2019年10月22日 (火)

京都の休日

20191013-122416

 気持ちよく寝ていたのに、部屋に入ってきた長女にむにゅむにゅされてしまっている「ちち(仮名)」さん。本当は迷惑なのかもしれませんけれど、こうして黙って触らせてくれるところ、これこそがワンコだ、と思います。飼ったことがないので変わりませんが、ニャンコだとこういうときすぐにどこかへ立ち去ってしまうのではないか、と勝手に思い込んでいます。

20191022-114827

 昨夕来の激しい雨もからりと上がったので、妻と二人、京都のちょっとヘンタイな文具や雑貨を扱うお店を巡ってみよう、と出かけました。電車に乗って降り立った京都駅、駅ビルの2階にはこんなお店があります。この字、何や、けったいな字やなぁ、と。

 でも、そういうことを言ってると、それこそ京都の人に「ふん」と笑われてしまうのでしょう。当て字とか、新たに創り出したとかではなくて、ちゃんとこういう字があるんですね。「亰」というのは「京」の異体字、とあっさり調べがつきました。だからといって、わざわざこんなややこしい字を使わんでも、と思ってしまいます。田舎者なのかもしれませんが、わざわざ訳のわからんひねりを入れんでも、と思うのです。

 20191022-124505

 法観寺の八坂の塔へと続く、東山、八坂通り。いつも思うことですが、中国人観光客って本当に普通の人たちなのかどうか、実は日本征服に向けてあれこれ調査しているエージェントなのではないか、という疑いを持ってしまいます。かの国では、小さな声で話すのは泥棒のすること、という風に育てられるそうです。そういう話を聞いて、あの、時も場所もわきまえずどこでもここでもオペラ歌手みたいな大音量で話すのはどうしてなんだ、という疑問が解けました。この写真に写っている人たちも、それこそ写真に写るんじゃないかというぐらいデカい声で会話をしておりました。

20191022-124544

 通り沿いのお店の前で、少し懐かしいものを発見。今日はとてもいいお天気だったのですが、外国人には何だかわからないのか、あまり売れているようには見えませんでした。今思えば、よく冷えたラムネをプシュッとやったら気持ちよかっただろうなぁ、と思いますが後の祭です。

 この後、歩いたりバスに乗ったりしつつ四条河原町から寺町、さらにはもっともっとディープな細い路地の奥にまで探検の旅を続けたので、さすがに足の裏が磨けて痛いと感じるほどになりました。いい運動だったので、体重60キロ台がさらに近くに見えてきました。

2019年10月21日 (月)

来年も・・・その後

20191019-205335

 どて~っと寝そべる「ちち(仮名)」さん。顔を見る限り、さほど眠そうには思えません。すなわちこれ、飼い主を観察しているのです。もしも飼い主が動き始めたらすぐに駆け寄って遊んでもらおうと構えているわけです。この状態は根比べなので、飼い主も知らん顔してTVの方を向いて寝そべっています。最後にはワンコの方が負けて寝てしまうか、諦めきれずに吠え始めるか、です。

20191023-002153

 PILOTの手帳なんてけったいなモンを買っておきながら、そこに挿すのがプラチナの多機能ペンって、一体どういうことや、とツッコ身をいただいたので、一応、同社のEVOLTも持ってますよ、という証拠写真を。こうして挿してみるとしっくりくるような気もします。

 プラチナのPnovaはとにかく当てずっぽうで回して芯を出す(実際には回転方向をしっかり覚えれば一発で目的の芯が出る)のですけれど、REVOLTには見やすくボールペンの色とシャープペンの表示があります。これがあっても、老眼でロクに見えないので同じような気もしますけれど、安心感はありますね。

20191023-002259

 そういうわけで、現在、赤いPNOVAは毎日持ち歩いている鞄の中に放り込まれたままです。もう10日もすれば毎日スーツを着て出勤となりますので、そうなると筆記具は上着の内ポケットに。この分でいくと、手帳にはEVOLTを、スーツの内ポケットにはキャップレスと赤いPNOVAを、ということになるのかもしれません。

 けれどこれには問題もあります。断糖高脂質食を続けている影響か、何となく体温が高めで、周りの人が肌寒いと言っているのに半袖でまだ暑いなどと言っている私。スーツの上着なんて、脱がずに着ていられるのかどうか、今から心配です。

2019年10月19日 (土)

余計な手間

20191020-200232

 長女に抱きかかえられて身動きが取れない「ちち(仮名)」さん。かろうじて地に着いている後ろ脚を頼りに脱出を試みてはいますが、なにせ抱えている方がかなりの手練れですので、そう簡単には抜け出すことが出来ません。

 飼い主は「秋の乗り放題パス」を買おうかどうしようか、絶賛お悩み中。7850円払えば、連続する3日間、JR各線の普通列車や快速列車に乗り放題ですので、使用期限ギリギリとなる次の週末、25日の金曜日から使用を開始して27日までの3日間で遊ぶ、ということが考えられます。で、列車に乗って目指すのは東京。フェンテの集いに参加するなら、26日の始発で奈良を発って15時過ぎには銀座に顔を出せるでしょう。そんな道中、喧しいのは難儀なのでずっと音楽を聴いておりますが、これがおかしくなっています。

 iPhoneで音楽を聴く、それはいいのですが、アルバムアートワークがぐちゃぐちゃになっています。Beatlesの曲が流れているのに、画面に表示されているアルバムアートワークはなぜかEagles、なんてことが普通にあるのです。

Music

 なにせこれだけの曲が詰め込まれているので、アルバムの数も膨大で、それを一つ一つ修正するなんて不可能に近い話です。原因はいものようにapple様のお金儲けのため、ということらしいのです。自分のCDとか読み込むより、apple Music使ってね、と言うことなのでしょう。でもそのおかげで、せっかく入れ込んだものが勝手に変更されるなんて迷惑な話です。

 実際に音楽聴きながら東京まで鈍行列車の旅をするかどうかはともかく、この迷惑な状態を解消する方法はないものかといろいろ検索かけてみますと、皆さん、けっこう被害に遭ってらっしゃるようです。で、Mac使っている人なら割と簡単に直せるみたいですが、Windowsでも大丈夫。要するに、入れ直してしまえばいいみたいです。写真のようなiTunesの画面で、ミュージックを同期、のチェックを外して同期し直せば、iPhoneの中にある音楽データはみんな消えます。しかる後に、再度チェックを入れて同期すればよいわけです。

Mus2

 ところがこれ、言うは易し、行うは難し、でありまして、なかなかすっきりと曲データが転送されないのです。けっこう進んだと思っていると、突然に同期が終了して、「出来ませんでした」と表示されます。100曲かそこらを転送したらそこでおしまい。これは大昔からよくあることなので、気にせず何度も同期を繰り返すしかありません。けれどこれだけのデータ量ですから、けっこう時間がかかります。まさしく余計な手間です。

2019年10月18日 (金)

100か日

Rimg0133

 まだ幼かった頃の「くま(仮名)」さん。彼女が亡くなって、今日が100か日になります。この日は卒哭忌(そっこくき)とも言われるように、遺族が哭(な)くことから卒(しゅっ)する日、ということになっています。

 先代の「クマ(実名)」さんは、家族みんなで入院中の私の父を訪ねて家を空けていた、その間に旅立ちました。最後の最後、たった一人(頭)で逝ったのでしたが、その彼女の一周忌にお墓参りをして、帰りに立ち寄ったペットショップで抱いてしまったのが「くま(仮名)」さんでした。あんたに任せるとロクな名前つけんから、と命名権を握った妻は、ペットショップを出たときになごり雪が舞っていたことから「ゆき」と名付けたのでした。まっくろな「ゆき」ちゃんです。

20151019-092818

 懲りずに彼女を「くま」と呼ぶ私に、いささか頭にきているようすの長女。それをまた面白がって、「ならば、今流行りのBlogなどを書くことにしよう。日めくりみたいに毎日『くま』の写真を載せるから、『くまめくり』だ。」と言ってしまったのでした。最初の記事を投稿したのが2008年の9月16日。今でも続いているのは大変に不思議なことです。

 結局本日は、長女がお墓参りに行ったようです。そしてこの先、まだまだ法要だなんだと、ペット霊園のビジネスに乗せられていく日々が続いていくのでしょう。

2019年10月 8日 (火)

探索

20190922-235218

 夜のお散歩中、立ち止まって遠くを見つめる「ちち(仮名)」さん。何か気になるものがあるのでしょうか。2~3分ほどこの場に立ち止まって彼方を眺めておりました。ワンコには人間に聞こえない音も聞こえ、見えないものも見えるのでしょうけれど、臆病な彼女のことですから、視線の先に怖いものがいたのではなさそうです。

 飼い主は、余計なものを探索して、怖いものに出会ってしまいました。東京にはそんなんできてるんや、関西にもでけへんかな、と思っていたら、出来てしまいました。一人焼き肉のお店、焼き肉ライクです。近鉄から地下鉄に乗り換え、谷町4丁目の駅で降りて谷町筋を北上。このあたりかなぁ、と思いつつ通り過ぎてしまって、戻ってみたらけっこう遅い時間というのにまだ順番待ちの人が立っていました。

Hptimage1

 お店のWebサイトから借用した店内写真。牛の絵が描いてあるパネルの手前が入り口で、右の方からJの字の形に店内を進みます。焼き肉は断糖高脂質食的にはどうなのかというと、「おいしかったらアウト」です。よほど高いお肉でもない限り、焼き肉の味すなわちタレの味。このタレに大量の糖分が含まれているので、お肉を山ほど食べて脂質を摂っても糖質も摂ることになり、結局太るばかりなのです。

Hptimage_20191014161101

 こうやって一人用のロースターでお肉を焼いて食べます。お一人様焼き肉のお店でしたが隣は若いカップル。女性の方が甘ったれた声で彼氏に話しかけておりましたが、彼氏が生焼けの肉を食べようとした瞬間、「おかん」の声になって「あんた、それ、怖いで!」と制止。この二人が結婚した後の生活を思うと、彼氏は幸せなのか、どうなのか。幸運を祈ります。

20191005-215517

 セットのメニュー。ご飯はいけませんね。でも、わかめスープに隠れている奴、こいつが一番いけない。システムがよくわかっていなかったので、こういう「セット」を頼んでしまいましたが、これですといけない食品とご飯、ともに残すことになります。いけない食品は論外ですが、ご飯を残すことには強い抵抗があります。単品でお肉を頼んでハイボールでも飲みながら食べるのが良いですね。とはいえ、また行くかと聞かれたら、微妙なところです。連れはいないけれどどうしても焼き肉食べたい、ってときぐらいでしょうか。

2019年10月 4日 (金)

ゆきちゃん

20191007-163712

 餌鉢に盛られた雑草を食べている白ウサギ。実はこの子、今は亡き「くま(仮名)」さんと同じ名前なのです。生まれて1月ほどの赤ちゃんをもらってきて育てていたのですが、先日、一緒に買われていた先住兎が亡くなり、一人(一羽)ぼっちになってしまいました。

 それでも元気に過ごしていた彼女でしたが、ある日のこと、何気なく兎小屋をのぞき込んだ教員が異変に気づきました。いつもはそれこそぴょんぴょんと動き回っている彼女がじっとしていたのです。

20191003-113709_20191008033801 

 早速箱に入れて、日頃からお世話になっている獣医さんのもとへ。シュレッダーのくずを敷き詰めた箱の中で、本当にじっと動かない彼女でしたけれど、写真の輸液でV字回復です。本来これ、点滴と思われますけれど、獣医さんは輸液の入ったバッグを使い込んだ歯磨きチューブのようにくるくると丸めて圧迫し、ぎゅんぎゅん液を送り出して、ものの5分ほどで1パック全量送り込んでしまわれました。みていると、みるみる背中が膨らんでいくのがわかるほどでしたが、針を抜いたら様子が変わり、帰りの車中ではずっとごそごそ動き回っている音が聞こえておりました。

20191007-164305

 写真の場所は、兎小屋の床というか地面というか、そこから30~40センチほど高くなったところですが、彼女のお気に入りの場所です。輸液を終えて帰ってきた彼女、しばらくは職員室において様子を見るように、ということでしたけれど、夕刻に兎小屋に戻すとこのように元気にぴょんぴょんしておりました。小さいだけに少しの異変でだめになるものの、治療の効果もすぐに出るものなのかも知れません。

2019年9月30日 (月)

仕方ない

20190910-181631 

 お帰りぃ、と迎えてくれる「ちち(仮名)」さん。こういうのはいいですね。日が暮れてしばらくした頃に家に帰って、夕飯までは少し時間があるので、ワンコと遊んで過ごす。そういう生活に憧れます。

 学校の先生という仕事をしている限り、そういう日はめったにありません。私の職場の場合、8時25分から16時55分までが拘束時間となります。公務員なので1日の勤務時間は7時間45分。そこに45分間の休憩時間を加えてトータル8時間30分の拘束です。しかしながら給食指導という悪魔がいますから、先生に昼の休憩時間なんてものはないのです。文科省が先生を魅力ある職業にする、なんて言っているようですが、この悪魔がある限り、昼ご飯を落ち着いて食べることも出来ないクソみたいな仕事、と敬遠されるのは当然のことです。

Large

 先生1人につき1台のPCが与えられているかどうか。そういうのを調査すると、奈良県は達成率で全国最下位クラスだそうです。職員室の片隅に旧式なPCが数台、なんてのが普通なのです。だから、情報セキュリティなんて言葉は知らないふりをして、先生が個人的に保有しているPCを業務で使わざるを得ないのです。BYODなんて気取っている場合ではありません。で、今後5年以内に、全国一を目指す、のだそうです。奈良県の先生すべてに1台ずつ、校務用のPCが与えられている、という状況に持って行くのだそうです。

 その中で検討されているのが、写真のようなシステム。朝、出勤したら自分の机上にあるPCにログオン。これが出勤時刻として記録されます。そして変えるときには忘れずにPCをシャットダウン、もしくはログオフ。この時刻が、退勤時刻として記録されるのです。私の勤務している自治体は嬉しいことに一人1台のPCというのが何年も前に実現しているので、すぐにでもこのシステムが入るか、と期待していたのですが、実際には別のシステムが導入されました。

20190930-205047

 10月1日から使用開始となるこのシステム、1人1台のPC、それにログオンするために、IDとパスワードだけではなく、個人認証用のICカードを併せて使用する仕組みなので、そのカードを読み取り機にタッチして、出退勤の時刻を「打刻」するというもの。これも多くの事業所で使われていますね。市役所がこのシステムなので、システム上の親和性なども考慮してこうなったのかも知れません。

 当たり前の話ですが、日付の上での「1日」の中で勤務が完結するという考え方が基本ですから、この機械は深夜0時に再起動します。0時を越えてから退勤しようと「ピッ」とやると、それは出勤時刻として記録されます。結果、その人の退勤時刻の記録は欠落となりますので、翌日以降に自分のPC上で修正打刻を行うことになるのだそうです。そして面倒なのが、その際は必ず管理職の確認が必要だということ。私の職場には日付をまたいで「勤務」する人なんて指で数え切れないほどいますので、日々の確認作業、実に面倒なことになりそうです。

2019年9月24日 (火)

白いくま

20190924-202153

 また余計なものを買ってしまった・・・とつぶやきつつ、我が家まで連れ帰ったケーキ。先週と今週、1週間ずれて長男と次男の誕生日なので、2週連続でお誕生日を祝うケーキを買って帰るのが私の役目なのです。

 お月見の季節に、白くてまん丸なクマの顔を模したショートケーキ。乗せられてる感が半端ないのですが、これ、はじめてではなく以前にも買って帰ったことがあるように思います。およそケーキの類いは好きではないのですが、こういうレアチーズ系のケーキなら何とか食べることが出来るのです。

 糖質を断つようにしていますので、少しの量でも糖質を摂りますと、その後の生活が苦しくなります。具体的には、体がだるくなるような感覚に襲われてしまうのです。本日はお祝いのケーキを少しだけいただいて、そしてこのケーキ。それで夕食を終えました。

20190924-202816

 いや、私は終わってない。私だってみんなと一緒に家族のお誕生日を祝いたい、と主張しているワンコがおりますが、そちらは無視することにしましょう。彼女も血液のpHを整えることと、体重を落とすこと、この二つのために頑張っているのですから。

2019年9月20日 (金)

画面をよく見てみた

20190924-014634

 クッションにまたがるようにヘタレて眠る「ちち(仮名)」さん。いろんな姿勢で眠るのは寝返りと同じで、ワンコにとっては気持ちよく寝ているということなのでしょう。

 せっかく開始早々に予約を完了して、これで発売日に新機種を手にできる、と喜んでいた飼い主でしたが、画面をしっかり見ないというオッサン特有の悪癖により、せっかくの機会を逃してしまったのでした。

20190918-2259_20190924042801

 購入手続き開始のその日、喜び勇んで手続きに入ったのですが、何かが違います。これまで求められたこともなかった本人確認書類の提示など、未経験のことが次々と出てきます。なんでこんなに時間がかかるの、と思うほどの長時間拘束されて手続きを終えたと思ったら、来るはずの完了メールが届きません。待てど暮らせどメールは来ず、オンラインショップのステータスも変わらないので、さては間違えたかと再度の手続き。上手くいかないなぁ、と数回繰り返して、ようやくこんなメッセージをいただきました。一安心ですが、やっぱりメールは来ません。

 どこかおかしいんだろうなぁ、とじっくり画面を見ると、購入手続き画面に表示される各項目の中に「修正可」というものがいくつかありまして、ずずずっと下の方へとスクロールしていくと、「内容を修正する」というボタンがあるのでした。オッサンは「修正可」というところをクリックしたりタップしたりして何の変化もないので、妙だなぁと首をひねりながら次の画面に進んでしまっていたわけですが、ここが根本的な間違いだったわけです。

 大事なポイントは、「新規」で手続きをしてしまっていたこと。ここは「機種変更」でないといけません。何度かトライして上手くいかないので、じっくり画面を見て、おぉ、こんな所に修正のボタンがあるのか、と気づいて内容を修正し、再度手続きしたら、1分もかからず完了してしまいました。おかしい、上手くいかん、と怒ってるオッサンに限って画面をよく見ていないのだ、というのは情報機器操作の鉄則。いつもはそれを口にして人にレクチャーしている私がやらかしているのだから大笑いです。

Hptimage_20190924043801

 で、無事に機種変更の手続きが終わったところで、ドコモ様からまさかのお電話。内容は、3件のお申し込みをいただいておりますが、本人確認書類の画像に不鮮明なところがありまして・・・というもの。ここでまた大笑い。予約した電話機は1台。それに対して、間違えたまま購入申し込みをすること3回。その後、正しい手続きが完了したので、当然この3回はキャンセルだと思っておりましたが、しっかり受付してくださっていたのですね。これ、まじめに鮮明な免許証の画像を送ったら、あと3台買うことができたのでしょうか。もし自分がお金持ちだったらそのまま試してみたかったところです。結局、いろいろと分業していて、横の連絡なんてないのでしょうね。

2019年9月19日 (木)

画面をよく見なかった

20190911-225037_20190924035101

 寝床まで後もう少し、というところで息絶えたように見える「ちち(仮名)」さん。彼女はケージの外に出てうろうろするのが大好きですが、大変臆病なので、実際にはケージの中でないと熟睡できません。よって、ケージの外では少しでも安心して眠れる場所や態勢を求めてあちこちさすらうのですが、その中での一コマです。

 飼い主も、よっしゃこれでOK、と安心したところで大きな落とし穴にはまり、今一歩の所まで行きながら目的を果たせないという哀しい経験をいたしました。当たり前のことですが、画面はよく見なければいけません。

Iphone_pc_slide_iphone11pro

 深夜の発表会を見て、ちまたの噂通りなのだなと大きな感動もなく、さてどうしたものかと考えたこの電話機。天下のドコモ様に貢ぎ続けて23年、香港から輸入した4SからのiPhone信者で、本来なら「Sの人」でした。ちょっとだけ革新的なiPhoneが出てから1年辛抱して、「改良版」とされるS付きのモデルを購入する、というパターン5S、6Sと来たのでしたが、結局モバイルSuicaを使いたいためだけに中古のiPhone7(Red)を購入して、2年前にはiPhone X狂想曲に巻き込まれて大騒ぎ。つくづくおバカだとは思いながらも、「新モン喰い」の血というものは騒ぎ出したら収まらないものなのです。

 そして迎えた9月13日金曜日の夜。午後9時になったところで画面リロードの嵐。予約画面にたどり着いたらひたすら入力。ただこのときはまだ「勤務時間」中でしたので、頼りない4G回線でのアクセス。午後9時からトライして予約が完了したのが同6分。2年前のXのときには何度やってもつながらず、結局1時間近く遅れての予約完了。その後も発送の順番がなかなか回ってこないのに業を煮やしてアップルストア栄まで行ってのピックアップでようやく手に入れたことを思うと、まぁ今回はさほど欲しがる人も多くないのかな、とも。

Hptimage2_20190924042001

 日付に注目、です。もともとはこの画面、9月13日の21時06分だったのですが、紆余曲折を経てこんな日付になりました。予約することができたら次は購入の申し込みです。それが9月17日から可能、ということで、勇んで申し込みをいたしましたけれど、結論から言うと失敗の連続でした。なぜなら、オッサンが画面をしっかり見ていなかったからなのです。

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック