« もっと 萬年筆 せぇへん? | トップページ | 観音電車 »

2019年7月14日 (日)

いっぱい 萬年筆 できましたか?

20190714-104300_0000

 第10回のY.Y.Day、盛況の内に終えることが出来ました。前日来の不順な天候ゆえ、参加を見送られた方もあったかと思います。三連休の中日ですから、家族とどこかへお出かけ、という方も少なくなかったことでしょう。そういう貴重な1日を、私たちと一緒に過ごしてくださったこと、本当にありがとうございました。雨の中、88組もの参加者があったこと、そして今回、何より喜んでおりますのは、関西在住者、いつも関西地区の萬年筆研究会WAGNERに参加されている方々に加え、全く初めてのお顔をたくさん見ることが出来たことです。

20190714-1036011_0000

 私が12日の記事で「9階」などと間違えて書いてしまったために、ご迷惑をおかけした皆様には心からお詫び申し上げます。間違った情報を流してしまったことは誠に残念ですが、拙Blogやら各SNSなど、けっこう皆様にお読みいただいていたのだなぁ、というのは喜ばしい限りです。

 もう、タイトルになっているワンコがいなくなったのだから、生き残っている方のワンコの名前をタイトルにしたら? と何人かの方から声をかけていただいたのですけれど・・・・・あぁ、口に出して読めない日本語ですね。個人的には嫌いではありませんが、却下です。

20190714-130803

 書家、椿雪齋さんによるカタカナを美しく書くワークショップ、なかなかに盛況で、しかも皆さん、本当に真剣に取り組まれていました。講師を務めていただいた椿雪齋さんから、授業の参考になるなぁ、というところをたくさん盗ませていただきました。ありがとうございます。

 そして、遠方からかけつけてペンクリニックをしてくださった「たこ一門」の皆様、ありがとうございました。今が旬、の皆様が来られるということで、会場に足を運んでくださった方も少なくなかったことと思います。

20190714-143139

 私どもの総帥である親方と、萬年筆研究会会長の師匠とは、干支が一回り違います。十二支の中では、誰も現物を見たことはないだろうというその干支で、もう一回り上になるのがN御大。水道橋の例会でも言わないだろうという、愛のある大毒舌で、私どもの10年を総括してくださいました。引き続いてお話をしていただきました師匠ともども、おおいに会を盛り上げていただきまして本当にありがとうございます。

 宴のあと、祭のあとというのは実に寂しいものですが、すでに11月23日、24日の神戸ペンショウに向けての準備がスタートしておりますので、感傷に浸っている暇などありません。ありゃ、そんなにおもしろいものなら行けば良かった、などと少しでも思っていただいているなら、11月23日に神戸近辺のお宿を予約されることをおすすめします。

 ありがとうございました。また会いましょう。

« もっと 萬年筆 せぇへん? | トップページ | 観音電車 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もっと 萬年筆 せぇへん? | トップページ | 観音電車 »