« はたがね | トップページ | 正統 »

2018年5月 8日 (火)

ひえい

20180507_223328

 ん?という感じで、ろくに目も開けずにこちらを見る「くま(仮名)」さん。死んだようにじっとしているので、不安になって肉球をぷにぷにしてみたら起き上がったのですが、意識は戻っていないようです。おそらくは愛犬と遊んでいて寝落ちしたのでしょう。

 飼い主は年度当初の「紙爆弾」期間が終わり、仕事そのものは落ち着いてきましたが、生徒たちの五月病が発症するシーズンでもあり、下手をすると先生方にも伝染する恐れもある、実は1年で一番気をつけなくてはならない時期に突入しました。夜遅く、あるいは朝早くまで働く先生方の動きを見守りながら、にらみ残業を続ける毎日です。

20180506_170126

 こんな時こそ、「鉄」です。ゴールデンウィークと呼ばれる期間は、一切学校には出ないでぶらぶらと遊んで過ごしました。何事も率先垂範です。先生方にも気持ちよく休んでいただけるよう、管理職たるもの、休日はしっかり休まないといけません(ホンマかいな)。

 叡山電鉄の「ひえい」、実物とのご対面を果たしました。全面に輝く黄金のリング、他車と併結する際には邪魔になるので、下の方が取り外しが可能な構造だそうです。新車ではなく、ちょうど車体更新時期にさしかかっていたデオ732からの改造。前方視界確保のために運転席が中央よりにずらされた、というのがよくわかります。

20180506_181523

 とにかく楕円形がモチーフ。車体中央部にある、ひときわ大きな楕円形の窓。ここには座席がありません。叡山電車は車体そのものが小さいので、座席についても座面が小さめですが、この車両はデザインのために室内寸法がより小さくなっています。それでも、湾曲した座面と背もたれを持つシートはまずまずの座り心地でした。

20180506_170709_3

 八瀬比叡山口駅にて折り返し待ちのデオ732。デオ700系8両のうち、叡山電車90周年を記念して緑一色になったデオ731と、このデオ732の2両がデオ730型です。

 京阪電車の部品や、名義上の種車であるデオ300のパンタグラフなどを流用したものですが、残る7両も更新に合わせて面白く改造してくれるのかどうか、あまり期待はできませんが、今のところ「ひえい」の人気は上々のようで、待ってでも乗りたい、という人も少なくないようです。京都へお越しの節は、是非一度。

« はたがね | トップページ | 正統 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/66699633

この記事へのトラックバック一覧です: ひえい:

« はたがね | トップページ | 正統 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック