« ありがとう沖縄 | トップページ | 焼きまくり »

2019年5月24日 (金)

旅ガラス

20190525-070657

 なんだか暑そうな「くま(仮名)」さん。毛皮を着ている上にお洋服を着せられているのですから当然でしょう。それもこれも、彼女がお腹を掻きむしるのを防ぐため。どこまで頑張って生きてくれるかわかりませんが、元気でいる限りはしっかりとお世話をしてあげたいものです。

20190524-130403_1

 すっかり絶滅したと思っていた「修学旅行の代休」ですが、頭の固い先生はまだ絶滅していないようで、私の勤務先では未だに実施されています。そもそも、修学旅行の日程が平日のみならば代休なんてないのが当然。土曜日曜にかかる日程の場合のみ、代休を取ることが出来るはずです。引率した先生たちが疲れているから、なんていうのも理由としては弱いです。

 実際、修学旅行帰着の翌日に授業をしても生徒たちはほとんど抜け殻みたいな感じで座っているだけなので、まぁ休業にする意味はなくもないのですが、今後、翌日から普通に授業、というまともな考えをもった先生ばかりになって欲しいと思います。

 かく言う私は、今朝から出張。出張先の県立教育研究所には、しばらく引っ込められていた県産木材を使用した学習机が展示されていました。見た感じもとっても良く、すぐにでも採用して欲しいところですが、じっくり見ていくといろいろと問題もありそうです。

20190524-130515

 このがっちりとした造りの椅子。座りごこちも悪くなさそうですが、やや傾斜した背もたれ、これを生徒がうまく使えるかどうか、教員がそこをしっかり指導できるかどうかが気になるところです。放っておくと、脚を投げ出して後ろのもたれかかっただらしない姿勢で授業を受ける生徒が続出するでしょう。

 それと、お掃除のときに机の上に載せる、そしてそれを運ぶというのは相当に難儀なことになりそうです。しっかりした造りゆえ、けっこう重そうに見えますが、むしろ、重さより形状の方が問題ではないかと思われます。

 そんなことを考えているうちに、出張先での会議が始まり、それは夕刻まで続きました。その跡は勤務先の近くまでとんぼ返りをして次の会議。それが終わると職場に戻って、パパぱっと戸締まりを確認してから、車を職場に置いたまま大阪市内へ。高校時代の友人たちと一杯やるためなのですが、そこで後輩から衝撃の告白を受けました。なんと彼は、OHTOやセイラーの萬年筆をベースに、いろんな素材で軸を作るのが趣味だというのです。ぜひぜひ、万年筆研究会へもお越しください、と声をかけて、大酒呑みの会合が終わったのでした。

 

« ありがとう沖縄 | トップページ | 焼きまくり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ありがとう沖縄 | トップページ | 焼きまくり »