言うよりお菓子です。

 もとより、こういうものに縁の無い私。いい歳をして、うまいもんは体に悪いのじゃ、などと言っておりますし、好き嫌いは子どもの頃よりさらにひどくなっているように思います。

20190111_014443

 確かに栄養バランスは良いのかも知れませんが、ここに書かれているものを体に取り込むことが良いのか悪いのか。母が50歳、父が76歳で亡くなっておりますから、その平均を取って私の寿命は63歳あたりまでかと思っておりますので、健康のために食べるものに気をつける、なんて意識はありません。なので、一体何なのかよくわからない成分を見ても何も思わないのですが、気にする人は気にするのでしょう。

20190111_014224

 こんな感じのグミが40個ほど入っていて、それで400キロカロリー。カロリーはすごくないけれど必要な栄養素は全部入ってまっせ、というところが訴求ポイントなのでしょうね。完全食というなら、これだけ食べて1日を過ごしてみる、ということを1ヶ月ほど続けてみるという人体実験も面白そうです。意志の弱い私には無理だと思いますが。

20190111_014531_2

2019年1月 6日 (日)

耳が痛い

20190107_002015

 置物のようにすっぽりとクッションにはまってまどろむ「ちち(仮名)」さん。本当は眠たくて眠たくて、ぐっすりと眠りたいところなのですが、その眠たさ故に悲鳴を上げて目を覚ましたところなのです。

 実は彼女、数日前に耳を掻きすぎて傷つけてしまい、現在、抗生物質を服用中です。眠たいので頭が下がっていって、つい、痛い方の耳を下にして自分の頭で押さえつけてしまい、思わずキャンキャンと叫んで飛び起きた、というわけです。

20190107_001953

 左の耳がほぼ水平になってしまっています。痛いのと違和感とで、耳をピンと立てることが出来ないようです。耳の内側はミミズ腫れみたいな感じになっています。彼女は痒いところを掻くときに容赦なくガシガシやる方ですので、勢いが良すぎて傷つけたのでしょう。家族を見ると遊んでくれと甘えてきますが、頭を撫でてやるときも気をつけないと叫び声を上げさせてしまうことになります。

20190106_125927_2

 今日は家族で神宮へ初詣に行きましたので、例年欠かすことなく続けている定点観測。見たところ、昨年から更新されていないようです。まだそんなに汚れてもいないので、この分だと来年もこのままなのかも、と思いますが、実は今年の4月には知事選が行われますので、その結果次第では・・・・・というところもあります。

 ちなみに鈴木知事、本名は「ひでたか」さんですけれど、政治家としては「えいけい」と読むのだそうです。何か思うところあってそうされているのでしょうね。

 で、この看板を見た次男が「中心線がゆがんでるやん。」と一言。そう、字が下手という人は皆、縦書きにすると中心線が蛇行しているので余計に目立つのですね。いや、縦書きとか限定せずとも、たった一文字でもゆがんでしまうのですけれども・・・ね。

2019年1月 5日 (土)

忘れてた

S20190106_044805

 手術跡が気になって仕方がない「くま(仮名)」さん。くつろいでいるときには一定間隔でこうやって舐めています。彼女は清潔好きだからこそ体のあちこちを舐めるわけですが、飼い主側からすると、そうやってあちこち舐めるからお風呂に入れてもすぐに臭くなる、ということになります。まさにいたちごっこです。

 昨日、以前の職場で一緒に勤めていた人から「明日の件やけど・・・・・」と電話があって、何の話や?と聞き返して本日が教え子が企画した同窓会だったことを思い出しました。教師人生の中で一番苛烈、激烈な時代の「やんちゃ」な教え子たちで、その当時はこの子達本当にまともな大人になんかなるのだろうか、と真剣に心配していたものですが、もう三十路直前。親になった子もたくさんいて、大いに盛り上がりました。何より、同窓会を企画してくれたのが当時一番手を焼いた子だった、というのが泣かせます。

20190105_125120

 同窓会は午後3時からでしたので、お昼ご飯を食べて出陣。お湯をかけたら出来上がり、という即席食品で軽くお昼です。

 だし入りのお味噌がビニール袋に入っている、というのはよく見ますが、一歩進んで具材までも含め、すべてをキューブ型に固めたお味噌汁、というのもあります。こいつはそれのカレー版です。さすがに白飯までは一緒になっておらず、別に用意する必要があります。

20190105_125549

 今回はBlog用に写真を撮る関係から、お皿を二つ用意して説明書の通りに作ります。広い容器に中身を入れる、というところが結構重要なポイントと感じました。容器の中が狭いとかきまぜる動作が制限されるのです。結果、重要な注意事項の一つである「衣がはがれやすいので・・・・・」というところに引っかかってしまうのです。

20190105_125331

 大きさ確認用として引っ張り出されているのはLAMY2000。比較的少なめのお湯を注ぐというのも大事です。たっぷり注ぐと、しゃぶしゃぶのカレールゥになってしまいまいます。

20190105_125502

 きっちり衣をはがしてしまっています。ちなみにこれはとんかつカレー。しかもとろみが十分ではないのでしょう、これを普通ぐらいの盛りのご飯にかけたのではルゥが不足気味な感じがします。

20190105_125920

 かといって、こんな風に2食分かけると、カツのボリュームがすごくなります。チキンカツととんかつ、2種類(2食分)のカレーをかけています。個人的に、カレーはご飯少な目でルゥ多めという食べ方なので、まぁこれでよいのですけれど、しっかりと広めの器でかき混ぜたらもう少しとろみが増して、ご飯の上にルゥが載ってくれるのかと思います。すなわち、今回はお湯を注いでかきまぜるだけなのに失敗してしまった、ということになります。まぁまずくはないのでよしとしましょう。標準的なカレーとして何の問題もないお味と思います。

2019年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

20190102_001635

 あけましておめでとうございます。「くま(仮名)」さんにイノシシの被り物をつけると、嫌がって激しく頭を振ります。これは、その一瞬先、鼻先を舐めてこれから頭を振ろうとする瞬間が何とか写ったものです。

20190102_0014461

 その直後、こうやって激しく首を振りました。これで首輪のように被り物が後ろの方へずれていけば、とりあえずOKなのです。耳まで覆うような被り物は勘弁してほしい、ということを静かに表明しているのですね、彼女は。

 では、もう一頭の白い方は、というと、こちらはもっと若くて元気がいいので、かぶっている状態で写真を撮ることができませんでした。かぶせてカメラを構えたときにはもう落ちているという状態なのです。

20181230_120759

 一昨日、東京スカイツりーから見た富士山。新幹線に乗っていても、いつも静岡県内では眠っていますので、最近はめったに富士山を見ません。最後に登頂したのも20年ほど前のことになるでしょうか。今の体力では、とても登ることはできないかもしれません。

 では、今年も変なモンを探求し続けます、という一年の計、最初の変なモンは、東京スカイツリーの名物に難癖をつける、というところからです。

20181230_123515

 もういい加減、みんな飽きたんじゃないかと思いきや、この日も大混雑で、エレヴェーターやエスカレーターの順番待ち、移動規制でかなりの時間を浪費しました。そして最後に下へ降りていこうというとき、名物のガラスの床のあたりで列に並んでいて、こうも傷が入るものかと思ったわけです。

 初めからだれもが踏みつけることを想定して作られたものなのに、こんなに傷だらけになるなんて。実際、肉眼ではもっとたくさんの傷がみてとれます。しかし、あぁこのオッサンもガラス越しに下の写真撮ってるんやなぁ、と思われつつ、必死にガラスそのものにピントを合わせようとしていた私、やっぱりおかしいですね。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

より以前の記事一覧

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック