« 余計な手間 | トップページ | 来年も・・・その後 »

2019年10月20日 (日)

やっぱり

20191020-025317 

 お顔を隠して眠る「ちち(仮名)」さん。やっぱりその方が落ち着くのでしょう。彼女は元気のいいワンコですが大変に臆病で、家の中でも特定の場所には今も近寄ることが出来ないような状態です。なので、やはりケージの中でクッションに隠れるようにして眠ると熟睡できるのでしょう。

 飼い主はこのところ順調に体重を落としていて、当面の目標である60キロ台まであと一息です。身長から計算される標準体重は63.5キロなので、せめてその近く、65キロあたりまでは落としたいと思っています。購入して10年ほどたっているスーツが4~5着あって、冬の間はそれらを着回して何とかしのいでいるのですが、もうかなり生地も薄くなってきていて、もうすぐ裂けてしまいそうです。ファッションには縁のない私ですから、着られなくなった大昔のスーツが着られるぐらいにスリムになれたら、なんて妄想しております。デザインなんて関係なく、背広の形をしていればそれでいいのですから。

20191018-000828

 BUN2をいただこうと立ち寄った文房具店で見つけてしまった萬年筆。お値段1500円ですから、雑誌の付録よりは少しマシ、という程度のものでしょうけれど、見た目がそこそこいけるのでけっこう人気があるようです。

 調べてみると上海あたりのブランドらしく、取り扱っている代理店は何とダイヤモンドさん。灯台もと暗し、です。と、ここまで調べて思い出したのが手頃なお値段のペンケース。20本入りで3000円ぐらいのペンケースを出しているブランドでした。

20191018-001009

 いろんな軸色があるのですが、とりあえずは赤。実は、Y.Y.Pen倶楽部のメンバーには、自分の「色」があるのです。といってもそんなたいそうなものでもなく、その昔、まだ「良識あるヘンタイ倶楽部」という本名を堂々と名乗っていた頃、京都の信三郎帆布へ出かけてみんなでエプロンを買った、そのときに「掴んだ」色なのです。新規のメンバーがほかのメンバーと同じ色を所望する場合は、本人の了解を得るだけでOKです。来月23日、24日に神戸は北野工房のまちで開かれる神戸ペンショ-2019の会場へ行くと、誰が何色かすぐにわかります。

20191018-001053

 そしてこの萬年筆、フーデッドニブなのです。パーカー51を作っていた工場を接収した記憶がそうさせたのでしょうか。オレのものはオレのもの、アンタのものもオレのもの、というジャイアンなお国柄が現れているかのようです。

 で、この萬年筆を買うときに店員さんが大騒ぎをしてケースを探していたのですが、持ち帰ってよく見るとケースにはKACO GREENという文字が入っていました。色の部分、軸色ごとに違うのか、それともGREENも商品名の一部なのか。一度、お店に現物を持って行って確かめてみたいものです。

« 余計な手間 | トップページ | 来年も・・・その後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 余計な手間 | トップページ | 来年も・・・その後 »