« 間違い | トップページ | ふわふわ卵 »

2018年7月18日 (水)

交代

20180715_223056

 記録的な暑さだったこの日、布団をかぶって寝ている「ちち(仮名)」さん。穴蔵で暮らしていた先祖の記憶がそうさせるのか、彼女は何かに潜り込んで眠るのが大好きです。飼い主は運動部の活動状況を見守るお役目を仰せつかったので、午前11時から午後4時まで運動場にいて、草刈りをしながら、自分がヘバったタイミングで部員たちを休憩させる、という手法で熱中症患者を出さずに済みました。

 しかし、養護教諭の話によれば、草刈りをしていて吐き気を催すとかめまいを感じるというのはすでに熱中症に合っている状態なのだそうです。それが本当なら、一人だけ、自分がねっちょううしょうかんじゃだったという笑えない話ですが、夏に草刈りをすればめまいがするのは毎度のことなので、特に気にもとめていませんでした。

20180718_232608
 左が長いこと愛用しているポーターのダレスバッグ。A4ファイルが収まるサイズながら外形寸法が小さいのが特徴で、取り回しが良いので気に入っているのですが、あちこち傷んできております。さらに、もうちょっとだけ大きければ理想的なのに、と思い続けていたこともあって、右のバッグを手に入れました。もちろん中古ですが、今はなきロイズ製です。


 使い込んだポーターのバッグと比べると、実にしっかりしています。ダレスバッグでスリムなものというと、くたびれて来たときに自立しないものがあるのですが、新たに手に入れたものはしっかり自立しています。あとは自分がどれだけケアしながら使うか、ということですが、取んない鋳物でもすぐにダメにしてしまうのが特技という私のことですから、そう長くはもたないのかもしれません。



 内部は三室。中央部だけが極端に広いように見えますが、底の板を動かせば真ん中の部屋を狭めて鞄全体のマチ幅を小さくすることが可能です。しかし、それをやると今度はスリムになりすぎて自立しにくくなる、という問題が出ます。このまま使うのが良さそうです。



 とてもきれいな中古品ですが、残念なことに、この部分はかなりくたびれています。何か塗り込んだりしてお手入れすれば少しは時計を戻すことができるでしょうか。いつもみすぼらしい格好でウロウロしている私なのに、なぜか鞄だけは頑張っていいものを持ちたがる、そんな自分が理解不可能です。

« 間違い | トップページ | ふわふわ卵 »

コメント

こんにちは。

鞄のあおりの部分は,似寄りの革で作り直し,交換した方が良いと思います。

画像が拡大できないので正確には判りませんが,恐らくすでに水平方向のひび割れが走っているようですので,そうであれば油分を足したりしても焼け石に水になると思われます。

 monolith6 さん

 たしかに、すでに水平方向にひび割れております。ここはこのまましばらく使って、コレはダメだというところで交換というのが良さそうですね。フレームバッグはどうしてもこのあおりの部分から傷んできて、角のすれ、各部の傷なんかは気にせず、やがて自立しなくなったところで引退、ですかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 間違い | トップページ | ふわふわ卵 »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック