« お中日 | トップページ | 今月のちょこちょこ »

2018年9月24日 (月)

100

20180924_130655

 お外に出してぇ、出たいよぉ、と大騒ぎした挙げ句、出たと思ったら抱きかかえられて呆然と脱力している「ちち(仮名)」さん。彼女は抱かれそうになったときに「重くなる」という技を繰り出すのですけれど、ケージの外では人間様に分があってかないませんでした。

20180924_000232_2

 先日、神戸ペンショウの打ち合わせで集まった際に烏口さんからお譲りいただいた品。箱はいいとして、箱の中に入っていた紙のやっつけ仕事ぶりが気に入っています。これがわざとこういう形の紙にしたものならばアートですし、そうでなければ職場体験学習に来ていた中学生にでも切らせたものでしょう。これだけ適当に切りながらも、表組みの罫線を傷つけることなく済んでいることに感動を覚えます。

20180923_235945

 左端のカクノだけは、コーポレートカラーの青に「100」の文字をあしらった100周年バージョンですが、アクロボールとフリクション、それにたまたま100という字が入っているだけとちゃうんかというマーカーと、我が社の売れてる商品を詰め合わせました、という株主様向けのお品です。多くの場合株主さんなんて、その会社の製品への愛なんて無く、製品が売れて業績が上がればそれだけでいいわけですから、頑張るものでもないのでしょう。

20180924_000111

 よくよく見れば、「100」の文字も萬年筆とボールペンの先端部をあしらったものになっています。同社の100周年記念サイトにもあります、100周年記念ロゴそのものです。

 問題はこの後で、海外では紹介されている黒くて変な筋の入ったキャップレスとか、とてもお高い蒔絵の萬年筆とか、そういうものをどうするか、悩みどころです。個人的には85周年の飛翔天人があまりにも素晴らしくて、100周年の蒔絵萬年筆、もちろん15万円の富士と明治丸がそれを超えているのかどうか疑問に思うところもあります。

 500万円のセットにしても、100万円のものにしても、資産というか工芸品というか、そういう値打ちで買われるものでしょう。もうすでに予約も入っているそうですが、好きな人が購入して、「目垢」が付かないように秘蔵されるのでしょうね。私などには縁の無い世界です。

20180923_235922

« お中日 | トップページ | 今月のちょこちょこ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/67204585

この記事へのトラックバック一覧です: 100:

« お中日 | トップページ | 今月のちょこちょこ »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック