« 総替え | トップページ | ありがとう »

2019年7月10日 (水)

専門店

Df612446d0b6478c8e6009b623fa89f3

    最近はずっとこんな感じで、めったに起きない「くま(仮名)」さん。かつて、六甲アイランドでカバンを作っていたワンコの晩年もこんな感じであったことを思い出します。その日が、もうすぐやってくるのかもしれません。

    そんな中、飼い主には嬉しい電話。「確保できました。おついでの折にお越しください。」という短い内容でしたが、そういう電話を受けてしまうと気が気ではありません。そぞろ神のものにつきて心をくるはせ、道祖神のまねきにあひてとるもの手につかず、という有様でした。

2935be5a511d42648a3a2adef750381d

    薫風の経験から、なのでしょうか、今回は中軟のペン先を持つものが多く生産されたとお店で聞きました(真偽不明)が、それでも中軟付きなどは無理だろう、ということでした。こちらのお店では、細字なら何とかなるかもしれない、と言われましたので、ではそれで、とお願いしていたものです。

Ff9adea7f7a0402f8840840f02bd17df

    私ごときがこの軸の美しさを写真に写し取れるはずもありません。シンプルな模様が集まってこの美しい軸になっています。色のついていない透明軸はどうしてもチープな感じが出てしまいがちですが、彫りの故にひとつひとつの模様がレンズのようになっていて、透明とすりガラスの間のような、なんとも言えない透け具合になっています。

6ba7cfba386249ec975cb447397432f0

    何より今回は、昔ながらの萬年筆店で一本いただくときの、なんとも言えない感動、うきうきした気分。そういうものを久しぶりに味わうことができました。ネットショップで買えば安いのですが、この感動はえられません。

    さて、この週末は三連休。中日となる14日の日曜日は、第10回のy.y.Dayです。萬年筆と、それを愛でる人たちの化学反応。それを見て楽しむもよし、自ら化合物の原料となるもよし。今度の日曜日は、神戸元町、兵庫県庁そばの兵庫県民会館で、もっと 萬年筆 せぇへん?

« 総替え | トップページ | ありがとう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 総替え | トップページ | ありがとう »