« いわゆるグリコ | トップページ | ありがたい »

2019年10月 6日 (日)

たどりつく

20190928-152553

 日曜日なので気楽に眠り続けている「ちち(仮名)」さん。それならケージの中にいれば良さそうなものですが、ケージから出てきて家族と同じ部屋の中で寝るのがいいのだそうです。最近ではこうして写真を撮られても目が覚めないくらい熟睡できるようになってきました。これが良いことなのかどうかはさておいて、ですが。

 以前、天井から千手観音の手がぶら下がっている電車というものを写真に収めに行ったのですが、その電車が走っている根拠となるものを拝観する機会に恵まれませんでした。運動会も終わって一段落、ということで、妻と出かけました。

20191006-125739

 で、駅に着いたところでピロリンと通知。今から乗ろうとしている近鉄京都線で人身事故があって、遅れが出る見込み、というのです。駅に入ると、ちょうど乗れるタイミングであった特急列車はキャンセルになったという放送が聞こえてきました。しかし、次の特急はそのまま表示されていましたので、オンラインでチケットレス特急券を購入したのですが、ホームに列車が滑り込んできたところで写真のような表示に切り替わってしまいました。

 これより先に出発した京都行きの急行については、途中で行き先を変更する可能性がある、と何度もアナウンスされつつの発車でした。かの有名な京浜急行電鉄の「逝っとけダイヤ」みたいな感じやなぁ、と思いつつ、滅多に乗れない(ダイヤ上存在しない、特急停車駅でもない駅に向かう)特急に乗り込みました。10数分走ったところで新祝園に到着して私たちは降車。車両はそのまま宮津車庫へ回送となりました。

Images_20191014035201

 で、先に出発して新祝園で待避していた急行に乗り換えましたら、途中の大久保駅に着くところで「この列車は向島行きになります。」とのアナウンス。大久保駅から少し歩くとJR奈良線の新田駅があり、そこから京都までの振り替え輸送が利用できます。この先、向島まで行ってしまうと、今度は京阪宇治線の観月橋駅まで徒歩20分と不便なことになりますので、迷わず大久保で降りて振り替え輸送の証明書をもらう列に並びました。

 と、もうすぐ券をもらえそう、というところで運転再開のアナウンス。では、とホームに戻って乗りこんだ普通列車は、これまた向島行きになります、などとアナウンスしつつ出発して、次の駅では一転して京都行きと訂正するなど、何とかダイヤを戻そうと奮闘しているようすが伝わってきます。そんな近鉄電車に竹田駅で別れを告げて、京都市営地下鉄で今出川へ向かい、そこから市バスで御室仁和寺へ。ドタバタの行程でしたが、なんとかたどりつきました。

20191006-150920

 仁和寺にいらっしゃるお坊さんたち、自分たちが「仁和寺にある法師」であることで恥ずかしいとか思ったりしないんだろうか、などと馬鹿なことをいいつつ拝観。この時点で、拝観時間がもうすぐ終わりますから急いでね、などといわれてしまった私たちなのでした。

« いわゆるグリコ | トップページ | ありがたい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いわゆるグリコ | トップページ | ありがたい »