« 対面 | トップページ | 誤認 »

2019年4月15日 (月)

ほんとうに利口な学校へ

20190417-011355

 目の前の扉が開いたので、少し迷っている「くま(仮名)」さん。えいっと起きてケージの外に出るべきか、このまま黄金のまどろみに身を任せるべきか。浅い眠りの中で状況が急展開したので、判断できずにいるのかも知れません。

 今日こそは早く帰ろう、と思っていた飼い主ですが、やっぱり遅くなりました。ICT機器を上手に活用して効率的に仕事をこなし、同じ成果なら短い時間で、というのがトレンドですが、私の業界ではなかなかそうも行かないのが実情です。毎年3月に、文部科学省が全国の学校の先生を対象にICTに関連する能力などの調査を行いますが、その結果を47都道府県で比べたときに、いつも最下位付近にいるのが私の県なのです。そのことと、もはや看過できないほどの教育現場のブラックぶりに、ついに県教委が動き始めました。国の補助を受けて、全県的に校務のICT化を迅速かつ強力に進めることになったのです。

20190417-012901

 ICT機器を上手に使えば、同じ成果を出すのに短い時間ですむ、あるいは、同じ時間をかければより高い成果を上げることが出来る。何より、先生も生徒もみんなハッピーになる。そう主張する、その筋では有名な先生の書かれた本です。著者は校長として職場のICT化を強力に進め、なおかつ確かな成果を上げてきた人です。

 個人情報保護のため、職員室には生徒や保護者、その他部外者を立ち入らせない、ですとか、児童生徒の安全や健康に関わる書類を一カ所に集約してどの教員もすぐに見られるようにしているとか、素晴らしい実践についてお話を伺いました。でも、それ、もうやってるんですね。

 もう30年ほど前のこと、私が勤務していた中学校では職員室に生徒も保護者も入れないようにしました。職員室の机の横に呼んでじっくり話をするのが教育ってモンや、と年配の先生方には大目玉を食らいましたが、当時の教頭先生が後押ししてくれたので推し進めたのです。今ではそういう学校、珍しくも何ともありません。むしろ、職員室へ生徒や保護者などを立ち入らせている学校は、セキュリティへの意識が低いと思われてしまうような状況です。

0419_4b2

 給食で出されたものの中にアレルゲンが含まれていて、食べてしまった生徒が体調を崩したり、ときには命の危機にさらされた、なんてことをよく見聞きします。私の勤務校では、すべての学級教室で、同じ位置に、同じ書式で、誰が、何を食べてはいけないのかを表示しています。その日初めてその教室にやってきた教員が給食指導を行っても、この表示をきちんと見ることで事故を起こさないですみます。統一する、っていうことは実はとても大切なことで、個性がなくなるとか、そういう反対意見に耳を貸していてはいけません。

 なんと私の県では、数年内に県内すべての学校で通知票の様式を統一しようとしています。これ、とってもいいことですね。県内どこの学校に異動しても、通知票の作り方、ひいては成績評価の方法、日常のさまざまな事務の進め方、そういうものがすべて同じ、という状況を作ろうとしています。私の勤務する自治体も空きぐらいからそのシステムに乗っかっていくそうですから、大いに楽しみです。私自身は退職まであと3年ですから、そういうシステムが完全に稼働する頃には現場にいない可能性が高いのですが、30年前からずっと思い描き、少しでも実現しようとしてきた理想が現実のものになると思うと、実に感慨深いものがあります。

 一つ気になるのは、専制的な学校に引けを取らないぐらいの環境が整っている私の勤務校がブラックな環境だということです。これ、すべてはICT化したものを信じていないからおこること。日々の連絡をグループウェアに書き込んで共有しているのに、朝の打ち合わせと称して一堂に会し、書いてあることをそのまま読み上げる人がいる、そういう状況を打ち破らなければ、何も前に進みません。

 なので・・・・・明日から職員朝礼では基本的に「書いてあるので呼んでおいてください」としか言わないことにします。そして半月ほどしたら、その「呼んでおいてください」も言わないようにするつもりです。大事な連絡、読まない人がいたら大変、と思って口頭で連絡してしまいがちですが、あえてそれをやめる。あかn、しっかり自分で読まないと大事な連絡を受けられない、というふうに、職場全体の意識をかえていかなければ、と思っています。

« 対面 | トップページ | 誤認 »

コメント

ご無沙汰しております。

グループウェアが入っているなら、通達のための会議が減りますよね。
勤務する会社で、通達会議を数えたら、8割になりました。残りは、意見が出る会議ではなく茶話会の様なものでした。うちの会社、きっと潰れるだろうなぁ、、、

 きくぞう さん

 そう、それでつぶれないのがお役所、なんですね。でも、組織がつぶれる前に
そこで働いている人間の方がつぶれてしまいます。そうなると、サーヴィスの質が
落ちます。

 ブラックな状態を改善しよう、ということに熱心に取り組むお役所が増えてきて
いるのは、そういうことがあるからでしょう。いかに使い捨ての労働者とはいえ、
昨今は補充がききにくいですから、いなくなると困りますので。

 ちなみに今朝、伝達のための会議において、「なるべく話さず、書いておくだけ」
ということを呼びかけました。伝達事項を書いておいても、本当に読んでくれるか
どうか心配、という気持ちはよくわかる。でも、仲間を信じましょう、と。われながら
名言だなぁ、と悦に入ってます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 対面 | トップページ | 誤認 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック