« ゴトプラ大阪 | トップページ | 夏は鉄!・みまさか編 »

2018年8月22日 (水)

ザク

20180823_063240

 姿勢を見る限りでは起きていますが、実は意識がない「ちち(仮名)」さん。カメラを向けて舐めるように狙ってもピクリとも動きません。小さい頃から、彼女はほんとうにねぼすけさんで、眠いときにはどうしようもないのです。

20180822_083638

 ジャア専用ザクⅡの頭部。こいつを職員室に置いておくと、「これ何ですか?」という声はほとんど聞かれません。いや、「これ何ですか?」と聞かれたら反射的にスネークマん化してしまう私にとっては、これはありがたいことです。

20180822_083400

 ブレードアンテナの部分をもって奥に、モノアイのある部分を手前に倒すとこんな感じになります。用途は見ての通りです。それ以上ではありませんが、それ以下かもしれません。

20180822_083610

 あえて言わずとも、大きさはおわかりいただけるでしょう。記念撮影に参加してくれたのはスーベレーンM800です。実際にはこの状態(萬年筆はありません)で設置して使います。

20180822_083510

 実に巨大なテープカッターです。見た人は口々に、「しゃべりますか?」「動きますか?」と聞いてきます。「はい、普通のテープカッターの3倍の・・・・・」と言いたいところですけれど、こいつはセットしたセロハンテープを引き出して切る、それ以外のことは何もできません。

20180822_133114

 何より致命的なのはその軽さ。機動力を上げるためなのでしょうか、非常に軽く仕上げられた機体ゆえ、テープを引っ張り出そうとすると機体も一緒についてきます。引っ張らなければどうということはない、のでしょうし、挽回するチャンスはまだある、のです。

 写真は、それを改善すべく裏側の空洞部分の調査を行っているところです。紙粘土でもくっつけて重たくするか、中央部の黒いところ、すなわちテープをセットする部分の台座にゴムなどをつけて重さと机への粘着性を出すか、そんなところでしょう。夏休み最後の宿題にします。

« ゴトプラ大阪 | トップページ | 夏は鉄!・みまさか編 »

コメント

テープカッターの形状の違いが使いやすさの決定的な差ではないということを教えてやる、という事でしょうか?

すいどう さん

ありがとうございます。その台詞、あえて温存しておいたかいがありました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザク:

« ゴトプラ大阪 | トップページ | 夏は鉄!・みまさか編 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック