« 一周・その1 | トップページ | 一周・その3 »

2019年9月 9日 (月)

一周・その2

Slide_kuroshio_283_2

 青春18きっぷの旅なのに、なぜかくろしお・オーシャンアロー。紀伊田辺へと向かう車中で、携帯電話に着信。聞けば、羊さんが脱走したとのこと。どうも、脱走することに味を占めたようです。けっこうしっかりと脱走対策したのですが、その上を行くというか、さらに強力に隙間をこじ開けて出たようです。その証拠に、力の弱いメスはついて行けず、柵の中で鳴きまくっていたのだとか。こうなると、できるだけ早く奈良へ戻等亡ければならない、と思ったのですけれど、この時間、この場所から、単に反対方向へ戻っても間に合いません。ならば、脱走対策は人に任せることにして、一周の旅を少し早めに切り上げて帰り、現地を確認しよう、という結論に至りました。

20190908-143949

 もともとの計画では、紀伊田辺で1時間の接続待ちでした。駅前をぶらついて昼食をとろう、などと考えていたのですが、現在乗車中の紀伊田辺行き普通に追いつくようにやってくるくろしお1号を捕まえて、本日の目的地その1である串本駅を目指すことにしました。

 紀伊田辺駅で改札を出て、串本までの乗車券と自由席特急券を購入。路線図で見るとたいしたことないように見えますが、特急でも1時間かかるのです。空いている席は残念ながら山側でしたが、その隣の海側の席に座っていたお父さんが海を撮ろうとされていたので、強い日射しの中、その席だけはカーテン全開。実に風光明媚な景色を楽しみつつ、串本に到着しました。と、ここで、再度の連絡があって、羊さんは無事に柵の中に戻った、ということでありました。心置きなく、このあとの行程を楽しむことが出来ます。

20190911-013316_0000

 串本駅から潮岬まで運んでくれる串本町のコミュニティバスは11時45分発で、現在時刻は11時ちょっと過ぎ。これまた街だなと思ったところで、こんなパンフレットを見つけました。ここは串本、向かいは大島、で知られる大島沖で座礁したトルコの軍艦。生存者69名を献身的に救護した、ということで、日本とトルコの友好関係の礎となっているのがここ串本町。まぐろとトルコ、だからまぐトル号なのですが、嬉しいことに11時20分に潮岬行きがあるということで、即利用。大阪出身のファンキーな運転手さんとの会話を楽しみつつ、本州最南端潮岬を目指します。

« 一周・その1 | トップページ | 一周・その3 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一周・その1 | トップページ | 一周・その3 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック