« 生きてた! | トップページ | 惨状 »

2019年11月15日 (金)

生きてる?

20191104-105623

 ワンコは良いなぁ、と羨ませる「ちち(仮名)」さん。だんだんと肌寒くなってきましたが、彼女は1日のほとんどを、暖房の効いたお部屋の中、お日さまの当たる場所に寝転がってすぅすぅと寝て過ごすのです。

 昨日草刈りに着手した駐車場、車路の真ん中に巨大な穴が空いていることが報告されました。何度も繰り返された大雨のせいで、路面の表土が流失したようです。あまりに大きなくぼみでしたので、運動場を整備していたときに掘り出された大きな石をオッサン3人がかりで運び込んで穴にはめ込み、セメントを混ぜたクラッシャーを周囲に詰めるという応急処置。草刈りが済んだら、隙間にセメントとクラッシャー(砂利)を混ぜたものを詰めて固めようと思います。

20191115-144018

 本日の草刈りでは。厄介なものを見つけてしまいました。スズメバチさんのおうちです。大きさは大ぶりなパイナップルよりまだ大きいかな、という程度。オオスズメバチの作るものよりは小降りですが、十分に大きいと言えるレヴェルです。

 ここまで刈払機をブンブン言わせていたのに何の反応もなかったのですから、おそらく空き家だろう、と近づくと、出入り口にオレンジ色のものが見えました。この写真は住人を退去、あるいは内部に閉じ込めたまま昇天させた後に撮影したものです。

20191115-144026

 こんな見事な蜂の巣を教材にしない手はありません。まず、そこら辺に落ちていた棒の先っちょでつんつくつんとやりましたら、何ですかとオレンジ色のが出てきました。オオスズメバチではなくキイロスズメバチであろうと思いました。

 で、そいつにハチジェットを噴射したら簡単にポロリと落ちていきました。その時点で、穴の中にまだオレンジ色が見えましたので、穴を直撃するようにハチジェットを噴霧。その後しばらく草刈りをしても何の反応もないので、職員室にいる人たちに虫取り網を持ってきてくれるように頼みました。

20191115-184137

 で、虫取り網で巣が落下しないように支えてもらいつつ、巣の上部を切断。元々生えていた木の幹や枝に泥を塗りたくってこしらえた巣、まるで巣から木の枝がにょきっと生えているように見えるところが面白いので、ビニール袋を外して、理科室にある展示用のガラスケースに入れて児童生徒に公開することにしました。

 でもこれ、内部に薬の影響受けずに冬眠してる奴がいたら・・・春になるのが怖いですね。

« 生きてた! | トップページ | 惨状 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生きてた! | トップページ | 惨状 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック