« 釣鐘 | トップページ | ついに発見 »

2018年12月26日 (水)

とりあわせ

20181226_233816

 よく寝ている「くま(仮名)}さん。くまと愛犬とお鉢、です。今日は昨日までと違って愛犬参號への執着度が低く、寝ている最中に取り上げても何の反応もありませんでした。柴犬はいろいろなことについて飽きっぽいと言いますし、飼い主に似てるのならなおさらでしょう。

 本日は職場の人数もぐっと減って、年の瀬の雰囲気が出てきました。そんな中、「是非、○○先生にご相談したいことがあります。今夜、主人が仕事を終えて帰ってきてから、子どもが塾に行っている間、そうですね、夜の9時から10時頃に学校へ行きますので、○○先生にそうお伝えください。」なんていう電話もかかってきます。その時間は勤務時間外で学校に誰もいない可能性が高いことを伝え、よほど緊急性の高いことでもない限り、○○先生にその時間まで学校に残ってもらうのは無理があります、と伝えると、「今どき24時間営業のお店も一杯あるんですよ。何で無理なんですかっ!」とお叱りを受けました。

 相談の内容は、子どものスマートホンをこっそりのぞいたらSNSにくだらないことばかり書き込んでいるので、勉強の妨げになる。学校で指導してやめさせて欲しい。しかし、私たち(親)がスマートホンをのぞいたことはけっして子どもに知られないようにして欲しい、というものでした。あまりに馬鹿馬鹿しいので、本日はきっちり定時に退勤しました。

20181226_234922

 こんなん出てきたで、と長女が差し出したボール紙の筒の中には、こボールペンとシャープペンシル、そしてコンヴァータが2個入っておりました。大きい方のコンヴァータには、萬年筆も作っているドイツのメーカー名が書かれていますが、どうしてこういう取り合わせになったのでしょうか。

 SNSにハマって勉強しない子どもをもった親は、何も悩む必要が無いのです。単に携帯電話の契約を解除すれば良いだけの話です。それをしない、それが出来ないというのは、子どもとの衝突を恐れているのでしょう。けれど、そこでの衝突を恐れていると、この先、さらに恐ろしい事態に進展する可能性が高いのです。世の中の子どもを持つ親は、出来れば携帯電話なんて持たせない方がいい。持たせるなら、最初にきちんとルールを決めておく、という言い古されたことをきちんと実行すべきです。

 で、写真の筆記具類を見ていると、子どもがSNSにハマって勉強しない親以上に悩んでしまいます。

20181226_235009

 撮り方が下手くそなのでわかりづらいですが、槍にささるところの径や形が同じですのでどちらもカヴェコの萬年筆に使うものなのでしょう。小さい方はおそらく、ミニタイプの者に入れて使おうと入手したのだと思います。

 しかし、フルサイズの立派なコンヴァータ、こういうのがささるようなカヴェコの萬年筆は我が家にはありません。リリプットとか、そういうのばっかりなのです。なんでこれを買ったのか、我がことながら悩んでしまいます。

20181226_235223

 こちらについては、ある程度推察できます。まず、はんこ屋さんであるシャチハタの製品であるということ。Art Lineというシリーズです。で、なおかつ胴軸が伸縮するということ。

 ボールパンの方は、胴軸をひねると先端が出てきますけれど、それは必須ではなく、軸を伸ばすだけで筆記レディとなります。一方のシャープペンシルは、軸を伸ばしてもノックしようとすれば縮んでしまいますから、これこそひねるのかと思えばそうでもない。そう、こいつはボディノック式なのです。

20181226_235328

 ボディノックはコクヨのミストラルあたりと比べるとかなり固いので、写真に収めるのに苦労しました。片手にカメラを持ってやろうとするから苦労するだけで、筆記するように握っているときは簡単に芯を出すことができます。

 筆記具2本については、変なモン(機構、メーカー)だから入手した、ということで良さそうです。それでも、コンヴァータと一緒になっていた、というのは意味がわかりませんね。

« 釣鐘 | トップページ | ついに発見 »

コメント

いまどき学校の先生はなんでも面倒を見てくれると思っているバカ親がいることに、この国の素晴らしい未来を予感させますが、バカ親の子供はバカ子供にしかならないのでスマホ猿を脱することはないのでしょうね。バカ子供はやがてバカ親に育つのですけど。
バカ親でなくても、面倒で時間のかかる手当をしないあるいはできない親も多いことですよね。

 くーべ さん

 まともに取り合うな、と言うのですけれどね。そんな親でもついつい真剣に相手をしてしまい、結局傷ついてぼろくそ言われて何一つ解決しない、という例が多いのです。

 こういうのには事務的に粛々と行くのが一番です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とりあわせ:

« 釣鐘 | トップページ | ついに発見 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック