« 変なモン・PC編 | トップページ | クロノスタシス »

2019年8月16日 (金)

この小娘がっ!

20190819-234956

 くったりとしている「ちち(仮名)」さん。立派なお婆さんですから、少し遊んであげると電池が切れてこうなります。この状態でしばらくすると充電完了となって、再びむっくり起き上がって飼い主の手を噛んでみたり、腕枕をして眠ってみたりと、あれこれやって遊んでもらおうとするのです。そうした願いが叶わないときには「ワン!」と要求します。典型的な、躾に失敗したワンコ、です。

20190820-011613

 先日、といってもすでに2週間ほど前、東京水道橋のWAGNERに参加させてもらいました折に、N御大のブースで見つけてお譲りいただいたもの。その経緯というのがまたヘンタイなもので、「これ、同じことが書いてあるのに箱の大きさが違いますねぇ。」という、普通の人ならそんな質問しないだろう、というものでした。写真を見てわかる人にはすぐわかりますが、私は萬年筆初心者なので何もわからない人。知らないことはどんどん質問して、趣味の幅を広げていくべきものなのです。

20190820-011643

 どちらの箱にも入っているのがこういう萬年筆。セイラーのシャレーナには及ばないものの、とにかく小さくて細くて可愛らしい萬年筆として世に出たものです。シャレーナはヘンタイのセイラーさんらしく、カートリッヂもコンヴァータも専用品ですが、そこは萬年筆界のトヨタ自動車とも言われる(私が勝手にそう呼んでいる)PILOTのことですから、普通のカートリッヂやコンヴァータを使うことを前提に造られている、ということ。平凡であることがむしろ最大の特徴ではないかと思っております。

20190820-011718

 写真の白い部分。この円筒が半分そぎ落とされたような部分が「槍」です。カートリッヂの「蓋」の部分がここに刺されて開き、インクが送り込まれます。通常の萬年筆では、この槍の部分が隠れています。カートリッヂの内側に槍が入り込み、そしてカートリッヂの外側はペン先から伸びている部分で覆われ、保持されています。慣れない人ですと、こういうタイプのものにカートリッヂを挿すときにやらかしてしまうかもしれません。萬年筆はデリケートな筆記具ですから、優しく、ていねいに扱いましょう。

« 変なモン・PC編 | トップページ | クロノスタシス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変なモン・PC編 | トップページ | クロノスタシス »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック