« べんがら | トップページ | 治療は格闘技 »

2017年11月21日 (火)

PDair

20171121_215648

 それは本当に、一瞬の出来事でした。払暁の頃、妻が起き出してきて、朝餉の支度を始め、そうこうするうち飼い主も起き上がって小原庄助さんを決め込んでいると、妻が悪態をつく声が聞こえてきました。

 階段を降りてきた玄関ホールに、「くま(仮名)」さんの体から出てきたものが鎮座していたのです。そう、そこはつい先ほど、妻が通った場所。いつの間にここへ来て、そんな置き土産を残していったのか電光石火の早業と言うほかはありません。

 怒り狂うお母さんになすすべもなく、反省の色を示す彼女でしたが、夜になってもお母さんのお怒りは収まらず、「よしよし」とか、「かわいいなぁ」とかの声かけもない。これはまだお怒りが解けていないのだ、と知って、ひたすら妻と顔を合わせようとせず、寝たふりをし続けている「くま(仮名)」さんなのでした。

20171122_063334

 まだPalmを持ち歩いていた頃、いや、ことによるとHP-100 LXを持ち歩いていた頃から、こうしたガジェットを身につけるためのケースを世に送り出してくれているありがたい存在、それがPDairです。右は、iPhone6以降、8に至るまでの筐体が収まるモデルで、左が今回購入したiPhone X用のケース。ステッチの色が選べるので、かつてiPhone5sを使っていた頃はThinkPadカラーで赤ステッチにしていましたが、このところは緑ステッチです。誰もこんな色は選ばないだろう、というのが一番大きな理由だったりします。

20171122_063403

 真ん中の白い箱は簡易血圧計のケース。こいつにはちゃんと表示部もついているので、専門のお医者様もしげお兄さんも安心です。これまで使っていたiPhone7を入れたケースは、ベルトで本体を押さえるタイプ。そして今回購入したものは、ほぼ全面をカヴァーするフラップでふたをするタイプです。いずれもマグネットクロージャーですが、ベルトタイプのものはピンポイントでマグネットの位置を合わせてやる必要があり、フラップタイプであればそのままぱたんとしめるだけ、と使い勝手に差があります。

20171122_063427

 前回は品切れでフラップタイプが購入できず、やむを得ずベルトタイプを使っていたのですが、その頃の愛車はエログランド。今はセダンタイプの車に乗っている身としては、案外、フラップタイプよりベルトタイプの方が使い勝手がいい、と感じます。おデブで腹の肉もせり出しているので、開けたときのフラップが結構邪魔になるのです。ベルト式のやつになれて一発できちんとしめられるようになった、ということもあるのかもしれません。しかし、ガラスのボディを持つiPhone Xですから、しっかり保護できるタイプがいいのかもしれません。このあたりは、使い込んでいって慣れるしかなさそうです。

« べんがら | トップページ | 治療は格闘技 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/66072016

この記事へのトラックバック一覧です: PDair:

« べんがら | トップページ | 治療は格闘技 »

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック