« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月30日 (火)

忍者市

Ccbeafd3b8e24188b90a31f9af001bd4 

    お布団を被せられてじっとしている「ちち(仮名)」さん。少し肌寒いので、この状態も悪くないのでしょう。眠たくて仕方がないので、飼い主がうろうろしていても知らん顔です。

    飼い主は乗り鉄がキツくなってきていて、当初3日で終われると思っていたスタンプラリーがなかなか終わりません。電車に乗っていると眠り込んで寝過ごしてしまったり、ぼんやりしていてスタンプを捺したあとの列車に乗り遅れたりと散々です。おじいさんになってしまったのだということを実感します。

72f1b099244a48579ac0052070a2b2ae

    いつからこの駅はこんな名前になったのでしょうか。でっかく忍者市駅と書いて、その下に小さく本名の上野市駅と書いてある、その思い切り方に好感が持てます。近鉄大阪線の伊賀神戸駅までは比較的簡単に行けるのですけれど、その先の伊賀鉄道は便数も少なく、ここまで来るのには結構な時間を要します。それでも、単純にスタンプの数を増やしたいのなら、絶対にここです。

0c75799a0cba49ce9b7f83b8a56693e3

    これです。無人駅なので、その駅にはスタンプがおかれていません。しかし、駅名に漢数字が含まれるえき、ということでは無敵の部類に入るのではないでしょうか。いや、漢数字のみのみです。ですので、ここまできてスタンプを捺せば、四と十と九、漢数字3つ分集められるわけです。

    で、喜んでスタンプを捺して、スタンプそのものを綺麗に整列させてお写真を撮っている間に、伊賀神戸方面へと戻る列車が出て行ってしまいました。こういうことの連続で、なかなかはかどらないのです。以前ならバッチリ計画を立てて駅に着いたらダッシュして、ということをくりかえしていたわけですが、いい歳をしたおっさんがそんなことするのを客観的に見ると、大変に見苦しい。なので、おとなしくやってますが、私と同世代と思われるおっさんたちがガツガツやってるのを見ると嫌な気分になります。反省です。

820aae703a0f45d3b1d4d4e3acbf8640

    これで残るは三岐鉄道と伊勢方面のみとなりましたが、10連休というのにひたすら疲労感だけが蓄積されていくのは本末転倒もはなはだしい、という感じがします。この調子で行くと、連休明けにはフラフラになっていそうです。

2019年4月29日 (月)

ひょうたん

20190427-235532

 ひょっとしてこれは出られるのかしら、とようすをうかがう「くま(仮名)」さん。ここからよっこらしょっと腰を上げたところでケージの扉を閉められる、なんてことがしょっちゅうあるので、すぐには動こうとしないのです。しばらく扉を開けたまま放置しておくと、ご自身のタイミングでおもむろに外にお出ましになります。そして一回り、縄張りに異常のないことを確認されたら戻られるのですが、その途中、居間から玄関へと続く扉の前でじっとお立ちになります。お水を飲みに行くわ、開けて頂戴、という感じで、まさにお姫様。凜とした感じでお待ちになっていらっしゃるので、思わず扉を開けて差し上げてしまいます。

20190429-152159

 近鉄とかつて近鉄線だった各社、それに三岐鉄道を乗り潰してスタンプを集めるお遊びの2日目。地元の八木西口駅をサクッとクリアしてから養老鉄道に乗るべく桑名へ。家を出た時間が悪く、極めて接続の悪い時間帯に動いたので、名張から榊原温泉口、そして伊勢中川から桑名と2度も特急を利用してしまいました。その快適さに眠りまくって、危うく乗り過ごしそうになった桑名で何とか下りて、ラビットカーと対面。

 南大阪線でデビューした6800系ラビットカーは、2両固定編成で2両とも電動車で、デビューしてから阪神のジェットカーが登場するまでの約1年間、日本一の加減速度を持つ電車でした。つり革が4列付いていたり、あまりに加減速性能が高いので乗り心地に響くといってわざと性能をおさえたりと話題の多い車両でしたが、その増結用として片側運転台の車両も製造されていて、それが写真の車両です。2両の内1両は電装解除されて、ラビットカー登場時のオレンジバーミリオンに白帯の塗装で頑張っています。

20190429-164653

 古い電車に揺られて養老駅へ。本線で運用されている近鉄由来の車両はそのほとんどが金属バネ台車のもので、懐かしい乗り心地です。現在、観光特急「青の交響曲」として運用されているのと同系列の車両も活躍しています。人間と同様、鉄道車両の一生もどこでどうなるかわからないものですね。

20190429-161140

 東急で活躍していた7700系を改造したものを導入して、約半数の車両がこれに代わる予定です。養老駅構内でスタンプを捺し、構内踏切を渡って桑名方面へのホームへ行こうとしたところが、これを撮影したい撮り鉄の群れに阻まれ、遮断機が下りてしまいました。桑名行きの元東急7700系が入線する前に向こうへ渡ろうとしたのですけれど、カメラをぶら下げた連中の罵声と怒号、そして人垣に邪魔されて渡れず、縫う戦後は大垣行きがそのまま発車するので踏切は上がらず、というわけです。これで次の列車まで40分、時間待ちです。

20190429-161213

 一応、上がった遮断機を半分くぐるようにして走ってみましたけれど・・・has goneですね。どこでもここでも、撮り鉄っていうのは本当に邪魔ですし、鉄道好きがあんな連中とひとくくりにされているのも残念です。昔々は、そう、あんた撮り鉄なのね、などと言い合いながら、それぞれの趣味趣向について語りつつ時間を過ごす、なんていうのが実に楽しかったのですけど、今はもう、カメラぶら下げてる奴を見ると嫌悪感が先に来てしまいます。もちろん、今でもきちんとした、まともな撮り鉄は一杯います。どんな趣味の世界でも、にわかはいけません。いやにわかでもいいけれど、流行っているからやる、インスタ映えするからやる、っていうのを排除しないとダメですね。そこから入った人でも、本格的に沼にハマっていったら、社会的にはマシになるのでしょうけれど。(本人と家族にとっては不幸なことかも知れません)

20190429-162149

 それにしても養老駅、しばらく来ない間にずいぶんと変わっていました。基本的には昔の古い駅のままですが、駅の中にFMのスタジオが出来ていたり、いつのまにかこんな、ひょうたん文字の駅名標が掲げられていたり。

 前回ここに来たときは、まだ近鉄養老線だったのです。残念ですが、車両の半数以上がステンレス車に変わり、残った旧近鉄車も次第に淘汰されていくことでしょうから、ここに近鉄電車が走っていたことさえ知らない人が普通になるのもそう遠くないことでしょう。

20190429-233934

2019年4月28日 (日)

寝過ぎ

20190426-014821

 デレッと眠る「ちち(仮名)」さん。それはそれとして、何で彼女の足下にマーカーが落ちているのでしょう。こんなものを彼女がおもちゃだと思って噛み噛みしたら大変なことです。ケージの前に落ちていたのを彼女が引っ張り込んだのか、それとも何かの弾みで落ち込んだのか。いずれにしても、マーカーに彼女の噛み跡はありませんでしたのでひとまず安心です。

 飼い主は昼過ぎに家を出て、乗り慣らし(?)に近所の駅ばかりでスタンプを集めました。自宅から比較的近いところには、スタンプの設置が午後4時半まで、なんていう駅がいくつかありましたので、まずはそんなところでスタンプをゲット。愛知、三重、岐阜方面は朝早く家を出るときに回します。

20190428-110430

 大阪近郊、各駅停車しか泊まらないような駅にけっこう漢数字の駅名を持つところがあるので、それらを回りましたが、変に電車が空いていて席に座れるものですから寝込んでしまい、目を開けたら降りるべき駅、なんてことが何度もありました。もちろん、寝過ごしもセットです。実際スムーズに回っていたなら、もう3~4駅は稼げたはずなのですが、寝過ごしては戻る、あるいは計画変更の繰り返しで、思ったほどもスタンプを集めることが出来ませんでした。

20190429-024920

 行く先々で同じ目的の人たちと出会いましたが、皆さん、しっかりとしたA4サイズのファイルやらプラスチックケースなどに台紙を入れて持ち歩いていらっしゃいました。私は横着なので、こんなA5サイズのファイルを使用。A4版の紙を緩く二つ折りにして収めるものなので、折りじわがつくことは避けられませんけれど、持ち歩きは格段に楽になります。

 とにかく、こんなに寝過ごしていてはどうしようもないので、しっかりと寝て、早起きして、たくさん回る、ということを実行したいのですけれど、さすがはゴールデンウィーク、ケーブルテレビでは大好きなヤクザ映画なんぞを夜通し放送しています。明日もまた寝過ごしまくるのでしょうか。

20190429-024955

2019年4月27日 (土)

静寂と喧噪

20190427-235719

 痒い痒いと掻きまくっている最中にあくびが出てしまった「くま(仮名)」さん。当然のことながら、あくびをしている最中は掻く方はお休みです。昨夜の歓送迎会はおおいに盛り上がったようで、ご同慶の至りです。ここ数年、最後の最後、もうお開きというところで乱入して、では締めにお手を拝借、とだけ声をかけてさようなら、という参加形態でしたが、今年は完全にお留守番となりました。

 この時期、午後6時には完全下校となっていますので、学校から一番遠い自宅まで帰る生徒でも午後7時前には到着するはずです。そういう意味で、午後7時までにかかってきた電話には出ることにしています。それ以降は、いくら鳴らされても受話器をとらないことにしていますが、この時期は転入して間もない先生方など、学校の電話番号しか知らないという人から緊急連絡が入ることもありますので、特例、という感じで電話番をしています。そうするとやっぱり、静かな静かな職員室にベルが鳴り響くのです。夜の9時10時に電話をかけてきて担任を出せ、なんていうのも普通にありますし、今回もなんでいないのだとネチネチ苦情を言われました。学校には留守番電話機能付きの電話機を設置しない、という方針なのだそうですから仕方ありませんが、何とか考え直していただきたいものです。

 それがダメなら、ここはやはり、私が年来主張しているように、公立学校の先生は全員独身、実家の家族とも縁を切って全員寮生活をさせ、外出も基本的に禁止して24時間保護者様の要望にお応えする、というシステムに変えた方が良いと思います。政治家のみなさん、そういう公約掲げて出馬したらトップ当選確実ですよ。あ、教員だけでなく公務員もそうする、とやればさらに票が伸びますよ。現状、すでにマスゴミ様によって公務員の人権なんてないに等しい状況になっているのですから、この国の実質的支配者であるマスゴミ様も大賛成してくださることでしょう。

20190427-120438

 で、本日は朝から主治医を受診して、体重増そのほか、健康管理がなってないぞと叱られてから、市役所経由で職場へ。市教委事務局に設置されている連絡ボックスに入っている文書類を確認し、持ち帰るためでしたが、保安室横の入り口にはこんなものが置かれていました。

 婚姻届を自分たちにとって意味のある日付や時刻に出したい、っていうのは昔からありますね。奈良へ来た記念にプロポーズして即入籍、なんてのはさすがにないでしょうけれど、何が何でも今日、籍を入れたい、っていうのはあるでしょう。市役所が開いていない時間帯に庁舎に入ったことは何度もありましたが、こういう、昼の日中に入ったことはなかったので新鮮でした。これでも皆さん、お役所仕事はけしからんなどとお叱りになりますか。しっかりやってる人の方が多いのですよ。ホンマに。

2019年4月26日 (金)

準備

20190427-235805

 飼い主がケージの近くまで来たので、いつ扉が開いても言いように準備している「ちち(仮名)」さん。ワンコはそんなこと知るよしもありませんが、明日からは10連休。お家の人がいっぱい家にいて、彼女たちにとっては嬉しい日々になるはずです。しかし、飼い主は初日から出勤の予定で、そのあとはまた遊びまくる予定が詰まっているので、ワンコたちにとっては哀しいお話でしょう。

20190428-110132

 人が起きている時間には家に帰れない私ですので、今日は夕食前の時間に職場を抜け出してこのきっぷを購入。近鉄全線、そしてかつて近鉄であった路線の数々、さらには三岐鉄道まで、10連休の間のいずれか5日、乗り放題できるというものです。10連休に入ってしまうと購入出来ないので、何が何でも今日中に買っておかなければなりませんでした。本日は夕刻から職場の歓送迎会ですので、例によって私は自主的にお留守番の予定ですので、その前に抜け出したのです。あ、念のために申し添えますが、抜け出したのは定められた勤務時間が終わってからです。8時25分から16時55分までが勤務時間という、実に恵まれた公務員なのです、わたくし。

20190428-110201

 このきっぷを買うと、もれなくスタンプラリーの台紙が付いてきます。さらに言うと払い戻しをお願いする際にも、その台紙ともども未使用であることが条件です。どうせなら遠出して、近鉄以外の会社でこのきっぷを購入したならもう少し面白かったのですが、きっぷを買うために四日市「の方」まで行くなんて、あまりにも馬鹿げています。

20190428-110747

 これだけの路線で、駅名に漢数字が含まれている駅を巡ってスタンプを集める、というだけのお話。ただ、無人駅故にスタンプ設置は別の駅だとか、スタンプを押せる時間が限られているなど、いろいろとトラップがありますので、そういうのをうまくクリアしつつ回る必要があります。しかもこのスタンプ台紙、恐ろしいことにA3版用紙の二つ折り。A4サイズが折れないように入れられる鞄なんか持ち歩くつもりはありませんから、何らかの工夫が必要ですね。そのあたりは明日、じっくり考えたいと思います。

2019年4月25日 (木)

日々の営み

Add6de946a2f410ebeac468e33a496b4

    この姿勢をとっているにしては珍しく、目を開けている「くま(仮名)」さん。家族がそろっている感じがするので、何かよいことがあるかも、と密かに期待しているのか、あるいは飼い主が先ほどから白いワンコにばかり話しかけているのを警戒しているのか。彼女ほどの高齢犬になると、結構知恵もついてきていますから侮れません。

C9a9906535a045838847d1e494d8a746

    職員室に掛けられた大きな日めくりカレンダー。上部にとりついて大きさ比較に協力してくれているのは149です。この春まで一緒におつとめしていたホンマもんの教頭先生は、毎日の終わりに職員室のホワイトボードに明日の予定を書き、それが終わるとピリッと一枚、週末などは数枚まとめてちぎり取って、次の稼業日の日付にしてから退勤、ということを毎日欠かさず忘れず続けられていました。木曜日の夜の職員室では、金曜日の日付が見られたのです。年に数回、めくられていないこともありましたが、それはホンマもんの教頭先生が出張から直帰されたときなど、ごくごく限られた時だけ見ることのできる、本当にレアな光景なのでした。

59025554515f4f1ba1f29f2ee09d20c0

    ですので、校長に昇任して異動されたホンマもんの教頭先生へのお餞別はこれしかない、と。リング上には英語で月名が、黒いバーの上には1から31までの日付を表す数字が描かれたパーペチュアルカレンダー。言わずと知れたMOMAものです。

    毎月、あるいは毎日、正しい位置に玉をセットする必要があります。正しい位置に近づけると、磁力で位置決めされる、というもの。毎日欠かすことなく日めくりをめくることのできる人には最適ですが、私などが手にしたら、時が止まったままになってしまいます。

Fabede77d0ef40f6a4f8e9dfbc95280e

    で、本日、返礼にといただいたトレー。木の肌がとても心地良い一品です。大きさ比較に協力してくれたのはM800と硬貨。机上に無数の細々したものをちりばめている私には大変ありがたいものです。奈良県出身の木工作家さんの手になるものだそうです。明日の歓送迎会、天邪鬼な私はきっと不参加だろう、と見て本日の贈呈。ありがたきこと、限りなしです。

2019年4月24日 (水)

マーライオン

20190426-014916

 いびきをかいて眠る「ちち(仮名)」さん。飼い主はここ数日、睡眠時間が極端に短くなっていて、日中はぼぉ~っとした頭で過ごしています。救いはじっとしていられないことで、とにかく次から次へと来客があって、自分の席に座っていられない状態です。それが幸いして、睡魔に襲われて意識を失うこともありませんが、仕事の能率はゼロに等しくて、A4版の書類1枚仕上げるのに半日かかる有様です。

20190426-014041

 WAGNER岡山でのじゃんけん大会でGET、いや正確にはGETした人から譲ってもらったマーライオン。会場では、底部にあるスイッチを入れると何か音がする、と言われておりましたが、静かなところで聞いてみると、Welcome to Singapore と男性らしき声がして、それに続いて歌が聞こえます。歌詞はよくわかりませんけれど、シンガポールと連呼していることはわかりました。

20190426-014650

 このマーライオン、頭部が外れるようになったピック入れです。先が二股に割れたピックが数本おさめられていますが、そのピックの持ち手の部分もまたマーライオンになっています。写真を見ると、首の部分に金色の丸が二つ見えますが、これ、電気的な端子です。

20190426-014630

 シンガポールと連呼する歌が流れている間は、マーライオンの目が赤く輝きます。そして、歌が終わると、左右の目が交互に光るとともに、台座の部分の水車のようなパーツも赤く光ります。

20190426-014705

 こういうのが一つ食卓にあると、盛り上がりますね。

2019年4月23日 (火)

カスタム

20190421-231002_1

 眠る「くま(仮名)」さん。人間風に言うなら、トイレで倒れている高齢者、ですが、彼女にとってここは非常に快適な寝床の一つなので、あえてそのままにしてあります。ここにペットシーツを敷いてもらって、うんうんとうなりながら排便していたのは15年ほども前の話。答辞、飼い主は黒板に向かって字を書くときには背中に神経を集中しておかないと怪我をする、というほどに荒れた学校で勤めておりました。その頃教えて子どもたちも30歳と、今や立派な大人。当時を懐かしんで呑んだりもしていますが、未だに記憶は色あせません。今の職場の記憶なんてすぐに薄れてしまうと思いますが、あの頃の記憶はいつまでも鮮明なまま残り続けることでしょう。

20190425-020657

 今のところ、その学校での1年目というのが、私にとって学級担任をした最後の年でした。新しい職場と言うことで気合いを入れて、そして験を担ぐ意味もあって、緑のマーブル柄のキャップレスを買ったのですが、半年たたないうちに行方不明になりました。実はその前の職場では、マットブラックの多面体キャップレスと大橋堂のエボナイト軸を同僚に持ち去られた苦い思い出があって、それもあっての験担ぎでしたがあえなく失敗。数年のちの草刈り作業の最中、私が担任していた教室の窓の下にある草むらから、変わり果てたキャップレスの胴が出てきました。インサートの方は今も行方不明のままです。

 PILOTの古い萬年筆に興味を持ち始めたのもその頃から。万年筆とメカニカルペンシルのセット、本当に役割を果たすのだろうかと思える儚げなペンシースとともに、これもバロンの中で眠っていたものです。

20190425-020756

 カスタム楓、萬年筆と油性ボールペン、そしてメカニカルペンシルのセット。スマートなケースに収まっていますが、ペンとケースはそれぞれ別々に入手したものです。確かこの萬年筆にはインクを通していないはずです。銀軸のカスタムばかりを使っていたので、こちらまで手が回らず、そうこうするうちにしまい込まれてしまったものです。

 やはり萬年筆は使ってナンボ、ですから、もっと積極的に使わなければならないのですけれど、字を書く、というより事を書くふりをして遊ぶ時間も取れない現状ですので、死蔵されているペンたちにはもうしばらくお待ちいただくしかないのかと思います。

2019年4月22日 (月)

ちら見せ

20190424-234244

 カメラが去ること、ケージの扉が開くこと、二つのことを期待して賢く座る「ちち(仮名)」さん。しかし彼女の願いは叶うことなく、飼い主はいずこへともなく消えていったのでした。

 一段落したように見えて、一向に収まらない紙爆弾攻撃。毎日のように降ってくる書類の山をばっさばっさと片付けていると日が暮れて、気がついたら日付が変わっています。今日は朝から出張。交通渋滞の激しい道路を通るので、車を諦めて電車で現地に向かったのですが、そんなときに限って大量の重たい荷物を持ち帰ってくれと言われる始末で、そのまま重い重いとうめきつつ職場へ。仕事をしている内に電車とバスで職場に来ていることを忘れて、結局深夜に歩いてご帰館。久しぶりに全区間徒歩で帰宅したのでタイムが伸びず、69分もかかってしまいました。60分を切る、という目標がむなしく響くばかりです。

20190425-013948

 それでも、就寝までの時間を使って身辺整理。少しずつでも整理していかないと、それこそ寝る場所もなくなってしまいます。そして何より、最近お目にかからなかった萬年筆たちに会えるのも片付けの効用です。

 渋谷の東急ハンズで、もう20年以上も前に妻が買ってくれた小さなダレスバッグ。確か、バロンというブランドで、今も継続しているはずです。気に入って持ち歩いていたのですが、ある時期からさっぱり持ち歩かなくなったのは、行方不明になっていたから。ほこりを被った惨めなお姿で発見されました。

20190425-014106

 中にからはペンケースがいくつも出てきました。どうやら、小さめのペンケースが散逸しないようにまとめて入れておいたのでしょう。私にしては上出来です。けれど、GANZOのペンケース、色があせてきています。やはりこういうものは使って熟成していかないといけません。

 この中に収まっているペンが何であるかはわかっています。結構面白いラインナップで、一時はあちこち持ち歩いて見せびらかしていたものですが、最近は全く巡業しておりませんでした。

20190425-014135

 先日のWAGNER岡山で、シェーファーのスノーケルが話題に上って、いっぺん使ってみたいという人をドームさんと私という、シェーファー集めているヘンタイ2人が全力で止めるという場面がありました。そのときに話に出ていたのが写真の下の方。スノーケルのデモンストレータです。ついでに、別に面白くもなんともないパーカー51のデモンストレーターも。こちらは南米あたりで今も作られているとかいないとか。

 話のついでに、GANZOのケースに収まっている住人たちをチラ見せしておきましょう。

20190425-014116

 

 

 

2019年4月21日 (日)

ない?

20190421-231002

 ただただ眠る「くま(仮名)」さん。あちこちでき物が出来ているのですが、この歳で手術というのもかわいそうなので、痛がったり辛そうにしたりしない限りはこのままで、と思っています。あとどのくらい、彼女と一緒に過ごすことが出来るのでしょうか。

 本日は地元の会議のトリプルヘッダー。自治会の会議などに学校の会議室を提供しているのですが、その縁で、新たに着任した校長はその会議に参加する、ということになっています。地元の方からすれば、地域にある学校だから校長も会議に招いている、という感覚なのですけれど、我々からすると休みの日に出勤して気を遣う会議に出る、ということになります。本日は新任校長のサポートも兼ねて、1日学校で過ごしました。校長は気の張る会議に朝の10時から夕方4時まで出席して、本当にお疲れのご様子でした。

20190421-230856

 萬年筆を整理していて見つけた1本。このシェーファー、なんでホワイトドットがないのだろう、とよく見れば、シェーファーなどではありませんでした。キャップをとると、遠目にはシェーファーっぽいのですけれど、よく見るとフーデッドニブ。キャップリングに何か書いてある、と思うも老眼で何も見えないので、長女に読んでもらったらMade in Chinaと掻いてあると不吉なお答えでした。

20190421-230920

 夜目遠目キャップの内、です。尻軸のあたりが四角く絞られているところなどはシェーファーっぽいのですが、このフーデッドニブはやっぱりパーカーでしょうか。中国、パーカーっぽいとくれば、あぁ、なるほどね、となってしまいます。

20190421-230727

 ソネット、などと書いてあるようです。ますます、それっぽいですね。中華萬に求められる資質をすべて満たしていると言っても過言ではないでしょう。ならば品質は、と気になるところです。

20190421-230528

 ネジの切られているところが何となく白っぽくて、回してみるといかにも精度が低そうな音がします。中華萬です。紛れもなく中華萬、それも最近のものではなくて、少し前の、中華萬らしいやっつけ仕事感溢れる仕上がりのものです。これはもう、じゃんけん大会の景品ですね。たまにはちゃんとしたもの出さないとシバかれますし。

20190421-230556

2019年4月20日 (土)

初バレイ

A4e2952dbd9c446590845fc7dcaa6564

    遊んで遊んで、とおねだりしている「ちち(仮名)」さん。いつもは写真を撮ろうとするとストンと柵の中に落ちてしまうのですが、今日は幸いにもシャッターの方が先に落ちました。右の前脚は、おいでおいでとさかんに振っているのでブレています。飼い主がカメラから気をそらすべく声をかけているので、少し上目遣いになっているのです。

4a1d48e1c8e14a39ab67f8999bf443a0

   こういうしゃしんにだまされて、びわ湖バレイなる施設に遊びに行ってきました。関西に住んでいますと、子供の頃から「びわ湖バレイに行こう!」なんていうCMが耳に染みついているのですが、おっさん、いやおじいさんになるこの歳まで行ったことがありませんでした。展望デッキがあって、その前に写真の水盤。向こうに琵琶湖がひろがっています。このあたりではまだ所々に雪が残っていて、水仙の花も開いていません。幸いこの日は気温12度。なんとか凍えずにすみました。

96d361dcf3f64d579329c3866ff7d177

    その気になれば秒速12mという国内最高速での運転もできる121人乗りのロープウェイ。景色を楽しんでいただくため、という理由で秒速7mでの運転でしたが、山麓と山頂との間、あっという間です。乗る前に往復の運賃を見てあっ、とかえっ、とかというのも忘れずに。

      ではこれに乗って山の上に行くと何があるのか、といえば、アクティブな人ならいろんなアクティビティを楽しむ、ということになります。山頂駅からさらに上へ、徒歩またはリフトで登っていく人もいました。私たち夫婦はいい歳ですので、ご飯を食べて降りてきました。思えばこうして夫婦で遊びに出たのは相当久しぶりのことでした。

 

2019年4月19日 (金)

初心

677f0bd59f31425ab785ee89b754b386

   やっぱり寝ている「くま(仮名)」さん。 本日は金曜日。新学期の猛烈な忙しさも一段落したのか、早い時間に職員室が空っぽになったので、飼い主も早めに帰宅したのですが、熱烈歓迎してくれたのはいつもと同じ、白い方のワンコだけでした。

    面白いと思ったのはその後で、「お風呂の給湯温度が32度に変更されました」と給湯器がしゃべった途端、黒いワンコが目を開けて頭を上げ、あたりを見渡したこと。あの声がするとお風呂だ、恐怖っ!というのが刷り込まれているようです。

E152f5b8146e4a04bbd59425e9a03d4a

    著者の名前の不自然さ、そこに目がいったらヘンタイ認定です。銀座伊東屋さんの手になる本で、架空の人物を著者としてクレジットしているのです。内容はさすが伊東屋、というべきもので、例えばインク選びやメンテナンスについても、章ひとつ、28ページを割いています。よくある、顔料系インキは要注意、なんてことにとどまらず、染料系インキでも明度の低いのは危ない、というあたりまで踏み込んでいます。

2b774efb393d46e0803f8609f79aded9

    裏表紙に書かれている、これがすべてですね。すでに萬年筆沼に足を取られている人も、もう一度基礎基本を確認するために一読されることをおすすめします。

    日常、何の不自由も不満もなく使っているものでも、取扱説明書を読んだら知らないことがかいてあった、という経験はないでしょうか。萬年筆に関して、どヘンタイの方にも一読をおすすめします。なぁんや、知ってたことしか書いてないやんか、という方は、もう後戻りできないところまで来ているんだな、と自覚しましょう。私はもちろん、新鮮な驚きと感動に満ち溢れつつ読みましたけれど。

7ada2ca0d4ff425d8b237a5763718d59

 

2019年4月18日 (木)

全国学テ

20190419-021028

 不細工な顔になって眠る「ちち(仮名)」さん。痛いのではないかと思いますが、もふもふの毛がクッションになっていて痛くはないのでしょう。実際、お風呂に入れるとびっくりするほど小さくなってしまいます。

 本日は全国学力・学習状況調査の日。中学3年生と小学6年生が対象で、中学生の場合、国語、数学、英語、それに質問紙というアンケートがあり、さらには英語の「話すこと」調査というのまであります。

20190419-000031

 各学校にあるPCにUSB接続のヘッドセットをつなぎ、ネット上から配信される問題に対して英語で答えます。録音された音声を指定のUSBフラッシュメモリに吸い出して答案用紙などと一緒に送る、というものです。調査終了後は、このUSBヘッドセットは返送してはいけないことになっているので、学校のものになるか、ゴミになるか、です。

20190419-000050

 事前にしっかり準備してください、と言うのはたやすいのですが、数ヶ月前に送られてきたテスト用のUSBヘッドセットをつなぎ、無事にネット上の問題にアクセスできるかの確認をする、これをすべてのPCでやりなさい、ということです。私の勤務先は市の教育委員会のサーヴァに問題や回答が保存される仕組みでしたので楽でしたが、そうでなければPC1台ずつにUSBフラッシュメモリを挿してはデータを吸い上げ、ということを40回繰り返さなければならないところでした。

20190418-235856

 生徒が入室してくる前に、テストのアプリを立ち上げ、この画面から「調査の実施」を選んでおきます。生徒たちは画面に表示される「先生の指示があったら右下の矢印をクリック」という画面からのスタート。問題を聞いて発話する練習の後、各自が問題に取り組むのですが、当然ながら周囲の声は聞こえてきますし、それが録音もされます。どうやってクリアに再生して採点するのか、大変だろうなぁ、と思います。

 大がかりなテストですが、これがすべて順調に予定通り進むのが日本という国の良いところ、なのではないでしょうか。

2019年4月17日 (水)

ついでに

20190418-065437

 お父さんはケージの扉を開けて写真を撮る、ということを学習しつつある「くま(仮名)」さん。いずれ近いうちに、ケージの扉が開くのを待ち構えるようになるか、あるいは開けてくれと騒ぐようになるのでしょう。この時もむっくりと起き上がって外に出てこようとしたのですけれど、もう一頭の白いワンコが大騒ぎしたので阻止されました。

20190418-070342

 勘違いついでに、同じ時代と思われるプラチナ・プラチナを並べてみました。こちらもまた、格子模様の方はもっと大きい、と誤認していたもんです。思うに、杉綾の軸はそれ自体がスリムに、小ぶりに見えるので、ほかのものと並べてみなければコンパクトな軸だと思ってしまうのでしょう。軸の太さにしても、格子模様の方はぼってりとした感じに見えます。杉綾の方は反対に細身に見えます。

20190418-070426

 首軸にしても、ペン先に近いあたりの形状が違います。ペン先そのものは同じ形状のようです。皆さんご存知のように、首軸に菱形の象嵌があるものはプラチナ合金製のペン先が付いたもので、象眼のないものにはホワイトゴールドのペン先がついています。ホワイトは白、ゴールドは金ですから続けると白金です。プラチナを漢字で書くとこれも白金。でも、両者は違うものです。ホワイトゴールドは混合する金属の比率によって山吹色ではなく銀色に輝くようにつくられた「金」であり、プラチナは金とは違う金属です。書き味はがちがちで、あえてプラチナのペン先を選ぶ意味があるとは思いません。「きれいな色してるだろ。プラチナみたいだろ。金なんだぜ、それで。」と言いたいだけに持つものですね。

20190418-070511

2019年4月16日 (火)

誤認

20190418-065527

 まだなの?と見上げる「ちち(仮名)」さん。カメラは大嫌いだけれど、お父さんには遊んでもらいたい、そのはざまで揺れ動く乙女心、なのでしょう。ひとしきりヨシヨシして、甘噛みもさせてやると、満足してじっくりと眠ります。本当に甘えん坊なワンコなのです。

 最近、あまりにも忙しいので萬年筆を使うことも少なく、それに関する記事もないので、しばらく開けていないペンケースを開けてみました。取り出したのは、この2本。

20190418-070646

 どうしてこの2本なのか。それは、意に反して、この2本がほとんど同じ大きさ(長さ)だったからです。頭の中では、現行のプラチナ・プラチナの方がずっと大きい、あるいは昔の杉綾軸のプラチナ・プラチナがもっと小ぶりなのだと思っていました。でも、並べてみるとわかるように、長さはほとんど変わりません。

20190418-070708

 現行のプラチナ・プラチナは堂々たるボディを持つ萬年筆ですから、それと比べて引けをとらないというのは、決して小さな萬年筆とは言えません。けれどもこれまでずっと、これは小ぶりな万年筆だと思い込んできました。萬年筆初心者の哀しさです。そして私としては珍しく、この萬年筆の軸をピカピカに磨いてみたいと思いました。こういうストライプ柄の銀軸は、やっぱりピカピカの方が似合います。それと、ペン先などもきれいにお掃除してやらないといけませんね。

20190418-070718

 

2019年4月15日 (月)

ほんとうに利口な学校へ

20190417-011355

 目の前の扉が開いたので、少し迷っている「くま(仮名)」さん。えいっと起きてケージの外に出るべきか、このまま黄金のまどろみに身を任せるべきか。浅い眠りの中で状況が急展開したので、判断できずにいるのかも知れません。

 今日こそは早く帰ろう、と思っていた飼い主ですが、やっぱり遅くなりました。ICT機器を上手に活用して効率的に仕事をこなし、同じ成果なら短い時間で、というのがトレンドですが、私の業界ではなかなかそうも行かないのが実情です。毎年3月に、文部科学省が全国の学校の先生を対象にICTに関連する能力などの調査を行いますが、その結果を47都道府県で比べたときに、いつも最下位付近にいるのが私の県なのです。そのことと、もはや看過できないほどの教育現場のブラックぶりに、ついに県教委が動き始めました。国の補助を受けて、全県的に校務のICT化を迅速かつ強力に進めることになったのです。

20190417-012901

 ICT機器を上手に使えば、同じ成果を出すのに短い時間ですむ、あるいは、同じ時間をかければより高い成果を上げることが出来る。何より、先生も生徒もみんなハッピーになる。そう主張する、その筋では有名な先生の書かれた本です。著者は校長として職場のICT化を強力に進め、なおかつ確かな成果を上げてきた人です。

 個人情報保護のため、職員室には生徒や保護者、その他部外者を立ち入らせない、ですとか、児童生徒の安全や健康に関わる書類を一カ所に集約してどの教員もすぐに見られるようにしているとか、素晴らしい実践についてお話を伺いました。でも、それ、もうやってるんですね。

 もう30年ほど前のこと、私が勤務していた中学校では職員室に生徒も保護者も入れないようにしました。職員室の机の横に呼んでじっくり話をするのが教育ってモンや、と年配の先生方には大目玉を食らいましたが、当時の教頭先生が後押ししてくれたので推し進めたのです。今ではそういう学校、珍しくも何ともありません。むしろ、職員室へ生徒や保護者などを立ち入らせている学校は、セキュリティへの意識が低いと思われてしまうような状況です。

0419_4b2

 給食で出されたものの中にアレルゲンが含まれていて、食べてしまった生徒が体調を崩したり、ときには命の危機にさらされた、なんてことをよく見聞きします。私の勤務校では、すべての学級教室で、同じ位置に、同じ書式で、誰が、何を食べてはいけないのかを表示しています。その日初めてその教室にやってきた教員が給食指導を行っても、この表示をきちんと見ることで事故を起こさないですみます。統一する、っていうことは実はとても大切なことで、個性がなくなるとか、そういう反対意見に耳を貸していてはいけません。

 なんと私の県では、数年内に県内すべての学校で通知票の様式を統一しようとしています。これ、とってもいいことですね。県内どこの学校に異動しても、通知票の作り方、ひいては成績評価の方法、日常のさまざまな事務の進め方、そういうものがすべて同じ、という状況を作ろうとしています。私の勤務する自治体も空きぐらいからそのシステムに乗っかっていくそうですから、大いに楽しみです。私自身は退職まであと3年ですから、そういうシステムが完全に稼働する頃には現場にいない可能性が高いのですが、30年前からずっと思い描き、少しでも実現しようとしてきた理想が現実のものになると思うと、実に感慨深いものがあります。

 一つ気になるのは、専制的な学校に引けを取らないぐらいの環境が整っている私の勤務校がブラックな環境だということです。これ、すべてはICT化したものを信じていないからおこること。日々の連絡をグループウェアに書き込んで共有しているのに、朝の打ち合わせと称して一堂に会し、書いてあることをそのまま読み上げる人がいる、そういう状況を打ち破らなければ、何も前に進みません。

 なので・・・・・明日から職員朝礼では基本的に「書いてあるので呼んでおいてください」としか言わないことにします。そして半月ほどしたら、その「呼んでおいてください」も言わないようにするつもりです。大事な連絡、読まない人がいたら大変、と思って口頭で連絡してしまいがちですが、あえてそれをやめる。あかn、しっかり自分で読まないと大事な連絡を受けられない、というふうに、職場全体の意識をかえていかなければ、と思っています。

2019年4月14日 (日)

対面

20190414-130334

 飼い主と同じくデレッと寝ている「ちち(仮名)」さん。土曜日は岡山で遊んだので、日曜日は少し仕事を進めて来たるべき週に備えよう、などと心に決めていた飼い主でしたが、やはり日曜日の魔力には勝てず、一日寝て過ごしました。しかし、夕食後に思い出したのです。月曜の朝までにやっておかなければならないことが残っていることを。結局、雨の降る中、深夜の学校に忍び込んで一仕事。毎日しっかり寝る、という計画は週が始まる前から崩れてしまいました。

20190413-120000

 岡山へ行ったらこいつに会わなくては、と思っていた路面電車。大井川鐵道のトーマスもけっこう力作とは思いますが、こちらは元々のアニメには出てこない車内の造形なんかも作り込まれていて総工費5億円。なかなかのものです。MOMOやMOMO2でも十分魅力的な車両ですが、それらと同系列の第3番目の編成がこれとは、なかなか思い切ったものです。

20190413-115925

 機関車のブルースター。本当ならこいつの「中」には乗れないはずですが、お子様にはそんなこと関係ありません。大体、蒸気機関車が牽引する列車に乗るのだって、「SL列車に乗る!」と盛り上がりますけれど、何に牽かれていようが乗ってしまえば同じ、ってなものです。作中の設定ではディーゼル機関車だそうですから、本物はうるさいのでしょうけれど、岡山駅前の喧噪の中、出発していく電車はそれこそ音もなくすぅ~っと動き、去って行ったのでした。

20190413-115849

 当方が思っていた時刻よりも早く出発してしまったので、ウィルソンのお顔は撮れませんでした。MOMOやMOMO2にならって言うと、このウィルソンがA車、ブルースターがB車ということになります。1時間ほど乗せてもらうのに大人は3400円。車内はちっちゃな子どもが満載でしょうから、乗って快適なものであるはずもなく、見て楽しむのがちょうど良いところと思います。小さいお子さんがいらっしゃるなら、予約して乗りに行くのも良いのではないでしょうか。

20190413-120145

 

2019年4月13日 (土)

WAGNER岡山

20190414-103845

 寝ている写真ばっかりですね、と言われている「くま(仮名)」さん。逆光になってしまいましたが、玄関ホールで飼い主に何事か訴えています。玄関に設置されたファウンテン(給水器)でお水を飲むのが彼女の日課で、ケージから出るとリギングルームから玄関へ出るドアを開けてくれとせがみます。ひとしきり水を飲むと、この状態。カメラを構えてないで、早く戻して頂戴、と言っているのです。

20190413-112610

 岡山駅西口からすぐの国際交流センター。5階の会議室は強雨も盛況です。笑いヨガっていうのが別フロアで助かりました。本日は逆に、あまりの盛り上がりぶりに近所の会議室はみんなドアクローズ。なんだあいつら、賑やかやなぁ、というところでしょう。

20190413-113423

 いつものように比較的まったりとした岡山大会。本日は二右衛門マスター欠席ですが、その穴を埋めてあまりある存在感を発揮していたのが広島半さん。途中、継承順位一位の方からの定例確認電話もきっちりキメて、順調に本数を増やされたようです。

20190413-232736

 会場に到着してすぐに頂戴したのがこちら。あまりに妖しい小さなボールペンのリフィルです。この記事での呼びかけに反応してくださった調整師の「坊ちゃん」さんからの頂き物。妖しいリフィルですが、amazonで購入出来るとの情報をいただいております。実にありがたいですね。しかも、これを使用するボールペンも手に入ります。

20190413-232633

 迷惑じゃんけん大会で関西のY氏がGETされた品。欲しいものが当たることがなく、いらんもんが当たるからこそ盛り上がるのが迷惑じゃんけん大会というもの。なので、私がいただきました。ありがとうございます。

20190413-232605

 その迷惑じゃんけん大会、本日の目玉となる景品がこちら。これはやはり、上記のスタジオに入れてしっかりと撮影してからご紹介しなければなりません。何か聞こえる、というお話でしたが、何をしゃべっているのかも判明しております。

 あ、関西方面から岡山大会に参加されようという皆様。兵庫県の人なら往復3600円という高速バス(神姫)が利用できますが、大阪方面から50歳以上の人なら、これを予約 しておくと楽にお得に行けますね。

2019年4月12日 (金)

金!

20190413-073726

     カメラからめをそむけつつ、飼い主の動きをうかがう「ちち(仮名)」さん。遊んで欲しいのだけれど、写真を撮られるのは嫌、という雰囲気を醸し出そうと努力していたのですが、結局、飼い主は何もせず去っていったのでした。

20190412-110232

    金曜日なので、金のペヤング。なぜに「祝」なのかよくわかりませんが、金キラきんのパッケージです。基本的には同じもののようですが、金の方には金粉のコブクロが付属して、100円ほど高いのです。パッケージからは何で「祝」なのかの説明を見つけることができませんでした。

20190412-110409

    シュリンクを破ると、蓋も違います。お湯を捨ててソースをかけてまぜ、ふりかけをふるところまでは同じですが、最後に金粉をふりかける、という手順が加わるので、別の蓋になっているのでしょう。

20190412-110514

    左の端の方に金粉が見えます。青のりなどのふりかけに加えて、スパイスの小袋もついていますが、辛い系は好きではないのでふらずにスルーしました。小さめに見えてもビッグサイズなので、二つも食べたら死にます。なので若いのを招集しての調理でしたが、お湯がなくなって周囲の顰蹙を買いました。

20190412-111500

    並べて見ると、よく違いがわかり、、、ませんね。めを凝らすと、金粉が見えます。味の違いがわかるほどではありません。全く意味不明、なんで買ったのだろう、という金粉焼きそばでした。

20190412-111506

2019年4月11日 (木)

そのときはご相談

20190413-073644

 丸くなって寝ている「くま(仮名)」さん。羨ましいです。飼い主もこうやって思う存分寝てみたいのですが、実際には日中に少し意識を失う程度で、なかなかしっかりと眠れません。祖母や祖父のお葬式のときには何日も寝ずに平気で動き回っていましたから、眠たいなどと言いつつ時折意識を失うなんていうのは、すでにお仕事も峠を越えて余裕が出てきている証拠なのでしょう。

 いわゆる「めばちこ」になってしまったので、職場を抜け出して目医者へ。標準語ではものもらいというのでしょうか。

20190413-080225

 そのまま放っておくと切ることになるよ、とみんなに脅されて、仕方なく目医者へ。写真は我が家の冷蔵庫に保管されていた目薬。こいつを点眼すると劇的に目の症状が緩和されるので、もういいか、と思っていたのですけれど、残念なことに残りの量が少なくなってきたので諦めることにしました。いい歳をして何ですが、お医者さんは苦手です。

 で、あれこれ検査されてみられて、きっちり「めばちこ」という診断をいただきました。いただいた薬を日に3~4度点眼して、薬がなくなった頃に症状が改善していなければご相談、ということでした。切るのは好きですが、切られるのは・・・・・。

20190413-080023

2019年4月10日 (水)

今月のちょこちょこ

20190408-234834_1

 まどろむ「ちち(仮名)」さん。なんだか飼い主に似ています。飼い主は何となく起きていてそれとなく仕事をしていますが、起きているのか寝ているのか本人にもよくわからないような毎日を過ごしています。それでも周囲の人たちからは少し余裕がみてとれるようで、教頭先生もやっとゆとりが出てきましたね、などと言われることが多くなってきました。今までの数日間はきっと、鬼のように目を吊り上げてうろうろしていたのでしょう。

 しかし油断は禁物で、やるべきことはまだまだ山のように積み上がっています。そういうのを片付けて、羊さんの小屋を造ったり木を伐ったり、そういった作業に一日も早く戻りたいものです。

20190413-073307

 今月のちょこちょこ、もう何度か記事を書いています。書いた記事がアップロードされるかどうかは運次第。ありゃ、上がったないぞ、と記事を書き直すと、似たような記事が二ついっぺんに掲載されるなど、どうもご機嫌がよろしくありません。今のところはっきりしているのは、iPadで記事を書くと比較的成功率が高い、ということぐらいでしょうか。PCからの投稿は失敗率が高いように思いますが、あおれでもあえてPCからこの記事を書いています。

 写真はPILOTの823と、伸び縮みする携帯用スプーン、フォークのセット。この萬年筆、大変に細い字が書けるのですが、中に入っているインクは相当にヴィンテージです。腐っていないかどうか心配です。4月は1年の中でも食中毒の発生率が比較的高い月。伸び縮みする携帯用スプーンフォークのセットを持ってお花見、なんて素敵ですけれど、食品もインクも腐らないよう管理が筆用です。

20190413-073354

 小物入れ。こういう小さな万年筆をそこら辺に転がしておくとなくしてしまうので、しっかり管理するためにはこういうのに入れておくと良いでしょう。けっこうたくさん入りそうです。大きな(普通の)萬年筆に入れるインクカートリッヂなんかを入れておくのにも良さそう。けれどもこういうのを好んで使う花のOLさんたちは、ヘンタイな萬年筆なんか使わないでしょうから、この写真、けっこうレアだと思います。

20190413-073515

 こちらは模様入りのぽち袋。ところどころに、周りとは違う柄が入っているのだそうです。しかし飼い主にはそれを確かめる気力もありません。実は少し前から目に違和感があって、なんか気持ち悪いなぁと思っていたのですが、だんだん試合後のボクサーみたいな顔になってきました。周りの人は口を揃えて目医者に行けと言ってくれるのですが、夜中にやっている目医者はないので難しいところです。どこかで意を決して職場を抜け出し、すいている目医者に行かなければならないようです。

2019年4月 9日 (火)

たまご

20190410-064039

 妙に後ろ脚を高く上げて眠る「くま(仮名)」さん。この状態で肉球をぷにぷにしても怒りません。怒らないどころか何の反応も示しません。ただひたすら眠っているのです。どんどん歳をとっていく感じがします。

 飼い主とてそれは同じことで、職場の若い衆が毎日深夜までお仕事をしているのにお付き合いをしていると、気がつけば昼の日中に意識を失っていたりします。おそらく、目を開けたまま眠っていることもあるのではないかと思いますが、仕事の成果物を見ると、今のところ致命的なミスはなさそうです。

20190408-205005

 そんな深夜の職員室に差し入れられた謎の卵。プリンでもどうぞ、と差し出されたので、この手の主、若い体育の先生は殻を割ってそのまま口に入れ、「ゆで卵・・・」とつぶやいたのでした。

20190408-205016

 黄身が伸びてますね。二つに割ると、それぞれの殻の中に半熟卵よりは固ゆで卵に近い、それでいて柔らかい黄身が残ります。そこに添付のシロップをかけていただくと、卵プリンとして味わえる、ということなのだそうです。

20190408-205433

 調べてみればそう遠くないところの会社。四日市の方にもお店があるそうなので、今度、どこかのWAGNERの会合に四日市「の方」から参加する人が持ち込んでくれたりしないかな、と期待していたりします。こういうバカやってないでさっさと仕事片付けて早く帰れ、と言うのですが、若い人は本当に元気が良くて・・・・・

20190408-205251

 

2019年4月 8日 (月)

新学期

9b5ed676d92c42528b14a4b970be6d89

  長女には平気で写真を撮らせる「ちち」(仮名)さん。こうしてみると実に賢くて良いワンコです。しかしその実態は、、、というのが難儀なところです。

  新学期が始まる前、そして始まってしばらくの間は、もう先生方みんな死ぬんじゃないか、と思うほどに皆さん働きづめです。この業界に古くから伝わる「三日が一年」という格言は、反体制的な人が意外に多いこの業界でも、ほとんどの人が疑うことなく受け入れている、あるいは身をもってその重みを知っているものなのです。

Ba3636408ce543d1ab4a660cc73cd4e3

  バラされたビーグル、ではなくて、今まさに生を受けようとしているビーグル。右の白いのが型紙で、それをもとに色画用紙を切って貼り合わせることでスヌーピーもチャーも裸足で逃げ出すほどの立派なビーグルになります。私の勤務先では、毎年、中学校の教員がこういうものを作っています。

6fe3103aeb4f4d0c8aa720a8f1f8a120

    こちらは先に生を受けていた柴犬。キャップレスクロスドラインさんに大きさ比較をお願いしました。やっぱりワンコは柴犬が一番、という柴犬原理主義の私です。こういうものが昇降口の靴箱の上に置かれて、進級した生徒たちを迎えるのです。

B492c0d924594ecab5b3a733a9049f1f

  6クラス分のワンコが集合。たまたまその場(深夜の職員室)に居合わせた担任が柴犬を所望したので確定。フレンチブルとビーグルが他の学年となりました。歴史は夜つくられるのです。

E8ba503c0e584dfeadd18772e26912e9

2019年4月 7日 (日)

利口な学校

20190407-010110

 熟睡中の「くま(仮名)」さん。もう誰にもお呼びがかからない、というか、誰も遊んではくれない、といううふうに達観しているのです。この写真が撮られた時刻、飼い主はお仕事、それも実にくだらないお仕事の真っ最中でした。

 学校の先生はとってもブラックな環境で働いていると言われて久しいのですが、それを何とかしようという動きもないことはないのです。総務相なんかが旗を振っている「スマートスクール」なんていうものもその一つ。要するにICTを活用して学校の事務仕事を効率化することで、先生方の業務量を減らそうというものです。

71qbqlnerzl_sl1200_

 これで教師に叩かれた、という思い出話もよく聞きますが、今どき、そんなことをしていたらすぐに先生の首が飛んでしまいます。授業のはじめに出欠を確認して、それを紙に記録する。そこまでは良いとして、記録した内容はどのように使われるのでしょうか。

 先生でない人にとってわかりやすい例は、通知表でしょう。通知表には、成績だけでなく、出欠の記録も載っています。その原簿となるのがこの出席簿なのです。学期末になると、担任の先生はこの出席簿をめくり、毎日の記録を手作業で集計するわけです。毎日、毎時間書き込みをして、それをよそに転記して、計算して・・・・・というのはスマートではありませんし、時間もかかります。タブレット端末を教室に持ち込んでそこに出欠を記録しておけば、集計は機械がやってくれるでしょう。

Syusseki2

 実現したなら、夢のようなお話です。解放されます。でも、出欠を打ち込むためには、あらかじめ名簿を用意しておく必要があります。当たり前の話ですね。では、その「名簿を用意する」というのは、具体的にはどういう作業なのか、ということです。

 今の時期、児童生徒は一つずつ上の学年に進級し、それとともにクラスの編成替えがあります。すなわち、3月まで使っていた名簿は役に立たなくなるのです。3月に2年3組の4番だった岡田さんは、今年、3年何組の何番になったのか、という情報が必要です。そこらへんは20年以上も前からICT化している私のこと、サクッとそういう名簿をこしらえて、新年度の名簿更新作業に臨んだのですが・・・・・。

 まず、昨年度の名簿からして、元の名簿通りに並んでいないという事実。結局、手作業で一人一人、新しいクラスと番号を入力していくよりほかに方法がありません。バカを言うな、名前で照合をかけてデータを読み込めば済む話じゃないか、と言うなかれ。名前に使われている文字コード体系が独自のものなので、私の持っている名簿とは互換性がないのです。画面上では同じ文字に見えても、文字コードが違う。よって名前による照合は出来ないのです。

 目をしょぼしょぼさせながら、とりあえず600人ほど、データを打ち込みました。これって、ICTを活用しているって言えるのでしょうか。

2019年4月 6日 (土)

過渡期

20190407-114424

 眠たいので好きに写真撮って、という「ちち(仮名)」さん。飼い主もこんな風に気持ちよく寝てみたいものです。職場のPCがとても意地悪で、ある程度作業が進んだところで「致命的なエラー」などという懐かしいメッセージを出して振り出しに戻してくれるので、いろんな作業が進まなくて難儀しています。この時期は職員の異動に伴って、職員の所属や資格のつけ替え作業が行われているため、どうしてもシステムが重たくなります。私の愛用している管理工学研究所の「桐」は、それ自体しっかりとしたソフトウェアなのですけれど、土台となるWindowsの挙動が今ひとつシャキッとしないのが困りものです。

20190408-014753

 システム更新して不要になったからあげますよ、といただいたマザーボード。もちろん、CPUとメモリも載ったままです。BIOSが二重化されているからアップデートでトラブっても大丈夫、と盛んに宣伝していた頃のGIGABYTE製マザー。私が手にしたものはいずれも起動に時間をかけるタイプで、変態紳士Asrockの素早い起動になれてしまうと、もう戻ることが出来ず、縁遠いメーカーになっています。

20190408-014807

 こういうケーブル、知らないという人も増えてきていることでしょう。ほんの少し前まで、光学ドライブはこういうケーブルでつなぐのが当たり前でした。そしてその少し前には、HDDすらもこれでつないでいたのです。こんなに幅のあるケーブルを、ケースの中でいかに上手に綺麗に取り回すか、というのが自作する人の腕の見せ所の一つでもありました。

20190408-014858

 ATAのケーブルは少しぐらいこんがらがっていても問題ありませんし、よほどの怪力でもない限り逆には刺さらないので安心でしたが、このケーブルはそうもいきません。逆に挿せてしまう上に、下手をすると火を噴くという難儀なものでした。かつて自作をする人たちは、いざというときのために、使わないだろうなぁと思いつつFDDを載せたものです。FDDって何、と言われる世の中になってしまいました。家電の世界ではカセットテープが見直されているそうですが、PCの世界でフロッピーが見直されることは二度とないでしょうね。

20190408-015007

 I/Oを見ると、あぁ、そういう時代のマザーなのだなと感慨。さすがにRS-232Cだとかパラレルなプリンタインタフェースなんてものはありませんが、しっかりとPS2ポートは付いています。こういうマザーはUSBキーボードでもいけるのですけれど、時折キーボードを見失ったりもする、そういう感じでしょうか。素直にPS2のキーボードをつなぐのが吉ですが、なかなかそういうモノも見つからなくなりました。さて、こいつをベースに1台組み上げて、何に使いましょうか。

2019年4月 5日 (金)

出遅れ

20190408-021405

 くつろぐ「くま(仮名)」さん。脇の下などが赤くなっているのがおわかりいただけるでしょうか。高齢犬ゆえ、あちこちガタがきている彼女ですが、皮膚関連のトラブルは結構深刻なようで、いつ見てもどこかしら掻いています。マラセチアが見つかっていますので、とにかく綺麗に洗うしかないのですけれど、洗われるのをとっても嫌がります。掻くからかさぶたみたいになって余計に痒くなり、さらに掻きむしる、という飼い主そっくりの悪循環に陥っているのです。

20190408-015216

 ようやく手に入れることが出来たBun2。偶数月の1日発行、というのはわかっているのに、今年の4月1日は身動きが取れませんでした。これまでホンマもんの教頭先生の傘の下で楽に暮らしてきたつけが回ってきたということなのでしょう。奈良県内にはこれを配布してくれているお店が1軒しかないので、大阪や京都まで出向いて手に入れているのですが、今回は普段置いてあるところでも見かけない、などと言うことが続き、結局、神戸にある日本で一番の老舗文具店でもらってくることができました。危ないところでした。

20190408-015257

 フリー配布されているものとはいえ著作物ですから、宣伝するのを言い訳にホンの少しだけ。この記事に書かれていること、すでに手をつけています、エッヘン、というところ。とにかく、仕事場が快適でないと何も進みません。いや、快適すぎるからみんな遅くまで残って仕事に励んでしまうのかもしれません。もしそうだとすると、もう少し快適度を落とさなければ・・・。

20190408-015440

 でた、柴犬、と思ったのですけれど、よく見れば明らかに狐。新年度の始まりではありますが、今回の内容は、いつもより少々物足りないようにも感じられました。でも、文房具にとっては「旬」で、皆さん文房具を買いまくる時期です。実際、これをいただいてきたお店でも、レジに立っているのは普段なら本社の事務所でデスクワークしているような人が多かったように思います。忙しいのは良いことですね。文具店がどんどんなくなって来ているので、せめて今あるところには頑張っていただきたいものです。

2019年4月 4日 (木)

外れた!

20190402-235341

 写真を撮られているのだけれど、お父さんに遊んでもらっているのも嬉しいし、どうしようか、という「ちち(仮名)」さん。なかなかに複雑な表情をしております。そのお父さんは、新学期を迎える準備で大忙し。なかなかお家に帰ってこないのが哀しいところです。

20190404-094705

 新学期を迎えるためにお掃除をしてくれていた生徒たちが職員室に駆け込んできて、教頭先生っ!と絶叫。「かいだん、はずれてますっ!」と訳のわからないことを叫んでいます。こういうときに頼りになるホンマもんの教頭先生はすでにいらっしゃらないので、予備でもパチモンでも、私が行くしかありません。

20190404-094652

 このおしゃれな階段は、8年前に新築された校舎にあるものですが、鋼鉄製の枠に石の踏み板を接着した構造です。今回、そのうちの1段分だけ接着剤が効かなくなってしまったので、その段を踏むとガタガタと踏み板が揺れるようになってしまったのです。

 危険を知らせるため、外れた踏み板にお花を、階段の上下にはコーンを置いて通行止めに。重い石版を持ち上げてみると、鉄板に塗られた接着剤が寂しそうにしています。べったりではなく、スポット的に塗った接着剤が効かなくなったため、ガタガタと揺れてしまうようになったのです。この重さ、そして、石版の裏側は鉄板の形にくりぬかれていて、はまり込むような構造ですので、落ちてしまうようなことはないと思われますが、この段を踏んだときにグラッときてバランスを崩して転倒、という事故は予想されます。

20190405-131506

 これでは新学期を迎えられないので、業者さんに急いでもらって修理。接着剤が降下するのに数日かかるということですから、今、施工しておけば週明けには通行できる状態になることでしょう。おしゃれな学校、綺麗な学校とうらやましがられますけれど、凝った造りになっている分だけ壊れるところも多いのです。ホンマもんの教頭先生が異動してしまい、相方は新任の女性教頭ですので、この1年は私もサボってばかりはいられないようです。

2019年4月 3日 (水)

おみやげ

20190402-071015

 これでも起きている「くま(仮名)」さん。この状態で様子を見て、飼い主が真剣に遊んでくれそうならば起きだすし、それほどでもないのならこのまま寝て居よう、というところです。このところ深夜の帰宅が続いているので、さすがのワンコたちも寝ている首をちょっと持ち上げてこちらを見る、という出迎えが精一杯です。

20190403-071453

 この春休み、オーストラリアにある姉妹校を訪問した本校の代表が持参したおみやげ。奈良が誇る「奈良うちわ」です。しっかりとした紙を何枚か重ね、よく切れる刃物で切り込んで模様を入れた透かし模様のある団扇です。

 団扇なのに、模様とはいえ紙の部分に穴をあけてどうするのだ、と思いますが、実用性もしっかりあるのです。

20190403-071544

 こういう立派な箱は不要だったのですが、故あって、代表団に持たせたお土産と全く同じ金額の領収証が必要になったので、同じお店へ行って同じものを買ってきたのです。包んでもらう間に事情を話していると、気の毒に思ったのか、領収証を2枚書いてくれました。観光客でもないのにこういうものを買いに来るなんて珍しいでしょうから、覚えていてくれたようです。

20190403-071617

 奈良うちわにはさまざまな模様があり、法王の模様が入ったものが一番手が込んだ良い感じのものなのですけれど、奈良のお土産、ということで鹿と五重塔。模様といろは一対一で対応しているので、色も模様も、以前に買ったものと全く同じものを選んだのです。

20190403-071809

 竹でできた、まっすぐに団扇を立てておける台も購入。ファービーさんたちと一緒に、玄関を入ったお客様をお迎えする大役を担っていただくことにいたしました。以外に違和感がありません。

2019年4月 2日 (火)

変な焼きそば

20190402-235337

 家族の者ならいつも見ている、立ち上がった「ちち(仮名)」さん。しかし、こういうのを写真に収めるのは結構難しいのです。たいていはシャッターが切れる前に次の動作に移ってしまうので、ブレたり意味不明な謎の物体が写ったりして、きれいに撮れることはめったにないのです。

 毎日毎日遅くまで仕事ともいえない雑用に埋もれて過ごし、ようやくそこから抜け出して帰宅すると、眠る前に、あるいは目覚めてすぐにBlogの更新。けれども、せっかく更新しても記事として反映されないことが続いています。結果として毎日記事を書いているのに更新が止まっているという不思議なことになっています。この記事は何度目かの書き直しで、いい加減飽きてきました。何か、特定の特徴を持った写真などを含む記事をアップすると引っかかるように思います。

20190403-201511

 もともとこの日にアップする予定のネタをあきらめて、こういうときの定番、即席めんの新製品ネタ。丸いお皿型ではなく、どんぶり型のパッケージに収まった焼きそばです。どうして、深さのある容器なのか。そして肝心のお味の方はどうなのか。今回は自分で食べて検証します。

20190403-201517

 おしゃれなことに、斜め上の部分に湯切口があります。時計で言うと2時の位置。したがって、これから作るぞ、というときに蓋をめくる、そのめくり始めの位置も6時ではなく8時の位置です。容器は円形ですから、どこからめくろうが同じはずですが、二に印刷されている写真に騙されて変な位置を開けているような、めくれ方が普通でないような感覚になるのが面白いところです。

20190403-201548

 麺と一緒にお湯をかけられてしまうかやくと、即席焼きそばにはこれ、というお湯を切ってからかけるソース。そして、ここは製作者の思想や思いの出るところですが、食する前にささっと振りかけるもの。最近はふりかけのない焼きそばも増えていますが、これには結構大きめの袋がついてきます。

20190403-202253

 できました。いまどき、かやくを別途入れるだけのことはあって、しっかりと野菜野菜した具材です。そして、大きめの袋に入ったふりかけは小さい方の区画に青のり、大きい方の区画に粉カツオ。これらを混ぜていただきますと、麺はさすが「正麺」を名乗るだけのことはあると感じさせてくれるものですし、ソースの味もありきたりのものと少し違い、個人的に好みです。こんなもの食べながら遅くまで仕事をしていると、せっかく減らした体重がまた増えてしまいます。

2019年4月 1日 (月)

エース投入

20190402-235919

 寝姿がまとまっていてい美しいので撮られた「くま(仮名)」さん。こうやってケージの扉を開けて写真を撮っても全く動きません。お風呂に入れられたこともあってか、心底疲れていて、そして、「むごい」仕打ちをした家族に対して怒っている、ということもあるようです。

 お風呂を出て体をふいてもらうとき、あまりにも激しく動き(逃げ)回るので、抱き上げられて洗濯機の上に載せられてしまったのです。ワンコはそういう高いところに載せられると弱いので、それ以降はじっとしていたようですが、ひどいことやりよるなぁ、恨みに思っているのかも知れません。

20190331-174011_1

 京都市内に用事があって、ふらふらと歩いていたときに人だかりを見つけました。材木橋のたもとで、皆さん桜の写真を撮っているのです。そしてその桜を撮っている人たちを、面白がって撮っている私。これはその中でも、一番人が写っていない1枚です。

 春は別れと出会いのシーズン。私の職場でも、校長とホンマもんの教頭先生が異動になりました。パチもんの教頭だけでは学校として脆弱すぎる、ということを心配されたのでしょう、それぞれの公認にはものすごい人が送りこまれてきました。

 教育委員会事務局で働いている「普通の人」にはもともと行政職の人と先生上がりの人の2種類がありますが、先生上がりの人が指導主事です。その指導主事の中のお一人が、本校のホンマもんの教頭先生に。指導主事はやがて係長から課長補佐、課長、次長、部長と昇進していくわけですけれど、課長以上が学校現場の校長に相当します。次長とほぼ同等の職階に「参事」というのもあって、ここしばらくこの参事を務めていた人が本校の新しい校長先生です。

20190401-173730

 大物ですね。何鉢も胡蝶蘭が届けられました。これだけしっかりしたエース級の人を送り込んでおけば、パチもんの教頭が混じっていても学校は安泰です。なかなかうまく考えたものです。

 さて、どこにももらい手がなく留任となった私は、いよいよ今年がこの職場でのラストイヤーでしょう。今年は少しでも教頭らしいことが出来るように頑張りたいと思います。

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック