« たま | トップページ | 御坊 »

2018年12月22日 (土)

冬の18

20181222_230810

 大あくびをしつつも、しっかりと「愛犬参號」を守る「くま(仮名)」さん。お母さんから、愛犬は臭いから洗わなくっちゃ、と言われたことに警戒感を強めているようです。彼女にとってはその匂いがすべてなので、綺麗に洗われてしまっては困る、ということなのでしょう。

20181222_230225

 新品の内3回分だけ使ったら返却してね、という条件でオークションサイトに出ていたのをゲットして、今日から3日間、冬の青春18きっぷで遊びまくりです。

 とはいえ、初日からお昼前まで家でゴロゴロしておりましたので、まずは肩慣らしに愛知県は岡崎を目指しました。出遅れた分を取り戻すため、奈良からの出発ではなく、近鉄を利用して京都まで出て、京都駅で3分の乗換というきわどい技・・・・・のはずでしたが、息を弾ませホームに降り立った視線の先には、乗る予定の列車が5分遅れという表示がありました。走って損しましたが、まぁ走れることが確認できただけでもよしとしましょう。

20181222_150418

 走るのはランニングですが、このランニングエッグもそういう意味なんでしょうか。岡崎駅から名鉄バスに乗ってペンズアレイタケウチさんを目指していたところ、バスのすぐ前をこの車が走っているという偶然。こちらの卵をいただいたお礼を兼ねて、社長とGMのお顔を拝みに行こうというのが今日の目的です。

 青春18キップというと、乗換奪取がつきものでもあり、世間の顰蹙を買うところでもあります。今回は京都から新快速で米原、そして大垣行きに乗り継いで大垣からまたも新快速で岡崎という、難易度の低い乗り継ぎでした。米原駅から大垣駅まで、隣に座っていた高齢の男性はこの道の大先輩らしく、S字フックをカーテンの溝に突っ込んでそこにリュックをかけて楽ちんに過ごす、なんて技を見せてくれました。私みたいにちょろっと首を突っ込んでいる程度の者からすると感心することばかりです。

20181222_153655

 あえて最寄り駅である名鉄東岡崎駅ではなく、JR.岡崎駅からバスを利用するという変則的な訪問でしたが、社長やGMにもお会いすることが出来てまずまずの旅でした。

 きとは幸運なことに道が混んでバスが遅れ、そのために岡崎駅から乗った列車が米原行き。乗換1回で京都まで行けてしまうという、なんとも軟弱な18きっぷの旅でした。そこで京都駅からは18キッパーらしく、奈良県内を一切通っていないJR.奈良線、そして関西本線を利用して奈良まで。近鉄奈良駅まで歩いてそこからは近鉄戦で帰宅という、初日らしくゆったりとした行程で終わりとしました。さて、明日はどこへ行こうかな。

« たま | トップページ | 御坊 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の18:

« たま | トップページ | 御坊 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック