« 鉄則 | トップページ | 許せます »

2019年10月27日 (日)

ブレん?

20191029-192523

 リヴィング隣の和室から敷居をまたいで顔を出して眠る「ちち(仮名)」さん。平和なものです。お休みの日にゆったりと家で過ごす、というのは当たり前のようでいて当たり前でないもの。つい先日までは土曜の早朝から鈍行列車で東京を目指すつもりでしたので、その通りに運んでいればこんな表情を見ることもなく、銀座のビルでやぁやぁと言っていたところなのです。そのへん、いろいろと計画を阻むものがあって、それはそれで残念なことでしたけれど、その分、お家でゆったりと過ごすことが出来ました。

 秋のJR乗り放題パス、なんてものを利用して東京へ行くとなれば、また静岡県内で中国人と熾烈な争いを繰り広げざるを得ません。いつも思うことですが、あの人たちは本気で日本を我が物にするつもりなのです。いやすでに我が物にした気になっているのかも知れません。そうなると、私たちの将来はチベットやウィグルの人たちと同じ、ということになりますね。もう諦めた方がいいのかも知れませんが、諦めてしまうと、可愛い柴犬たちも食用にされてしまうかもしれません。やっぱり、諦めてはいけませんね。

20191023-002810

 実は私、ボールペンのインクを最後まで使い切ったことが一度もないのです。妻は普通に何度も最後を見たそうで、逆に最後を見たことがない人間がいるなんて信じられないと言っておりました。そんな私ですが、登場から1年、本当にブレないのか試してみようと思ったのです。

 官公庁の窓口に置かれているボールペンほどひどいものはありませんが、銀行などは少しマシ。いずれにしても、それで字を書くのは苦痛以外の何ものでもありません。適度になめらかで、さらに欲を言うならねっとり柔らかなインク、というのが好みです。ジェットストリームとかそういう系統のは、あまりにペン先が走りすぎますので、字の不自由な私には到底使いこなせるものではありません。

20191023-002749

 記入欄の狭い洋式に書き入れることなども考慮して、まずは0.5ミリボールのもの。そして、やっぱり書くときの気持ちよさも味わいたいので0.7ミリ。軸の色はお好みに過ぎません。

 で、ブレンというぐらいですからさぞかし、と思いますが、私のような感覚の鈍い人間には正直違いがわかりません。でも、そういう人でも長時間書いているとしっかり差を感じるのだそうです。ブレてるかどうか、と感じるより、疲れないとか書きやすいとか、そういうところを感じるのだそうですが、今のところ、私にはよくわかりません。やっぱり、字が不自由なのです。

20191023-002852

 こんな風に芯を出して、先っちょをガシガシと動かそうとしてみると、なるほど、ピッタリしてるな、と思います。特に多機能ペンなんかはそのあたりがひどくて、構造上仕方がないとはいえ、出ている芯の先ははっきりそれとわかるほど動きます。1本150円ほどのボールペンでこれくらいしっかりと作られているのはやはり評価すべきと思いますが、そうでない一般のボールペンも相当にすごいことを思うと、文房具に恵まれた幸せを感じずにはいられないのです。

« 鉄則 | トップページ | 許せます »

コメント

当方もあまりボールペンを最後まで使い切ったことがないなぁ。安価なBicとかを汎用していたときにはプラスチックの筐体の先が割れて使えなくなったし、長い間にインクが固まって使えなくなったり、あるいはパーカータイプだとあまりに容量が大きくてそれだけの文字を書いている間に飽きてしまいますよね。それにしても書ききれないほどのボールペンのリフィルストックとシャープペンストックと鉛筆のストックがありますぞ。
ちなみに万年筆の素晴らしいストックはありません。安価なおまけ程度の万年筆もどきはありますが(^_^;)

 くーべ さん

 お仕事柄、あっちこっちで字を書いてボールペンを酷使、なんていう
イメージを勝手に持っておりましたけれど、そんなもんですかね。

 運転免許更新に行くと、窓口で代わりに書類を書いてくれる安全協会
のお姉さんたち。腕も折れよと字を書いてはりますが、あぁいう使い方を
すれば、あっという間に1本使い切るんですかねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鉄則 | トップページ | 許せます »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック