« 濃い濃い濃い | トップページ | 1368 »

2018年8月 4日 (土)

とりもどす

20180727_223438

 あ、お父さん寄ってきたっ!と喜んでいたのに、カメラを向けられるとぐいっと首を曲げて写らないように努力する「ちち(仮名)」さん。長女には何の警戒心もなく撮らせるのに、この違いは何なのでしょうか。

 飼い主は週末を迎えてわくわく。土曜日曜は遊びまくるぞと決めて、珍しく仕事も馬力をかけてやり遂げ、彼女の通院も金曜日の間に済ませて準備万端。しかし、そこで気が抜けてしまったのか、まさかの自然死で、目が覚めたらお日様がニコニコしている時間でした。

 夏は鉄、とばかり青春18きっぷで遠くへ行くには、自宅最寄り駅から始発電車に乗らないといけません。しかし、飼い主が起きたのは始発電車に乗っていれば名古屋あたりまで到達しているような時間でした。

20180804_135940

 短時間であれこれ検討して電車に飛び乗り、いつの間にか土讃本線を走るワンマンカーに乗っておりました。ワンマンカーですけれども、マスコンを握るのは研修中の乗務員さんでしたので、指導運転士さんがついております。この車両、いわゆるかぶりつき席があるのですが、指導運転士さんにがっちり視界を遮られております。

20180804_141908

 大阪から姫路、相生、岡山、坂出、多度津と乗り換えて到着したのは琴平。駅前の丸い郵便ポストは今も現役です。時刻は午後2時を少し回ったところで、容赦ない日射しに一瞬くらっとなりつつも、駅前広場から徒歩で目的地を目指します。

20180804_142230

 せっかく来たので琴電にも乗ってみたかったのですが、行きも帰りも駅に電車の姿はありませんでした。もし見かけていたとしても、これに乗って高松へ出てそこからまた、ということになると日帰りできなかった可能性もあります。

20180804_143038

 これが本日最大の目的である「なくした22段」です。トイレで用を足すとうどんだしの匂いがした、というほどにうどんを食べまくったWAGNER高松大会の翌日、受付に座っている人と二人、ここへ来たのです。写真奥に写る土産物屋さんの裏手にある駐車場に車を駐めて、お店の中を通り抜けると、最初に踏むのは23段目の石段です。本殿までの785段のうち、22段をスキップして上ってしまったのです。

 その後、受付の人はこの22段を上り直したので、以来、「あんたは22段少ない!」と言われ続けてきたのです。積年の無念を晴らすべく、真夏の午後にスタートです。

S20180804_143214

 馬鹿みたいに暑い中、観光客は切れ目なく上ってくるので、なかなか写真が撮れませんでした。人が少なくなったところでようやくパシャリ。22段上ったところ、かつてスタートしたあたりから下を向いて記録(証拠)写真を撮る、ということを成し遂げました。

 ここで帰ってもよかったのですが、せっかくなので本殿へ行こうと思ったのが運の尽き。地獄のような登段が続きます。

« 濃い濃い濃い | トップページ | 1368 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/67022736

この記事へのトラックバック一覧です: とりもどす:

« 濃い濃い濃い | トップページ | 1368 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック