« 逡巡 | トップページ | 感謝 »

2018年12月30日 (日)

年末大バーゲン

20181230_002740

 年の瀬の忙しさの中でも、自分は別、と眠り続ける「くま(仮名)さん。愛犬参號もお供しています。飼い主は毎年恒例、年末大バザールバーゲンへ。早朝もしくは真昼間、あるいは夜遅くというふうに列車は限定されるものの、格安で新幹線に乗って東京へ日帰りできる、というツアーを利用しました。この手のものは何といっても関連会社であるJR糖会ツアーズの圧勝だろう、と思い込んでいたのですけれど、われらが近畿日本ツーリストも負けていません。まったく同条件で2000円ほど安い、というのでそちらに飛びつきました。

20181222_230416

 ほかの時期だと、これなら高速夜行バスでなくても、と思えるほどの価格もあるようです。年会費制のエクスプレス予約では、京都から東京まで往復すると25660円、グリーン車では35200円です。対してこのツアーは東京駅一番街での買い物から500円割り引いてもらえる券と東京スカイツリーの入場券とがセットになっていて、この年の瀬の一番お値段の高い時でも、グリーン車に乗っても26300円ほどです。また、JR東海ツアーズと違っておまけまでついてきます。関連会社であるがゆえに新幹線の安売りはしにくい、ということもあるのかもしれません。

 なお、このツアー、JR東海のものと違って利用する改札口を制限されません。しかも両端区間が京都駅と東京駅ではなく、京都市内と東京都区内、という違いもあります。私の中では、かの有名な東京ブックマークがほろほろと崩れ去ろうとしていますが、次回ペントレの際には宿泊込みで両者を比較検討してみようと思います。

20181230_104943

 可能な限り早く会場をおさえる師匠。その時点では、年末大バザールだったのえですが、その後、大バーゲンと名称が変わったのですね。今回もさまざまな方とお話をすることができました。私の場合、ほとんどそれだけを目的にこの場に行っているのです。今回はスカイツリーの入場券を使ってしまおうとか、東京駅一番街のお買物券を使おうとか、ガッチリ買いましょう作戦で行きましたので、途中会場を抜けましたが、一番良いのは一日中会場にいていろんな方々と無駄話をする、ということですね。

S20181230_105004

 そして今回もまた、家族へのお土産以外は買い物をしていないのに、なぜかずっしりと重い袋をもって帰宅することになりました。その中身は、これから順次ご紹介、です。

 会場内外で遊んでくださった皆様、本年もありがとうございました。

« 逡巡 | トップページ | 感謝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末大バーゲン:

« 逡巡 | トップページ | 感謝 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック