« 東下り | トップページ | 滑り込み »

2017年12月30日 (土)

落陽

20171231_003732

 お正月飾りをつけてもらっても、何の興味も示さない「ちち(仮名)」さん。毎年ばたばたしていて一夜飾りになってしまうこともあった我が家ですが、今年はきちんと注連飾りをかけてから東京へ出発しましたので大丈夫です。あとは、この2日間遊ばせてもらった分、明日1日でしっかりお片付けとお掃除をして、神様に来ていただけるように整えるだけです。

20171230_112111

 昨日のうちに東京入りしたので、今日は朝一番から両国へ乗り込んで・・・・・などというのは危険すぎます。会場から1時間半もすればめぼしいものは売り切れてしまう、と聞いていたので、あえて11時頃に会場入りしました。ご無沙汰している方々と、あるいは初めてお目にかかる人と歓談させていただいたりして楽しい時間を過ごしていたところへ、まずは闇の世界の神様が登場。コミケの帰りだそうです。

20171230_135916

 しかし、本当に恐ろしかったのはこの高級電卓の神様。カシオ電卓50周年記念モデル、S100様です。専用の印伝ケースと合わせると諭吉様4人がかりでもかなわないという恐ろしい神様です。ステンダールの慈悲なんぞ、どこかへ飛んで行ってしまう迫力です。

 更に恐ろしいことに、こいつは3キーロールオーヴァーなのです。しかも、筐体はアルミニウム製で、エッジ部分はダイヤカットされているのです。

20171230_135943

 高級なボールペンや腕時計を使っている人が安いプラスチック製の電卓というのはおかしいのじゃないか、というのも開発コンセプトの中にあったようです。黒とブルー、2色展開なのでどっちの色がよいのだろう、などと思わず考えてしまいつつ、我に返ります。

 だいたい私、電卓なんぞほとんど使いません。必要なときはiPhoneで。ですからこれを手に入れても、引き出しの中の神様になるだけです。でも、ほしいです。

20171231_005744

 そんな私の目の前に、四日市「の方」からやってきた神様が降臨。「これ、あげるわ。」と授かったのが写真のさいころです。3面に「買わない」、残り3面に「買う」と彫られています。

 電卓を前にこのサイコロを振れば、神の思し召しがわかるはず、と皆が申しますので、仕方なく3回振ってみましたが、出たのは赤い文字ばかりでした。

 神様をお迎えする準備もせずに東遊びをしたので、ご不興をかってしまったのでしょう。

« 東下り | トップページ | 滑り込み »

コメント

昔、たまには変な声もあるとおっしゃった方もいらっしゃいましたが、ご神託には従わないといけませんよね!お世話になりました!本年もよろしくお願いいたします。

 ロクリンパパ さん

 いやぁ、一年の最後に大変眼福なものを見せて
いただいてありがとうございました。

 いけません、実にいけません。時折使うだけの
電卓が、こんな贅を凝らしたものであっては・・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/66221954

この記事へのトラックバック一覧です: 落陽:

« 東下り | トップページ | 滑り込み »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック