« 熱狂 | トップページ | ちょこっと変化が »

2018年7月22日 (日)

shine

20180722_213209_2

 また何かやってるわ。ホンマに難儀な飼い主やなぁ、と言う表情の「くま(仮名)」さん。お風呂に放り込まれてご機嫌が悪いので、なおさら素っ気ない対応なのかもしれません。

 今日も朝6時に起き出して職場へ。各運動部が10時までに部活動を終えるかどうかの監視役ですけれど、中には平然と時間を超過して活動する部もあり、顧問に注意をすると「いや、昨日よりも涼しいから。」などと平然と言い放つなど、非常に態度が悪いので、明日改めて厳重注意ということになりそうです。

 この週末も全国各地で学生が熱中症を発症して搬送されておりますので、週明け、教育委員会からはさらに強硬な「部活動は控えなさい」指令が出ることでしょう。夏の大会前だから練習させたいという気持ちはわかりますけれど、熱中症事故が起こったら試合に出るどころの話ではなくなってしまうことを認識していただきたいところです。

20180723_003821

 いい具合に硫化しておりますけれど、硫化ではなく単なる汚れも結構付着して汚い萬年筆となっておりますので、試しに磨いてみることにしました。私が銀軸のペンを磨くことなどめったにないことですから、売り場に並んでいる中で一番安くて小さな磨き布を買ってきての実験です。

20180723_004232

 これ月面か、というような尻軸端部。まずはこの辺からキュッキュッと磨いていきます。このペンは汚れのみならず打ち傷も多いので、磨いても大してきれいにはならないだろうという予測のもと、30回ほどこすってみました。

20180723_004357

 へこんだところが硫化してるなんてのはどうにもなりません。かなり手荒く扱われたのか、磨くということでは消せない、削るしかなさそうな傷がたくさん見られます。

 実はこのペン、今はなくなったWAGNER金沢大会の会場で、同大会を当初から支えてこられたXantosさんと競合したペンなのです。Xantosさんが目を離した隙に私が握ってしまい、雷が鳴っても離すなという教えを忠実に守った結果、我が家にいるのです。

20180723_004212

 こういった細かな格子柄の場合、いかに硫化した銀軸が好きでも、磨き上げた方がきれいで気持ちよく使えるな、という気になりました。いったんきれいに磨き上げて、そこからきれいに硫化させる、という手もあるでしょうが、あまりにも時間がかかりすぎます。

20180723_005141

 安物の銀磨き布を使いましたけれど、結構きれいに磨き上げることができました。この夏はこの辺にインクを入れて胸ポケットに、というのもいいかもしれません。お盆も近いことですし、Xantosさんを偲ぶという意味でも。

20180723_010101

« 熱狂 | トップページ | ちょこっと変化が »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: shine:

« 熱狂 | トップページ | ちょこっと変化が »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック