« 大福帳・補遺 | トップページ | これでええやん »

2019年2月 7日 (木)

白くない

20190207_232951

 ワンコの上で眠る「ちち(仮名)」さん。彼女にとっては小さめのクッションですが、上手に乗っかって寝ています。換毛期に突入して体力を消耗しているのか、このところおとなしい感じですが、家族によるとそれは深夜早朝だけの話で、日中は相変わらず元気に暴れているそうです。

20190207_141720

 深夜早朝、そして休日も出勤して働く同僚たちの小腹を満たすべく、職員室には即席麺を常備してあるのですが、在庫が少なくなったのでこちらを補充。早速食いついてきたのが40代後半の男性でした。私などと同じく、スーパーダイエーが日の昇る勢いだった頃に子ども時代を過ごした人です。

239

 ダイエーにあったフードコートには、たいてい「すがきや」が入っていました。ラーメンを注文して勢いでほかのものも食べる。特に、ソフトクリームですね。

 こういう、MOMAにも収蔵されているとかいないとか言う独特のスプーン。そして白蛇からとったなどと言われていたスープ。名古屋近辺に行かないと見られないようになってしまいました。

20190207_141843

 著名なラーメン店とのコラボ商品なので、その店のカラーが強く押し出されているのは当然のこと。かやくと言っても焼豚のみ。粉末スープを入れ、直接お湯をかけてしっかり溶かすようにという注意書きがあります。

20190207_142446

 この時点で、すでに私たちが勝手にイメージしている白蛇スープとはかけ離れたものになっていますが、この上からまだ、「お召し上がり直前」のスープを投入するのです。

20190207_142551_2

 激しく黒いです。で、これをしっかりと混ぜてからいただくのです。とにかく濃い味だそうで、スープを一口いただいた感想は、私には食べられないかも、というものでした。パンチが効いていると言うべきか、とにかく濃い味なのです。もう少し若い頃の私だったら、きっと好きになっていたであろう味。けれどもう老体なので、この味を食べていたら死にます。

20190207_142618

« 大福帳・補遺 | トップページ | これでええやん »

コメント

 3枚目の寿がきやの画像にあるラーメンは私にとってのソウルフードです。田舎の,東海ユニーの最上階にテナントとして入っていました。中学から高校生時代にかけて,良く口にしていたんです。当時の価格は140円ぐらいだったと思います。その後寿がきやはそこを撤退して,一旦私の田舎の県からは,完全に消滅したのですが,しばらくしてアピタのテナントとして復活。しかしこれまた数年前に撤退して,再び県内で寿がきやを食べられなくなりました。当時のラーメンフォークは私の家にも1本あります(写真のよりも古いタイプ)。

 たまにローソンにカップ麺で3枚目画像のラーメンが入荷することがあるのですが,当時と比べて味が変わったようで,自分としては妙な臭みが気になります。

 これよりも,やはりたまにローソンに入荷する,寿がきやのカップ麺天理ラーメンの味の方がずっとお気に入りです。

 monolith6 さん

 当たり前ですけれど、名古屋近辺では今でも寿がきや、食べられます。
かの有名なテレビ塔のあたりを夜歩いていると、あの女の子の顔が巨大
ネオンサインとして浮かび上がっていましたが、今もそうなのかな。

 そう、その昔スーパーのフードコートに入っていた寿がきや、アレが最高
ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白くない:

« 大福帳・補遺 | トップページ | これでええやん »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック