« 白いくま | トップページ | 市ヶ谷 »

2019年9月25日 (水)

枠にはめるだけ・・・

20190928-152543

 綺麗にクッションに収まって眠る「ちち(仮名)」さん。直前まで頭を中に突っ込んでいたのですが、写真を撮ろうとして飼い主が動き始めたので目を覚まし、その後、再び目をつぶったところなのです。

 新しいiPhoneを手に入れたときに、「新モン喰い」としてはうれしさ爆発なのですが、画面の保護フィルムですとか、機体の保護ケース、さらには持ち歩くためのケースなど、いろいろと手配をしなければならず、さらには環境やデータの移行という問題もあります。今回、青歯関連でいろいろと躓きましたけれど、基本的に前機種と同じ大きさや厚さですので、特にこれといって困るものはありませんでした。

20190922-175012

 いつもショップに行ってガラスフィルムを買い、熟達したスタッフに貼り付けてもらっていたのですが、今回は大昔にそうであったように自分の手で貼ってみよう、などという大それたことを思いついてしまいました。その昔、Palmを持ち歩いていた頃には、それこそ息を止めて自分で貼り付けていたものなのです。

 で、取り寄せたガラスフィルムですが、この時点で失笑です。思えば、すでに暗い未来を暗示していたのかも知れません。

20190929-220707

 まず、iPhone本体にこういう枠をはめます。そうすると、画面の周りに少し縁が飛び出すので、縁の中に収まるようにガラスフィルムをそっと置く、ただそれだけでOKという製品です。これで上手く貼れないのはよっぽどだ、というようなものなのです。

 で、実際、自己吸着式ですので、きれいに貼り付きます。けれど、よくよく見ると、何箇所かホコリが混入しているところがあります。念入りに画面を拭いたはずなのですが、老眼の哀しさ、小さなホコリが残っているのを見逃したのです。

20190929-220654

 そういうときは、そこで諦めるべきなのです。けれど私はバカなので、刈ったなーフを持ち出してフィルムの縁に挿し込み、そっと持ち上げて画面を拭いてまた戻す、という禁断の技に手を染めてしまいました。そんなこと、手練れの者にしか出来ないことなのに。

 結果、こうしてガラスフィルムが寂しく放置されている、というわけです。何度か持ち上げて貼り直しを試みる内に、肝心なフィルムの内面にホコリが入り込んで、さらにひどい状況に。もはやどうすることも出来ません。結局は、上手な人に頼ることになりました。しっかりと見ることが出来る目があるのなら、こういう製品、失敗なく貼れると思います。私には無理ですが。

« 白いくま | トップページ | 市ヶ谷 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白いくま | トップページ | 市ヶ谷 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック