« 仕方なく買う | トップページ | 長寿と繁栄を »

2019年11月11日 (月)

チップ

477a89cdfa6d44c8abeb6ca263f6531f

 拗ねているのか、何かを待っているのか、いつでも立ち上がれる態勢で食卓の方を見ている「ちち(仮名)」さん。家族が何か食べているのだから自分もご一緒しなければ、と思ってくれているのでしょうか。

 京都、河原町御池の交差点から少し南へ下ったところにあるに「アンジェ」というお店で、また変なものを見つけてしまいました。話は聞いていたのですけれど、自分には関係のないもの、と放っておいたのですが、さすがはアンジェ、買わされてしまいました。

86a396d96d8d471fb9e3b81bac6af64e

 昔から、万年筆のインクが使える○○○、などというものは数多く世に出てきております。これもその一つで、萬年筆のインクカートリッヂが使えるフェルトペン、です。おまけにコンヴァータが付属していて、さらには別売の太さの違う穂先に交換できる、というのです。標準では普通の太さの文字が書けるチップがついておおりますが、字幅1.4ミリなどという太字のちっぷもあるというではないですか。

318e72fd49ec443e8c8daf08ead3f029

 当たり前かもしれませんが、ペリカンなど、取り外しのできる萬年筆のペン先ユニットを入れるのと同じようなケースに入っています。にくいことに、陳列されていたのは標準セットと太字の交換用チップのみ。買え買え光線が出ておりました。

 

311c30e28c0d446db623755d112e6640

 フェルトペン本体は残念なことに中国製。コンヴァータはドイツ製と、ここまでは普通ですが、インクカートリッヂはスロヴェニア製です。このフェルトペン、インクの色を変えることも不可ではないようなので、色々なインクを入れて遊んでみようと思います。

« 仕方なく買う | トップページ | 長寿と繁栄を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕方なく買う | トップページ | 長寿と繁栄を »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック