« 競り合い | トップページ | 営業 »

2020年1月 9日 (木)

年輪

20200119-233044

 おとなしく寝ていただけなのに、いたずら好きな家族によってクッションを被せられ、ブランケットで巻かれてしまった「ちち(仮名)」さん。その後寝返りを打つタイミングで巻き付けられたブランケットが少しはだけてこんな感じになりました。部屋の中は暖房が効いていて、しかも毛皮に覆われているのですから、こんな状態で寝ていると暑くて起きてしまうのじゃないかと思いますが、それで起きないのが彼女らしいところです。

20200126-231913

 ええっとこれは、ペリカンの500トートイスでしたっけ。最近までカタログに載っていたモデルは長く使っている内にキャップと尾栓の金色が違う色になりそうな感じでしたけれど、こちらは旧いモデルなので同じようにすすけています。

 金色の筆記具、自分が使うと滑稽でしか無いと思っているので、あくまでもコレクション。そう思っていたのですけれど、気がつけば還暦も見えてきたおじいさんなので、見た目に限って言えば、こういうペンを使っていても違和感がないかも知れません。けれど、そこから紡ぎ出される文字を見られたら・・・。体は爺さん、文字は子ども(小学生以下)という情けない状態に言葉もありません。

20200126-231925

 こういう旧い萬年筆こそ、日常的に使ってやらないと痛むのではと思いますが、体の使い方が下手くそな私のこと、スーツの内ポケットにこのペンを挿しておいたら、いつの間にかキャップが外れて、スーツの中はインクまみれ、ペン先は引っかかってぐにゃり、なんてことになるのが目に見えています。なので、最近はもっぱらキャップレスばかりを持ち歩いているのです。

 それにしても、旧いペンは良いですね。現行品はどれも、かっちりしすぎていて、実用品としては最高ですけれど趣味の対象としては胴なのかな、という感じがします。こんなペンを握って、読める文字をゆったりとしたためる、そんな爺さんになりたいものです。

20200126-231947

« 競り合い | トップページ | 営業 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 競り合い | トップページ | 営業 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック