« 嬉ぐ・・・ | トップページ | 混みまくり »

2019年11月 3日 (日)

いもうと

20191104-105710

 眠たい、実に眠たい、という感じの「ちち(仮名)」さん。写真を撮ろうと近づいても眠ったままでした。ここ数年で、完全に商売のネタと化したハロウィーン。学校教育でも、英語の授業なんかでは「彼の地の生活や文化について知る」ということから、ハロウィーンについても取り上げますし、ハロウィーンパーティーみたいなことをすることもあります。

20191020-194620

 老舗の八つ橋屋さんが作る和菓子、10月は当然ハロウィーン。ジャック・オー・ランタンと黒猫でしょうか。このほかにおやつをねだる子どもや可愛らしい幽霊なんてのもあったようですが売り切れておりました。

 そして、赤と白の縞模様のジャージを着たラグビー選手っぽいお菓子も売られておりました。このシリーズ、時間が遅いと売り切れていることが多いので、残念ながらサンプルを見ただけで入手できませんでした。

20191103-204532

 芸術の秋、ということで、11月は画家に、絵の具の乗ったパレット。飼い主は甘いものが苦手なので、基本的にこのお菓子は食べません。生菓子なので賞味期限は購入当日のみ。わざわざ京都まで出向いてこんなものを買ってくるなんて、実に酔狂だと自分でも思います。

20191103-204557

 こちらは何という名前だったか、キノコだったか、こびとだったか、そんなところです。キノコの形をしたお家と、そこで暮らしているのであろうこびとさん、ですね。

 で、この中に、誰かに似てる、と思ったお菓子が一つありました。

20191103-211241

 眼鏡の少年を従属させている、かの有名なガキ大将の妹さん、なのではないでしょうか。

« 嬉ぐ・・・ | トップページ | 混みまくり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 嬉ぐ・・・ | トップページ | 混みまくり »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック