« 検証その2 | トップページ | 知らぬ間に »

2018年2月18日 (日)

洗う

20180218_210601

 汚れたら洗う、というのは人間界では常識に近いですが、ワンコの世界ではそうでもありません。我が家のワンコたちはいつも専門のトリマーさんにお風呂に入れてもらっていましたから、まさか我が家にこんな恐ろしい場所があるなんて、「くま(仮名)」さんは思いもしなかったはずです。

 お風呂上り、とりあえず脱衣場まで出てきて安心してプルプルしたところです。風呂場の中でやってくれると助かるのですが、そんな怖い場所では落ち着いてできないのでしょう。

20180218_205837

 とにかくここから出たい、と必死になっているワンコ。ドアを掻く、舐めるとあらゆることを試しています。風呂場のドアですから石鹸かすなんかがついている可能性もあり、おいしくはなかったと思います。

 神戸の名店、ル・ボナーの看板犬だったでチャーくんは、ボンジョルノ氏がお風呂に入れようとすると噛みついて抵抗するという話でしたが、我が家のワンコたちはひたすら逃げようとするばかりです。

20180218_205838

 ドアに飛びついて逃げようとしつつ、何かを懇願するようにお湯をかけてくるお兄さんの方を見ている、というところでしょうか。ワンコの中でも柴犬は水が嫌いなことでは最右翼といわれます。我が家のワンコでも白い方は、お湯をかけ始めると固まって動きません。ただただじっと耐えているというか、震えているというか、そういう感じです。しかし、老犬ながらも黒いワンコは最後まで脱出しようとあがいていたようです。

20180218_205829

 全身ほぼ濡れてしまったところで、ある程度落ち着いた感じにも見えますが、このあと、またシャンプーをかけられて暴れて、という感じだったようです。

 黒いワンコを洗うなら、ちょうどいいのでLAMY2000を洗った記事を書こう、と思っていたのですが、これだけで記事にしてしまいました。この先も、定期的にワンコたちは洗われる運命です。

« 検証その2 | トップページ | 知らぬ間に »

コメント

チャーは、ドアを壊しました!

つきみそうさん、こんちはー。

ガラスに浮かび上がる影にくまさんの苦悩が見えますね。w
雑種も含め、柴犬タイプはどうも水に濡れることを極端に嫌うようです。
ある程度濡れきってしまうと観念しておとなしくなるようですが。

 ル・ボナー さん(?)

 ハミさんでしょうか、はたまた、チャーにカバンを造らせていたボンジョルノ氏でしょうか。コメントありがとうございます。

 あの体とパワーですものね。ドア壊すのはたやすいでしょう。うちの子も手に噛みついてくるぐらいはするかと思っていたのですが、その点は心配ありませんでした。2頭ともに、これまで10年以上生きてきて、安心できるはずの場所であるはずの自宅でこんな目にあったのですから、それは怖かったことでしょう。でも、白い方はもう、何度も洗われて慣れてきたようです。濡れるのも嫌なら、乾かされるのも嫌。なので、せっかく洗ってもぺろぺろ舐めまわすのですぐに臭くなります。洗う方、洗われる方ともに、まだまだ修練が必要なようです。

 ぽち さん

 そうらしいですね。我が家のは特に、今までこれだけしっかり、それも飼い主によって濡らされたという経験がないので、その意味でも余計に嫌だったようです。

 実は長男が洗って、私は高みの見物だったのですが、家族の笑い声と彼女の悲痛な叫び声の対比がまた、面白いものでありました(かわいそうに)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 洗う:

« 検証その2 | トップページ | 知らぬ間に »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック