« 暇を持て余した風の神のいたずら | トップページ | 今更ながら »

2019年3月20日 (水)

やられた

20190321-102946
 撮ってるのぁ・・・と言いたげに、それでも動かない「ちち(仮名)」さん。眠たい盛りなのです。職場には眠たい顔をしている人、疲れた顔をしている人が溢れておりますが、「誠に済みません、今晩、通知表の印刷お願いします。」と教務主任から言われて、まぁみんな忙しいからな、と引き受けた私。けれど、明日はお彼岸でお休みですし、その翌日が修了式。通知表の裏表紙には「修了証」というのがあって、修了式で校長から生徒に「授与」されるという儀式があります。紙に印刷しただけではダメで、学級担任と校長が判を捺して完成です。
 そういうものを、「今晩印刷・・・」なんて言ってること自体、異常です。休日出勤や時間外勤務が当たり前になってしまっていると、こういう馬鹿げたこと、間違ったことを平気で言うようになり、聞いた方もツッこまなくなってしまうのです。
 私は午後から出張だったので、夕刻、職場に戻ってから火の出るような勢いで作業を進めて、日の暮れる頃には完了。しかし、修了証に判を捺さなければならない校長先生はアフター5の予定変更を余儀なくされました。ブラックは本人だけでなく周りの人まで不幸にします。本当にダメです。
20190321-103056
 今、6月末の完工を目指し、市を挙げて学校への空調設備の設置が進められているのですが、本校の工事を担当してくださっている業者さんから、マスターキーをお借りしたい、という申し出がありました。平日休日関係なく突貫工事が進められますので、いつでもどこでwも出入りできるように、工事責任者がマスターキーを保持することはある意味当然です。しかし、マスターキーの予備なんてありませんし、そこら辺の鍵屋さんでキーコピーできるものでもありません。
 結局、大阪市内まで出向いて、校長の印鑑入りの証明書を提出してコピーを作成し、業者さんにお渡し。キーのコピーができあがるのを待つ間に、同じ施設内にあった本屋さんで見つけた鞄付きの雑誌。はっきり言って、雑誌本体よりおまけの鞄が入っている箱の方が立派で、おまけだけ持ち去られないように厳重に紐で亀甲縛りされておりましたので、内容を確認することも出来ずにタイトルだけで購入。これが失敗でした。文房具なんてちょろっと書いてあるだけで、ほとんどがファッションのお話。豪華列車に乗って旅するならこんなコーディネイトで、なんていう記事、売り場で一番安くて地味な服を選ぶ、と決めている私には無縁のものでした。
20190321-103332
 まぁ、最近の萬年筆系の記事ですと絶対と言って良いほど出てくるセンチュリー。それはそれとして、いや、この文字、親近感を覚えます。スロゥなブギを聞きながら書くとこんな字になる・・・はずもありませんが、この文字にして、マス目にきっちり収まっているのがまた何とも良いですね。どなたの文字なのか知りたい方は鞄を買ったと思って雑誌買って読んでください。今週末の神戸に持って行きますけれど。

« 暇を持て余した風の神のいたずら | トップページ | 今更ながら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 暇を持て余した風の神のいたずら | トップページ | 今更ながら »

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック