« また来年 | トップページ | 開封の儀 »

2018年11月26日 (月)

入手済み

20181127_060340

 気持ちよさそうに眠る「くま(仮名)」さん。飼い主は三連休でどっと疲れて、週明けの今日も深夜のご帰館。今週後半は期末テストなので、先生方は皆さん作問に忙しく、お付き合いをしていると知らないうちに日付が変わっていることもありますので要注意です。

 職場では風邪やインフルエンザで次々に先生方が欠けておりますが、何とかは風邪をひかないというありがたい言い伝え通り、飼い主は実に元気に過ごしております。

20181123_022711_2

 90周年も95周年も、同じようなサイズ、材質の木箱に収まっていて、その木箱を収めた紙箱が段ボールから出てくる、というPILOTの周年記念万年筆。95周年だったか90周年だったか、そのいずれかは木箱に紐がかけられていたように思いますが、今回は社章があしらわれていました。

20181123_022827

 黒ではなくPILOTっぽい深い青の軸に、富士山と明治丸が肉合技法で描かれています。写真を撮るのが下手なので黒にしか見えませんが、実に好きな青です。青というか、濃い紺色というか、そういう感じの色合いです。

 100周年ですから、もっとびっくりするようなものを期待したところもあるのですけれど、基本に忠実に、PILOTらしく重厚な感じで出してきたというところでしょうか。

20181123_022854

 どうしても手の震えが収まらずブレまくりですが、ペン先に富士山が刻印されています。入荷したのでMかFか選んでくれという連絡があってMを選択。そのMも2点入荷していてシリアルナンバーの好きな方を選べということでしたが、キリ番であるとかそういうものでもなかったので、微妙に変な番号の方を選んでしまいました。

20181123_023033

 付属のインク瓶のキャップには、PILOTの社是の一つ、三者鼎立のシンボルが描かれています。三本脚の容器は、どの足が長くても短くてもうまく立たないことから、商品を使う者、売る者、作る者の三者のいずれが得をしても損をしてもいけない、という企業理念ですね。今までの周年記念のキャップはどうだったのか、詳しい人、ご教示ください。箱を探して中を確かめるのは面倒なので・・・。

20181123_022924

 さて、この軸にはどんなインクを入れて使いましょうか。こういった萬年筆は使われることなくコレクションとして死蔵されてしまうことが多いようですが、やはり萬年筆は字を書く道具ですから、使ってなんぼです。下手な字で書かれるにしても、死蔵されるよりは萬年筆も喜ぶのではないかと思っています。問題は、なかなかじっくりと楽しむ時間が無いことですけれど、いずれ暇なときも来るでしょう。

20181123_023236_2

« また来年 | トップページ | 開封の儀 »

コメント

65から80までは何も描かれておらず、85は横笛を吹く天人、90は朱鷺、95
は龍、88は88th Anniversaryなどと描かれていたと思います。

日頃のストレス(鬱憤)を発奮ですかな(^o^)/

 ロクリンパパ さん

 そうでしたか・・・。ご教示ありがとうございます。

 いかにインク瓶など見ていなかったか、ということですね。反省です。

 くーべ さん

 鬱憤晴らしをしましたところ、職場で使っているPC内蔵の
SSDがお亡くなりになり、外付けHDDがお供をしました。

 鬱憤ためつつ、復旧作業です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入手済み:

« また来年 | トップページ | 開封の儀 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック