« 焼け | トップページ | 大塚の »

2018年2月 8日 (木)

これなら

20180209_064446

 いつ見ても、何度見てもかわいらしい「くま(仮名)」さんの寝顔。人間の女性でも高年齢にもかかわらず肌がきれいとか、見た目が若々しい、いやズバリ若いなど、いわゆる美魔女と呼ばれる方々がいるわけですが、わんこの世界では彼女も美魔女なのかもしれません。

 人間界の美魔女は絶えざる努力によって美しさをキープされている方がほとんどでしょうから、何のケアもせずいつまでもかわいらしいというのは、ワンコならではでしょう。

20180209_064729

 こういうチェック柄のスーツなんてとても着られない私ですが、萬年筆なら大丈夫です。体の使い方が極端にへたくそな私は、スーツの内ポケットに萬年筆を入れておくことができません。颯爽とペンを取り出した・・・・・つもりがキャップだけ、ということがしょっちゅうです。

 へたくそな体のこなしが、内ポケットにただ挿しているだけのペンのキャップを外すのには最適な動きということなのでしょう。こういう役に立たない技だけは豊富に身に着けている私です。

20180209_064747

 特にねじ式嵌合のペンは120パーセントキャップを外してしまう自信があります。落とし込みのものでも、高確率で外れます。でもこの国産の、キャップをしていれば短く、キャップをポストすれば長くなるというタイプは、その摩擦面積の大きさが効いているのか、さすがの私でも知らないうちにキャップが外れていた、ということがありません。

20180209_064823

 ものの長さ、大きさは萬年筆と比べるのが基本、というのがヘンタイというものです。ご存じM400、いやこれは日本名500というやつですが、それと比べてみました。

 ほとんど同じですね。私にとってはM400系はおろか、M600系でも短いと感じられるのですが、どうせ短時間の筆記にしか使わない持ち歩き用の萬年筆としては十分です。この冬も残り少ないですが、こいつを持ち歩いてみようかと思っています。

« 焼け | トップページ | 大塚の »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/66373688

この記事へのトラックバック一覧です: これなら:

« 焼け | トップページ | 大塚の »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック