フォト

最近のトラックバック

« ひつじ | トップページ | 燃える男ぉのぉ~ »

2017年8月10日 (木)

墓掃除

20170810_232027

 乱暴者の「ちち(仮名)」さんがケージの中にいるので、今日は安心して「自分の場所」で寝られる、と熟睡中の「くま(仮名)」さんです。

 実は飼い主も、乗り鉄ではあるのですけれど乗った車内で着席すると寝込んでしまうのが常です。明日は職場の慰安旅行、そして明後日は東京まで普通列車の旅、というイヴェントを前に、午前中は事務仕事に励み、午後からは高野山へお墓掃除に行ってきました。

 夏休みと言ってもそれは児童生徒がお休みなだけで、教員は基本カレンダー通りに出勤してお仕事です。部活動の対外試合だとか、日頃はできない大型の研修会などが開かれるので、むしろ夏休みの方が出張などが多くて忙しいのが実態です。で、そこを突かれるとマズいと思ったか、今年は11日から15日までを学校閉鎖とし、5日間はできるだけ連続して休むように、というお達しが出ています。逆に言うと、強制でもしない限り休まない教員の方が多いということなのです。

20170810_133544

 職場に車を置いたまま、公共交通機関で高野山をめざす道中。新今宮駅で話題の赤備え電車に遭遇しました。南海髙野線では難波から高野山極楽橋まで直通する列車が激減していて、これはその数少ない列車の中の1本です。

 平日の、それも午後1時過ぎに大阪を出て高野山へ向かう特急こうやはがら空きで、快適に眠りをむさぼることができました。小さい子どもやオバハンの集団と乗り合わせても、耳にしっかりイヤホン挿してノイズキャンセル効かせて音楽を聴いていますと、すぐに眠りに落ちることができます。難点は、終点以外の駅で降りなければならないときに失敗してしまう可能性があることですが、寝てしまった以上、それはどうしようもないことです。

20170810_163723

 毎年この時期、極楽橋駅のケーブル乗り場への通路に飾られる風鈴。南海沿線の小学校の児童らが願い事などを書いてぶら下げています。難波を13時半ごろ出る列車で、ケーブルカーに乗り継いで高野山駅には15時過ぎに到着。そこから20分ほどバスに揺られて奥の院前に着いたら、お墓の周りを掃除して、墓石を拭き上げ、花を供えてお灯明と線香を上げ、「いつでも帰ってきてくださいよ」とご先祖に手を合わせます。

 なんの努力もせず、半世紀以上ただただ惰性で生きてきた私なのに、けっこう幸せに暮らすことができているのもご先祖様のおかげです。

20170810_164112

 お墓での滞在時間は掃除とお参りで20分ほど。すぐにバスに乗って高野山駅へ引き返しますが、ここは一番接続の悪い時間帯で、極楽橋駅を16時51分発のこうや号に乗るのが一番早い、という情けない状況です。それで19時過ぎに職場に戻って、お盆休みに備えて校内を点検。他の人にもお願いしてあったのですが、広い校舎のすべてを完璧に戸締まりするのは年季のいる仕事で、実際、あちこち施錠漏れがありました。

20170810_164226

 こちらは極楽橋駅構内の「カブトムシ乗車中」の天空。駅員さんの手作り感満載ですね。お盆休みが明けると、もう夏休みも残り2週間、ということになります。今年の夏休みはアレをしよう、これもしたいと思っていたことの半分もできておりませんが、時間だけは確実に過ぎていきます。暑い暑い2学期に突入するまで、もうあまり時間がありません。

« ひつじ | トップページ | 燃える男ぉのぉ~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/604476/65648944

この記事へのトラックバック一覧です: 墓掃除:

« ひつじ | トップページ | 燃える男ぉのぉ~ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31