« クロノスタシス | トップページ | 反り »

2019年8月18日 (日)

籠の鳥

20190815-030006

 ケージに入れられて、なすすべもなく眠るだけの「ちち(仮名)」さん。本当はケージの中にいる方が熟睡できるのだけれど、主義主張としてはいつまでも自由でいたい、ということなので、神経をすり減らしながらケージの外で過ごしていて、それが熟睡につながっているのです。

 昨日のいつ終わるともわからない門番業務に疲れ果てて、プシュッと一杯やる間もなく自然死してしまった飼い主。タイマーの設定でエアコンが切れたところで暑さで目覚めたら午前4時前でした。よし、いける、と朦朧としながら考えて、まずはお風呂に入り、身支度を調えてから、愛車を駆ってJR奈良駅を目指します。自宅は近鉄沿線で始発は午前5時台半ば。大してJR奈良駅の始発は午前4時台なので、18きっぷの旅で日帰りならば、JR奈良駅に車を駐めて出発、というのが最も早く動き出せるパターンなのです。

20190818-144355

 十分に人が動き出す時間帯に大阪駅に着き、難所である西を目指します。本日は、18きっぷの旅において静岡県内と並ぶ難所の一つ、姫路と岡山の間を越えてその先を目指します。この風景、これを見てみたかったのです。

 山陽本線も岡山から先へ進むと、むしろそれまでよりも利便性が向上します。列車の運転間隔も短く、しかも広島地区には新鋭の227系が集中投入されているので、岡山付近までの115系とは全く違う快適な行程です。

20190818-144704

 足場で囲まれた大鳥居。安芸の宮島です。宮島口の桟橋から宮島まで、JR西日本と松大汽船、2社の競合区間ですけれど、18きっぷの旅ならJR一択。しかもJRの航路は明るい間は大鳥居の近くを通ります。船は右側通行ですから、宮島口から宮島へ向かうときが狙い目。このときは鳥居の根元までいけないことがわかりましたので、写真だけ撮ってすぐにとんぼ返りです。

 18きっぷの旅、列車の接続が良いとどんどん行程が進みますが、それはそのまま、ただ乗っているだけ、ということにつながります。車窓からの景色を楽しむだけ、列車とホームに閉じ込められた籠の鳥となりながら、かごに入った鳥居を見に行った、というお話でした。

20190818-150355

« クロノスタシス | トップページ | 反り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロノスタシス | トップページ | 反り »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック