« 出遅れ | トップページ | 利口な学校 »

2019年4月 6日 (土)

過渡期

20190407-114424

 眠たいので好きに写真撮って、という「ちち(仮名)」さん。飼い主もこんな風に気持ちよく寝てみたいものです。職場のPCがとても意地悪で、ある程度作業が進んだところで「致命的なエラー」などという懐かしいメッセージを出して振り出しに戻してくれるので、いろんな作業が進まなくて難儀しています。この時期は職員の異動に伴って、職員の所属や資格のつけ替え作業が行われているため、どうしてもシステムが重たくなります。私の愛用している管理工学研究所の「桐」は、それ自体しっかりとしたソフトウェアなのですけれど、土台となるWindowsの挙動が今ひとつシャキッとしないのが困りものです。

20190408-014753

 システム更新して不要になったからあげますよ、といただいたマザーボード。もちろん、CPUとメモリも載ったままです。BIOSが二重化されているからアップデートでトラブっても大丈夫、と盛んに宣伝していた頃のGIGABYTE製マザー。私が手にしたものはいずれも起動に時間をかけるタイプで、変態紳士Asrockの素早い起動になれてしまうと、もう戻ることが出来ず、縁遠いメーカーになっています。

20190408-014807

 こういうケーブル、知らないという人も増えてきていることでしょう。ほんの少し前まで、光学ドライブはこういうケーブルでつなぐのが当たり前でした。そしてその少し前には、HDDすらもこれでつないでいたのです。こんなに幅のあるケーブルを、ケースの中でいかに上手に綺麗に取り回すか、というのが自作する人の腕の見せ所の一つでもありました。

20190408-014858

 ATAのケーブルは少しぐらいこんがらがっていても問題ありませんし、よほどの怪力でもない限り逆には刺さらないので安心でしたが、このケーブルはそうもいきません。逆に挿せてしまう上に、下手をすると火を噴くという難儀なものでした。かつて自作をする人たちは、いざというときのために、使わないだろうなぁと思いつつFDDを載せたものです。FDDって何、と言われる世の中になってしまいました。家電の世界ではカセットテープが見直されているそうですが、PCの世界でフロッピーが見直されることは二度とないでしょうね。

20190408-015007

 I/Oを見ると、あぁ、そういう時代のマザーなのだなと感慨。さすがにRS-232Cだとかパラレルなプリンタインタフェースなんてものはありませんが、しっかりとPS2ポートは付いています。こういうマザーはUSBキーボードでもいけるのですけれど、時折キーボードを見失ったりもする、そういう感じでしょうか。素直にPS2のキーボードをつなぐのが吉ですが、なかなかそういうモノも見つからなくなりました。さて、こいつをベースに1台組み上げて、何に使いましょうか。

« 出遅れ | トップページ | 利口な学校 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出遅れ | トップページ | 利口な学校 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック