« 洗う | トップページ | 今月のちょこちょこ »

2018年2月19日 (月)

知らぬ間に

20180219_230327

 意識を失っている「ちち(仮名)」さん。撮影者のところまで高いびきが聞こえてきます。痛々しいほどに真っ赤になっていたお腹も、少しずつ毛におおわれ始めました。やはり掻かないことが一番です。

 彼女はもともと、冬毛と夏毛の差が大きい方でしたが、あまりに痒いのと冷暖房完備の部屋の中で飼われているのとで、換毛のタイミングがずれてしまっています。なので、お散歩に出ると本当に寒そうで、必要なことが終わるとさっさと帰ろうと言い出す始末です。

20180220_052649

 食卓の上にたまたまあったバナナと一緒に記念撮影。丸善のセンチュリーです。ブルーの軸が実に美しいのですが、私の腕ではその色を写真に収めることができません。

 これまで気にも留めていなかったのですが、ある日、このセンチュリーに目をやったときに、「えっ!」と思ったのです。変色してる、傷んでると思ったのです。

20180220_053028

 萬年筆の両端が黒く変色していたので、一瞬、素材がダメになりつつある、と思ったのですけれど、よくよく思い返してみればこの萬年筆は真鍮にコーティングが施されてきれいなブルーなので、コーティングされていないところは真鍮らしく錆びるのも当然です。

20180220_053002

 これが銀軸であれば最高です。磨くなんてとんでもない。どんどん硫化させて真っ黒になるのを楽しむのが銀軸だと思っています。しかしこの部分、本来は銀色に輝いているべきなのです。それが、まるで銀のように黒くなってくる、これは思わぬ喜びです。意識してしまうとこの先、この部分をなるべくこすらないように使おう、となってしまうのですが。

« 洗う | トップページ | 今月のちょこちょこ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/66413184

この記事へのトラックバック一覧です: 知らぬ間に:

« 洗う | トップページ | 今月のちょこちょこ »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック