« 出てきた | トップページ | 部活動、嫌いです。 »

2019年8月13日 (火)

お籠り

20190815-224945

 遊んでもらったのはいいけれど高齢のため疲れ果ててしまった「ちち(仮名)」さん。「くま(仮名)」さんが存命中は、一緒にいるとかのじょを攻撃するからという理由でケージの中にいる時間が長かったのですが、最近は普通にケージの外で暮らしています。面白いもので、そのようになると落ち着いて賢く過ごすようになりました。顔z区の愛情を独り占めできるということも大きいのかもしれません。

20190814-181111

 台風が近づいているので、このお盆は家にこもって過ごすことになるだろうという予測のもと、帰宅途中にホームセンターをはしごして材料を買い込んで参りました。前々から食卓周りを整理するための小さなワゴンを作ってほしいと言われていたので、あちこち出歩か(け)ないお盆の間に作ってしまおうというわけです。

20190815-025811

 背板は必要ないと言われていたのですけれど、結局は使っている間に向こう側にものを落としてしまうことになるだろうという経験則に基づき、無理矢理に背板を張りました。設置場所には窓があり、床から窓枠までの高さが765ミリ。そこで、長さ1500ミリのラック支柱を半分にカットしてもらい、これまた長さ1200、幅400の棚板を田の字にカットしてもらったものと組み合わせることで、高さ750ミリ、幅がおよそ600ミリ強の棚ができあがります。そこにキャスターを取り付けて、規定の高さ765ミリちょうどになりました。

 背板は600ミリ×450ミリと600ミリ×300ミリという2枚のシナベニアをそのまま張るだけ。実にお手軽ですが、こんなワゴンを2台こしらえて、材料費は驚きの1万円強。それでも、妻がカタログで目をつけた市販品は2代で3万円強だったということですから、これでも一応節約になっているわけです。

20190815-025831

 背面や側面からはほとんどコマが見えません。床面すれすれまで支柱が迫るように、キャスターのサイズを決めています。本来ラック支柱を使うメリットとして、中間の棚板を差し替えて棚の高さを変えるというのがあるのですが、今回の材料はどういうわけか棚板のはまり方がキツくて、とてもじゃないけれど抜いたり差したりできるようなものではなかったので、すべてねじで固定してしまいました。その分、しっかりとした感じに仕上がっています。桐の板ですので、軽量なのも美点です。

20190815-025841

 支柱の上端は切りっぱなし。本来ならネジを入れる穴の位置でカットしてもらっているのでその痕跡が見えています。ためしに断面をサインペンで黒く塗ってみましたところ、遠目にはいい感じです。近くで見ると、小さな子がいたずらしたのかな、という見た目です。

 休みの日はいつもふらふらと出歩いているので、たまにはこういう風に家に貢献するのも悪くありません。

20190815-225225

« 出てきた | トップページ | 部活動、嫌いです。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出てきた | トップページ | 部活動、嫌いです。 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック